親和クリニックのドクター紹介

Chief Medical Director / Medical Director : Shinjuku
Dr. Masamitsu Onda


親和クリニック総院長 音田 正光

植毛手術だけを押し付けません。
患者さまに一番適した医療を提供いたします。

親和クリニック総院長 音田 正光

自毛植毛手術はさまざまな理由で失われた毛髪を、自らの毛髪を移植することにより元の姿に近づけるための治療法であり、手術は自分の毛髪を移植することを基本とします。

髪の毛の総量が増えるわけではありません。後ろの髪を “引っ越すだけ” です。言葉を変えれば “後ろを犠牲にして” ほかを助ける手術です。後ろの髪にも限りがあります。犠牲は少ないほうがいいに決まっています。ですからただ闇雲に大量の移植をするだけではいけません。
患者さまの後頭部の毛髪量、治療対象とする領域に必要な毛髪量、それに大事なことですがご予算もそれぞれです。これらのいろいろな条件を考慮し、その中でもっとも適切と考えられる手術を私たちはご提案します。

手術の術式や株数、移植部位などに関しては手術前に複数医師で症例検討を行い、最終的に手術の前に十分患者さんと相談し、納得された上で手術を行います。どうしても株数に制限が出る場合もあります。その中で仕上がりを考え、できる限り最小の株数で最大の効果を目指します。一方的な手術の押し付けはいたしません。
そしてこの毛髪移植手術は医師のみでは完結しません。株を正確にかつより速く、移植する場所に戻してあげなくてはなりません。この点においても当クリニックは熟練した最高のスタッフをそろえてチームを作り、一つひとつの手術を可能な限り素早く丁寧に行います。

私たちのクリニックは単に手術だけを行うクリニックではありません。
手術を行わなくとも薬物治療で薄毛の改善が期待できるケースもあります。男性型脱毛症に関して、日本皮膚科学会で推奨されている治療はフィナステライドの内服とミノキシジルの外用のみであります。

しかしながらこの2剤だけでは解決できないケースがたくさん存在します。女性のびまん性脱毛症がその代表例です。薄毛は気になるが手術はしたくない、こんな方たちに科学的にエビデンスがある治療法を積極的に導入していきます。
すべての脱毛症に一律に効果のある治療法は存在しないと思います。遺伝子から始まって個々の患者さんはそれぞれみな異なる状態にあるわけです。私たちはそれぞれにあった、最適な治療法を提案していきたいと考えています。

また単に学会で発表されただけといった治療は当クリニックでは採用しません。きちんと論文で吟味され公正に評価された治療法でかつ、我々がよいと考えた治療を積極的にご提案していきます。

大学を卒業後、一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約十数年従事したのち、植毛手術を開始。
最近の10年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は約1,000例超、その後もっぱらFUE手術を行う。FUE手術の症例数は約2,000例に上る。
平成20年、採取に動力パンチを用いたFUE手術に関する論文を執筆し、この分野の先駆的報告となった。
得意な自毛植毛手術は、ハイスピードメガセッション、Super Dense Packingによる高密度移植、女性型脱毛症の治療、フェイスリフト傷跡への毛髪移植手術、フェイスリフト後のもみあげ変形の修正術。

総院長音田の自毛植毛術

履 歴

平成3年 福島県立医科大学医学部卒業
平成7年 福島県立医科大学大学院卒業(医学博士)
米国留学
平成13年 日本医科大学勤務
平成16年 都内植毛クリニック勤務
平成26年 親和クリニック新宿 開設 院長就任
平成27年 親和クリニック新宿 総院長就任
r.音田 自毛植毛 - Future Science Web -

Medical Director : Osaka
Dr. Kenichi Takita


親和クリニック大阪 院長 滝田 賢一

薄毛のお悩みをお気軽に相談して下さい。
きっと最適な方法が見つかります。

親和クリニック大阪 院長 滝田 賢一

薄毛治療は近年着実に進歩しています。内服治療や外用療法なども一定の効果は認められますが、我々の行っているFUE自毛植毛手術は薄毛の最先端治療と考えてよいと思います。ストリップ法などのデメリットをほとんど克服したこの方法は画期的な治療法です。従来の内服薬や外用剤を使用して十分な効果が得られなかった場合でも、諦めずに当院にご相談ください。

