親和クリニックのオリジナル自毛植毛「MIRAI法」
開発ストーリー

親和クリニックが独自で開発した自毛植毛の治療法である「MIRAI法」は、一切メスを使わずに治療を行うため痛みや傷あとが少ない点と、従来の半分以下の手術時間で移植ができる点が一番の特徴です。より自然でボリュームのあるヘアスタイルを実現することができる最新の「MIRAI法」について、音田総院長に話を聞きました。

「どうしたら、より自然で負担のない治療法を提供できるか?」
患者さまの声をもとに10年の研究を重ねて開発。

―「MIRAI法」を開発したきっかけは?

カウンセリングに来られる患者さまの中には、他院で施術を行ったものの痛みがひどかった、赤みがひかない、頭皮にぶつぶつが出たなどという相談をされる方もいらっしゃいます。植毛治療はまだニッチな世界のため、残念ですがクリニックによっては医師の技術力が追い付いてないこともあるのでしょうね。

私はすでに10年以上自毛植毛治療に携わっていますので、このような自毛植毛の治療環境を真摯に受け止め、患者さまによって負担が少ない方法を提供するために治療法の研究を続けてきました。自毛植毛は心臓等の移植手術と一緒で、よりよい条件下で治療を行うことで患者さまの負担や移植後の仕上がり・生着率が格段に変わってきます。この点にこだわり、研究を重ねた結果生まれたのが「MIRAI法」です。

「より低侵襲で」「鮮度の高い細胞を」「最適な条件下で」「最短時間で移植し再生させる」。MIRAI法は、患者さまの声を元に開発された治療法です。患者さまが笑顔で充実した未来を送ることができれば、という思いでこの名前を選びました。

―「MIRAI法」が従来の自毛植毛治療と異なる点は?

MIRAI法の「MI」は「Minimum Invasive(=低侵襲)」で、身体への負担が少ないという意味です。従来の自毛植毛治療のようにメスは使わず、ストローのような専用の医療機器を使って髪の株(毛根)を採取します。極細のパンチを使用することで切開や縫合の必要がなく治療を行うことができます。

また自毛植毛治療は時間が経過するほど移植後の生着率が低下するため、スピーディな移植作業が必要になります。この部分は、医師の経験値や熟練度が大きく関係しており、同じ手法で治療を使っても同様の結果を出すことは難しい部分です。

特殊な器具と技術力によって他では真似できない自毛植毛治療を実現。

―独自開発の「特殊な極細パンチ」の特徴は?

私どもは、マイクロパンチブレードというストローのような細い管状の医療機器を使って髪の株(毛根)を採取しています。0.63cmと国内最小径の超極細パンチブレードで髪を吸引採取するため傷跡が目立たちません。さらにこの極細パンチブレードを使用によって超高密度の植毛を実現することができ、自然でボリューム感のあるヘアスタイルを可能としました。

なおこの極細パンチですが、直径の円が小さければ小さいほど痛みも少なく自然な仕上がりにすることができますが、逆にパンチの直径が小さすぎると、今度は髪の再生に必要な幹細胞や毛嚢、筋肉といった臓器の塊が壊れてしまい、移植後に再生しなくなってしまいます。

そこで当院では、このパンチのサイズにもこだわり、10年の歳月をかけ研究を繰り返し、元来1.25cmだった直径を現在の0.63cmのサイズまで落としてきました。これ以上のサイズダウンは、生着率を考えるとほぼ不可能です。

―器具が小さくなればオペの難易度もあがるのでは?

そうですね、器具がよくても、医師が使いこなせなければ意味がないです。自然で高密度の移植を行うには移植スピードも大変重要です。細胞は放置すれば次第に弱っていくので、新鮮な細胞をスピーディに移植することで高い生着率を保つことができるのです。一般的な技術力のある医師でも1時間の移植株数は500~600株と言われていますが、当院の治療では、1時間1200~2000株のスピードメガセッション(大量移植)を可能としています。

10年の自毛植毛治療経験を行う中で、症例数は4600件を超えるまでになりました。多数の手術を行うことで医師やチームスタッフの経験値や熟練度が高まり、治療の精度はますます上がってきています。

とことん患者さまと向き合うことで、さらなる進化版の治療法の開発にも成功。

―進化版ともいえる「周囲に気づかれることのない治療法」とは?

従来の自毛植毛治療の場合、術前に移植元となる頭部の髪の毛を部分的に短くカットしないといけません。残った髪の毛で隠れるように医師も調整をするのですが、お仕事の関係などで一部の髪だけ短くすることに抵抗感のある方がいらっしゃるのが実情です。

特に経営者の方や、営業、サービス等のお仕事をされている方からご相談が多かったため、この点も改善できないかと研究を続けておりました。

そこで生まれた治療法が、MIRAI法の発展版であるナチュラルカバーリング(NC)自毛植毛「NC-MIRAI」法です。

―「NC-MIRAI」法の特徴とは?

この治療法は、髪の毛を刈り上げることに抵抗を持たれる方の声によって生まれた治療法です。そのため、治療のために髪を短くする必要が一切ありません。移植に必要な株を、ドクターとスタッフによるチーム医療によって丁寧に1株1株採取しながら治療を行います。 と、一言でいうと簡単に思われるかもしれませんが、髪を刈り上げないことで、本来は通常の自毛植毛治療の4倍程度の手術工程になります。手術時間や医師・スタッフの心身的な負担を考えれば、一般的なクリニックではまず導入を考えることはないでしょう。 ですが、当院ではこれを実現することに成功しました。医師とスタッフの熟練度によって工数を短縮化し、現在では1時間で1,032株以上の移植にも成功しています。この脅威的なスピードは、現在の植毛技術やロボット植毛では覆すことができません。

技術力と熟練したチーム医療がある当院だからこそ実現した、高密度で自然、さらに誰にも気づかれない最先端の自毛植毛治療法です。

最適な治療法は患者さまによって異なる。
まずは信頼できる医師・クリニック探しが大事。

―クリニックでお勧めの治療法といえば、やはり「NC-MIRAI」法?

「NC-MIRAI法」は最高の治療法だと思っておりますが、それぞれの患者さまにとって最適かどうかは、実際にお会いして話し合ってみないと分かりません。患者さんのライフスタイルや価値観によって、最適な治療法は異なりますので。

当院では、それぞれの治療法のメリット・デメリットをしっかりと話した上で治療の有無や治療の方法を決めていますので、こちらからいずれかの治療法を強くお勧めすることはありません。クリニックは確実性の高い治療法を用意し、医学的知見からわかりやすく説明をすることが求められているのではないでしょうか。そして患者さんが、ご自身にあう方法を安心して選べる環境を用意することが大切だと考えております。

―治療法やクリニック探しで悩んでいる方に最後にメッセージを。

いくつかのクリニックに行って医師としっかり話し合ってみてはいかがでしょうか。中には、カウンセリングの際に医師が出てこない病院や、医師が一方的にお勧めの治療法を提案してくる病院もあると聞いております。

薄毛治療は半年、1年程度かかる長期的なものです。価格はもちろんですが、患者さまの話を親身に聞いてくれ、そしてしっかり効果を出してくれるクリニックかどうか見極めることが大事です。治療費用や雰囲気だけではなく、しっかり長きにわたって付き合うことができるクリニックかどうかじっくりお選びになることが、治療結果を早く出すためにも重要です。

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、ご自身の毛髪・頭皮の状態を正しく知る事が重要です。
親和クリニックでは中長期的な予後も含め、現在の発毛の状態、植毛の治療後にどのような経過を辿るのか 患者さまの生活スタイルに合わせて丁寧にご説明させて頂きます。
最先端の薄毛治療・自毛植毛の事なら親和クリニックに是非ご相談ください。


TOP