自毛植毛の流れ

来院から診察までの流れ

親和クリニックはただ技術を提供するだけの医療機関ではなく、全ての患者さまの将来を考え本当に満足できる自毛植毛を提供し《信頼される医療》をめざしております。

ですので手術の前には綿密なカウンセリングを必ず綿密に行い、複数の医師による術前検討を行い、患者さま一人ひとりに合わせた最善の医療を提供しております。








お悩みの確認

1.問診票をご記載ください。

2.現在の頭皮の状態を写真撮影いたします。

治療成果を目で確認できるよう、治療前の毛髪・毛量などが分かるように頭皮の状態を数点、写真撮影いたします。

診察

3.医師による診察を行います。

薄毛治療の専門医師による診察を行い、現在の頭髪や頭皮の状態、進行具合を含めた身体の健康状態を診察いたします。

手術方針の確認

4.専任カウンセラーがお悩みを丁寧にお伺いいたします。

具体的な手術の流れや詳細、費用の説明はもちろん、一人ひとりに合わせた頭皮ケアや日常生活の注意点やアドバイスを行います。

カウンセリングのみでもお気軽にご来院ください。
無料カウンセリング予約

5.血液検査を行います。

手術には麻酔を用いますので、自毛植毛を行う患者さまへは血液検査を必須とさせていただいております。また同時に感染症の確認もさせていただいております。

初診にはカウンセリングから血液検査終了まで約2時間ほどお時間がかかります。通院お手間を少なくするためにも、初診時はお時間に余裕を持ってご予約下さい。

患者さまのご都合にあわせ、翌日以降手術が可能です

超高密度自毛植毛 MIRAI法の手術の流れ

親和クリニックだけの自毛植毛である、切らない自毛植毛FUE《MIRAI法》は、従来のメスを使ってドナー(移植する毛髪)を切除採取する方法ではなく、パンチブレードという細い管状の医療機器を使って移植毛を毛包単位で吸引採取する方法です。

従来の自毛植毛法と違い、世界でも最小口径となる0.63mmのマイクロパンチブレードを使用することで手術後の痛みや腫れが最小限に抑えられた最新の自毛植毛です。気になる傷跡もほとんど目立ちません。

MIRAI法の詳細










M
I
R
A
I



再診

1.ご予約になった手術日にご来院ください

初診で採った血液検査の結果は手術日までにご報告いたします。当日は再度医師とグラフト数やヘアデザインについて診療があります。

2.お会計

手術を行うにあたり最終的な術式とグラフト、ヘアデザインが手術前の診察で決まります。これに伴い残金のお会計を済ませます。

手術

3.術前処置

手術を行うにあたり麻酔の処置や後頭部を刈り上げにして、手術を受けられる様に準備します。

4.メスを使わずに直接ドナー部からグラフト採取します。

マイクロパンチブレードという管状の医療機器を使って毛根(毛包単位)をグラフトとして直接吸引採取します。後頭部を切除・縫合する必要がないため、採取した後も目立ちません。

5.マイクロパンチブレードで移植ホールを作成します。

世界でも最小口径のマイクロパンチブレード(0.63mm)で、髪の毛の流れや仕上がりをイメージしながら移植ホールを作成していきます。この極マイクロパンチブレードを使うことで、高密度な移植が可能になりボリューム感のある自然な仕上がりにすることが できます。

6.グラフトに傷をつけないよう空気圧で移植します。

せっかく採取したグラフトも傷などのダメージを受けてしまうとうまく生着しません。

そのため当院では、空気圧を利用して、傷をつけないよう最新の注意を払い、短時間で移植していきます。

7.術後の処置を行います。

ドナー採取のために刈り上げた後頭部は、周りから分からないようヘアシートでキレイにカバーリングを施します。また、移植した部分はガーゼで保護し包帯でしっかりと固定します。

お帰りの際はニット帽をご用意しておりますので、包帯を気にせずにお帰りになれます。ガーゼと包帯は手術翌日の入浴後から外していただけます。

アフターサポート

8.手術は1日で完了。術後のご相談も承ります。

手術は基本的に一日で終了します。しかし当院の移植手術はそれだけでは終了いたしません。

術後の一時的な脱毛などで不安になられたり、今後のケアや注意点など疑問点がでたりと、ご相談事は術後も多く出てくるはずです。

親和クリニックではそのような患者さまのために、専任のスタッフを揃え、術後の不安や疑問の解消にも努めております。

その一つとして、当院では他の植毛クリニックの多くは設置していない洗髪台を設置し、術後翌日に専任の美容師やスタッフによる洗髪サービスとカバーシートがある方はカバーシートの取り付けを提供しております。