またなかなか手術には踏み切れない、という方も一度ご相談にいらしてみてください。当院の手術の内容や手順、実際の効果についてなど、より具体的な説明を受けることができると思います。

その上で手術以外の治療法なども含めていろいろな選択肢の中から最適な治療法を提案することもできると考えております。

自毛植毛手術は4年間で800症例以上を経験。得意な手術はFUE自毛植毛手術。

履 歴

平成元年 福島県立医科大学医学部卒業
平成5年 福島県立医科大学大学院卒業(医学博士)
福島県立医科大学付属病院勤務
平成16年 国立病院機構福島病院勤務
平成22年 都内植毛クリニック勤務
平成26年 親和クリニック新宿 副院長就任
平成27年 親和クリニック大阪 開設 院長就任

副総院長 福島 俊彦

親和クリニック大阪 院長 滝田 賢一

最近の医療には、ガイドラインに則した診療が求められており、薄毛治療も同様です。私達は、まず、お一人お一人の患者様の薄毛の原因、状態をじっくり、正確に把握し、ガイドラインに則し、なおかつそれぞれの患者様に適した治療を計画し提案いたします。従って、時には内科の受診をお勧めすることもあります。特に、女性の場合には、内科的疾患が原因となっていることもあるからです。患者様本位で考え、最適の治療を提供いたします。

さて、植毛手術は、安全に行う事が出来る手術ですが、患者様の中には、「手術は怖い」という漠然とした不安をお持ちの方もいらっしゃいます。この様な不安は、当然の感情と思います。大学病院の医療安全管理部での勤務経験を活かし、徹底した医療安全管理を行って参りますので、安心してお任せ下さい。経験豊富なスタッフが一丸となって、皆様に最適な安心できる医療を提供してまいります。

日本外科学会  指導医、専門医
日本内分泌・甲状腺外科学会 専門医
日本甲状腺学会 専門医
日本臨床腫瘍学会  暫定指導医
日本がん治療認定機構 暫定教育医・認定医
日本超音波医学会  専門医

履 歴

平成2年 福島県立医科大学医学部 卒業
平成6年 福島県立医科大学大学院 修了(医学博士)
平成6年 福島県立医科大学外科学第2講座
平成8年 福島県立大野病院 勤務
平成15年 国立郡山病院 勤務 医長就任
平成22年 福島県立医科大学医療工学講座、器官制御外科学講座 准教授 就任
平成22年 福島県立医科大学附属病院 医療安全管理部 副部長 兼任
平成25年 福島県立医科大学甲状腺内分泌学講座、器官制御外科学講座 准教授 就任
平成28年 親和クリニック 勤務

親和クリニック名古屋院長 阿部 浩之

医師 阿部 浩之

毛髪医療は国内のみならず国際的にも注目を集めています。私自身、日常診療において日本皮膚科学会・男性型脱毛症診療ガイドラインに基づき、ミノキシジルの外用やフィナステリド内服を男性型脱毛症の患者さんに勧めてきました(今現在も勧めています)。また「植毛(術)」というフレーズに初めて接する方もおいでになるかと思いますが、「自毛植毛術」は同ガイドラインにおいて有効な治療手段として認知されてます。

毛髪医療は皮膚科学の一領域であり、その専門性を大事にかつ国際的な視野を持ち、患者さまの素晴しい未来(MIRAI!)を創造できるよう努力しております。

皮膚科・形成外科で培った技術と日々進歩する皮膚科学的知識に基づいた毛髪医療を提供する親和クリニックで皆様をお待ちしております。

医学博士
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

履 歴

平成14年 福島県立医科大学 医学部卒業
福島県立医科大学 勤務
平成16年 自治医科大学 勤務
平成18年 防衛医科大学 勤務
平成24年 都内大手美容外科 院長就任
平成26年 親和クリニック 勤務
平成28年 親和クリニック名古屋 開設 院長就任

医師 齋藤 昌美

医師 齋藤 昌美

薄毛の原因は様々でそれによって治療方法も変わってきますが、進行した場合は現在の医療では植毛手術が最後の砦になります。この分野に携わるようになって早4年、現役の形成外科医の立場から、植毛手術における自然な仕上がり、移植毛の高生着率、低侵襲手術のために、日々手術手技や麻酔方法の改良に取り組んできました。音田院長が日本に最初に導入したFUEによる植毛手術は、当クリニックではMIRAI法として独自の改良を重ねて確立されました。この方法が医学的なコンセンサスを得られるような研究や学会活動を行うとともに、薄毛に悩む多くの患者さまの手助けになれればと考えております。

昭和大学 形成外科 兼任講師

福島県立医科大学 形成外科 講師

日本形成外科学会認定専門医

皮膚腫瘍外科指導専門医

日本美容外科学会正会員

厚生労働省認定臨床研修指導医

履 歴

平成3年 福島県立医科大学 医学部卒業
平成7年 昭和大学 大学院卒業(医学博士)
昭和大学病院 形成外科 勤務
平成10年 水戸中央病院 勤務
平成17年 総合南東北病院 勤務
平成23年 社会保険船橋中央病院 勤務 形成外科部長を歴任
平成27年 親和クリニック 勤務

医師 蔵持 大介

医師 蔵持 大介

以前交通事故にて眉毛の半分を削られてしまった小学生の治療を担当したことがあります。保険治療で作られる眉毛は髪の毛だけでなく周囲の組織を一塊として移動してくるというもので、十分な満足感を得にくいものでした。そこでその子の頭部の傷跡を細く縫い直す際に生じた切り屑に含まれている髪の毛を、一本一本、採取から移植まで全部一人でやりました。当然自由診療での治療となりましたが、そこでしか得られない満足度を求めた第一歩でしたので今でも鮮明に覚えております。

親和クリニックでは其々の役割の元、チーム医療で取り組んでおります。満足度を更に追求すべく一緒に努力していきたいと思います。

日本形成外科学会認定専門医

日本美容医療協会会員

厚生労働省認定臨床研修指導医

履 歴

平成12年 千葉大学医学部卒業
平成20年 千葉大学医学部大学院卒業 博士号取得
平成21年 恵寿総合病院 勤務
平成24年 総合東京病院 勤務
平成27年 親和クリニック 勤務

親和クリニック 発毛育毛治療顧問医師
福岡大学医学部 総合医学研究センター
中山樹一郎教授

履 歴

1976年4月 - 1981年6月 九州大学医学部付属病院
1981年 - 1993年 国立衛生研(米国)
1983年10月 - 1984年3月 九州大学医学部付属病院
1984年4月 - 1998年3月 九州大学医学部
1998年4月 福岡大学医学部
1976年4月 - 1981年6月
九州大学医学部付属病院
1981年 - 1993年
国立衛生研(米国)
1983年10月 - 1984年3月
九州大学医学部付属病院
1984年4月 - 1998年3月
九州大学医学部
1998年4月
福岡大学医学部

親和クリニックでは、高度な技術を駆使した自毛植毛術と科学的根拠に基づいた最新の育毛技術を併用し、毛髪のトータルケアにより優れた発毛・育毛効果が実現されています。 育毛には、内服薬・外用薬の処方はもちろん、オリジナルの発毛薬を頭皮の深くまで浸透させるノー二ードル発毛メソセラピーなど、多角的なアプローチで総合科学頭髪医療(トータルサイエンスヘアケア)がなされています。 男性向けの医療だけでなく、女性の方に対しても診断や対応を皮膚科専門医との密な協同作業により的確に行い、女性専用の独自の発毛・育毛療法が提供されています。また、それぞれの患者さまにあわせた懇切丁寧な生活改善指導や育毛アドバイスを行っていることも当院の大きな特徴です。 親和クリニックでは、自毛植毛術、内外発毛薬の処方による薄毛治療に加えて、クリニックオリジナルの発毛薬を浸透させる「ノー二ードル発毛メソセラピー」や、生活習慣改善やストレスケアのアドバイスなど、それぞれの患者さまに見合った最適な科学的根拠に基づいた毛髪治療プランが提供されています。安心してご相談ください

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、ご自身の毛髪・頭皮の状態を正しく知る事が重要です。
親和クリニックでは中長期的な予後も含め、現在の発毛の状態、植毛の治療後にどのような経過を辿るのか 患者さまの生活スタイルに合わせて丁寧にご説明させて頂きます。
最先端の薄毛治療・自毛植毛の事なら親和クリニックに是非ご相談ください。


TOP