自毛植毛FUSS

自毛植毛FUSSとは

FUSS(Follicular Unit Strip Surgery)「ストリップ法」は後頭部から移植する毛髪をドナーとして頭皮ごと薄く切除採取し、移植毛として株分けし薄毛部分に移植する方法です。

株分け作業は、当院の熟練された技術を持つ医師や看護士によるチーム医療で短時間に、よりキレイで新鮮な株(グラフト)を作成することができます。こうして株分けされたグラフトの移植で生着率の高い自毛植毛手術になっています。

将来を考えたドナー採取を行います

FUSS自毛植毛ストリップ法における重要な要素として、ドナーの適正な場所からの採取という事があげられます。

現在毛髪がはえている部分ならどこでもいいであろうと、安易に考え、このドナー採取の場所をないがしろに考えてしまう医師がいるというのが、実情です。

親和クリニック新宿では、熟練のドクターによる経験則から、将来ドナー採取部分の傷が目立なく、かつ元気で生着率が高い箇所からドナーを採取いたします。

国内初 専任美容師又はスタッフによる、術後洗髪サービス

当院では洗髪台を設置しております。術後翌日にご来院いただき、美容師又はスタッフが丁寧に洗髪をいたします。術後翌日に丁寧に洗髪することにより、移植部分に瘡蓋(かさぶた)が出来にくくなるという効果もあります。こういった洗髪台の設置や洗髪のサービスなどができるクリニックは国内では親和クリニックだけです。(※2014年時点当院調べ)

自毛植毛FUSSの流れ

メスを使って後頭部のドナーを皮膚ごと採取します。

後頭部の生命力の強い毛髪をドナーとして皮膚ごと切除採取します。採取する部分は将来傷跡が目立たない部分を慎重に選んで採取します。

ドナー採取部分を縫合します。

後頭部からドナーを採取した部分をキレイに縫合します。

採取時と同じように痛みはほとんどありませんが、人によっては術後数日間多少のつっぱり感がありますが、すぐにそのような違和感はなくなります。 縫合した部分は髪の毛に隠れてしまうので、周りからは全く分からなくなります。

切り取ったドナーを株分けします。

ドナーを新鮮な状態で移植するために、切り取ったドナーは速やかに株(グラフト)を作成(株分け)します。

この作業のスピードと巧拙で仕上がりや生着率に大きな差がでます。当院では高水準の技術力と卓越したチーム医療を活かし、迅速かつ正確な作業はもちろん、仕上がりのヘアデザインを意識しながら株分けを行います。

マイクロパンチブレードで移植ホールを作成します。

世界でも最小口径の超極細のマイクロパンチブレード(0.63mm)で、手術後の仕上がりをイメージしながら移植ホールを作成していきます。マイクロパンチブレードを使うことで、ボリューム感のあるより自然なