ザガーロ

「ザガーロカプセル0.1mg」「ザガーロカプセル0.5mg」、プロペシア(フィナステリド)以上の効果が期待される、新たなAGA治療薬が日本で正式認可!

薄毛治療専門の親和クリニックでは、近年世界中で注目を集め研究が進んでいる「毛髪科学」について、併設する研究所(日本毛髪科学研究所)と共同研究を行っております。

最新の薄毛治療情報においても、いち早く皆様へお知らせできるように入手しております。

今回厚生労働省に新しく認可された新薬についてもいち早く皆様にご提供することが可能となりました。

ザガーロ(一般名:デュタステリドカプセル)とは?

2015年8月に厚生労働省から製造販売承認を取得した、男性型脱毛症(AGA)治療の新薬です。製造元はグラクソ・スミスクライン(GSK)で、デュタステリドを有効成分とした0.1mgと0.5mgの2種類のカプセルがあります。※当院では0.5mgのみの処方です

男性型脱毛症(AGA)治療薬として最もメジャーなMSD社のプロペシア(一般名:フィナステリド)と同じように5α還元酵素阻害薬に分類されますが、ザガーロは「Ⅰ型」及び「Ⅱ型」の5α還元酵素を阻害することができるため、既存の内服薬よりも強力な効果があるとして今後の男性型脱毛症(AGA)治療において大変注目を浴びている薬です。

ザガーロの効果

ザガーロは「Ⅰ型」及び「Ⅱ型」の5α還元酵素(リダクターゼ)を阻害することができるため、「Ⅱ型」の5α還元酵素を阻害するプロペシア(フィナステリド)以上の脱毛抑制・発毛効果があると期待されています。

<Ⅰ型、Ⅱ型5αリダクターゼについて>

【Ⅰ型5αリダクターゼ】:主に皮脂腺部分に多く存在。

DHT(ジヒドロテストステロン)を生成した場合には、皮脂の分泌過剰を引き起こし薄毛を悪化させます。

Ⅰ型5αリダクターゼを抑制する薬としては「アボルブ」「アボダード」「デュタス」「デュプロスト」などがありましたが、こちらは薄毛治療薬として日本国内では認可されていませんでした。
今日、薄毛治療薬として厚労省の認可を受けた「ザガーロ」が処方できるようになり、当院でも処方を開始致します。

【Ⅱ型5αリダクターゼ】:主に毛乳頭部分に多く存在。

DHT(ジヒドロテストステロン)を生成した場合には、生え際、頭頂部の薄毛を進行させます。

Ⅱ型5αリダクターゼを抑制する薬としては、主成分がフィナステリドのMSD社のプロペシアor ファイザー製薬のフィナステリド錠があります。

男性型脱毛症(AGA)は、思春期以降に発症し徐々に進行する男性に多く見られる脱毛の症状です。

初期症状としては額の生え際(前頭部)や頭頂部の毛髪が細く短くなり、次第に額の生え際が後退したり頭頂部の毛髪がなくなります。

この男性型脱毛症(AGA)にはジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが関与しています。

そしてジヒドロテストステロン(DHT)の生成には5α還元酵素(Ⅰ型、Ⅱ型)が作用していますが、今回の新薬ザガーロには、Ⅰ型及びⅡ型の5α還元酵素が作用することを阻害する働きがあります。

すでに臨床試験において、毛髪数の増加(発毛の評価指標として設定)、硬毛数及び毛髪の太さの増加(育毛の評価指標として設定)といった効果・効能が確認されており、これによって男性型脱毛症の治療薬として厚生労働省に認可されました。

また海外の臨床試験では、ザガーロ(デュタステリド)0.5mgとフィナステリド5㎎(※プロペシア1mgの5倍量)を半年間服用するという比較試験にて、ザガーロ服用群の発毛量が30%ほど多かったという報告があります。

なおMSD社のプロペシア錠やファイザー社のフィナステリド錠の効果・効能欄には、「男性における男性型脱毛症の進行遅延」という記載がされているのに対して、ザガーロは「男性における男性型脱毛症」と記載されています。

進行遅延だけではなく発毛・育毛効果も認められているためこのような記載になっている点も特長です。

ザガーロの成分

ザガーロはデュタステリドを有効成分としています。プロペシア(フィナステリド)は「Ⅱ型」の5α還元酵素を阻害し脱毛・薄毛を抑制しますが、ザガーロの有効成分であるデュタステリドは「Ⅰ型」及び「Ⅱ型」の5α還元酵素を阻害することができます。

男性型脱毛症(AGA)には、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が関与しています。

通常のヘアサイクルは6年程度ですが、ジヒドロテストステロン(DHT)が多く存在する部分は毛の成長が阻害されるためヘアサイクルが乱れ、細く薄い毛となり1年弱で抜けてしまいます。

この脱毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)は5α還元酵素の働きによって活性化されるのですが、ザガーロは「Ⅰ型」及び「Ⅱ型」の5α還元酵素を阻害するため抜け毛・薄毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の濃度を下げることができます。

さらにザガーロはジヒドロテストステロン(DHT)レセプター(受容体)への占有率が高いためより強い脱毛抑制、発毛効果が期待できます。

プロペシアとの比較

  ザガーロ プロペシア
有効成分 デュタステリド フィナステリド
5α還元酵素
の阻害
Ⅰ型とⅡ型 Ⅱ型のみ
レセプター占有率 高い 普通
適用量 0.1~0.5mg 1mg

ザガーロの用法

  ザガーロ
商品名 ザガーロカプセル0.1mg・同0.5mg(ZAGGALO dutasteride)
分類 Ⅰ型・Ⅱ型5α還元酵素阻害薬
適応症 男性の男性型脱毛症

ザガーロの禁忌

費用について

ザガーロ(1ヶ月分) ¥9,250
(0.5mgのみ 1日1錠 30錠入り)

親和クリニックの発毛・育毛療法

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、ご自身の毛髪・頭皮の状態を正しく知る事が重要です。
親和クリニックでは中長期的な予後も含め、現在の発毛の状態、植毛の治療後にどのような経過を辿るのか 患者さまの生活スタイルに合わせて丁寧にご説明させて頂きます。
最先端の薄毛治療・自毛植毛の事なら親和クリニックに是非ご相談ください。


TOP