丁寧な洗髪を行うことで、瘡蓋(かさぶた)が出来にくく術後の違和感をより緩和させる効果があります。

身体だけではなく心のケアも大切にしたい。

ただ技術を提供するだけではなく、全ての方にとって《優しい医療》を提供していくことが、私たちの大切にしている考えです。

自毛植毛FUSSの手術の流れ

メスでドナーを切り取り、移植するグラフトを切り分ける従来法の自毛植毛FUSSですが、親和クリニックでは術後の痛みや違和感を極力抑え、毛髪の高い生着率を実現いたしました。 高いスキルを持った熟練の医療チームを揃えた当院ならではの正確で迅速な手術が、この作用をもたらしております。

自毛植毛FUSSの詳細





F
U
S
S


再診

1.ご予約になった手術日にご来院ください

初診で採った血液検査の結果は手術日までにご報告いたします。当日は再度医師とグラフト数やヘアデザインについて診療があります。

2.お会計

手術を行うにあたり最終的な術式とグラフト、ヘアデザインがオペ前の診察で決まります。これに伴い残金のお会計を済ませます。

3.術前処置

手術を行うにあたり麻酔の処置や後頭部の一部を切除する為、事前処置として皮膚を切り取る部分の刈り上げを行います。

手術

4.メスを使ってドナーを皮膚ごと薄く切除採取します。

後頭部の生命力の強い毛髪をドナーとして皮膚ごと切除採取します。採取する部分は将来傷跡が目立たない部分を慎重に選んで採取します。

5.ドナー部分の縫合と同時にグラフトに株分けします。

後頭部のドナーを採取した部分をキレイに縫合します。それと同時に採取したドナーを株分け(グラフト)していきます。この作業のスピードと巧拙で仕上がりが変わってきます。

6.超極細マイクロパンチブレードで移植ホールを作成します。

世界でも最小口径の極細のマイクロパンチブレード(0.63mm)で、手術後の仕上がりをイメージしながら移植ホールを作成していきます。超極細のパンチを使うことで、ボリューム感のあるより自然なヘアデザインが可能になりました。

7.グラフトに傷をつけないよう空気圧で移植します。

せっかく採取した移植毛(グラフト)も傷がついてしまったり移植までに時間が経って空気に触れてしまうとダメージを受けて生着率が悪くなってしまいます。そのため当院では、グラフトセッターを使い空気圧を利用しグラフトを傷つけないよう細心の注意を払いながら短時間で移植していきます。

8.術後の処置を行います。

後頭部の縫合した部分と移植した部分をガーゼで保護し包帯でしっかりと固定します。お帰りの際はニット帽をご用意しておりますので、包帯を気にせずにお帰りになれます。ガーゼと包帯は手術翌日の入浴後から外していただけます。

アフターサポート

9.術後2週間したら抜糸

後頭部の縫合した部分を抜糸致します。遠方の方はお近くの外科のある病院にて抜糸をしてください。

術後2週間したら抜糸

10.手術は1日で完了。術後のご相談も承ります。

手術は基本的に一日で終了します。しかし当院の移植手術はそれだけでは終了いたしません。

術後の一時的な脱毛などで不安になられたり、今後のケアや注意点など疑問点がでたりと、ご相談事は術後も多く出てくるはずです。

親和クリニックではそのような患者さまのために、専任のスタッフを揃え、術後の不安や疑問の解消にも努めております。

その一つとして、当院では他の植毛クリニックの多くは設置していない洗髪台を設置し、術後翌日に専任の美容師やスタッフによる洗髪サービスとカバーシートがある方はカバーシートの取り付けを提供しております。

丁寧な洗髪を行うことで、瘡蓋(かさぶた)が出来にくく術後の違和感をより緩和させる効果があります。

身体だけではなく心のケアも大切にしたい。

ただ技術を提供するだけではなく、全ての方にとって《優しい医療》を提供していくことが、私たちの大切にしている考えです。

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、ご自身の毛髪・頭皮の状態を正しく知る事が重要です。
親和クリニックでは中長期的な予後も含め、現在の発毛の状態、植毛の治療後にどのような経過を辿るのか 患者さまの生活スタイルに合わせて丁寧にご説明させて頂きます。
最先端の薄毛治療・自毛植毛の事なら親和クリニックに是非ご相談ください。


TOP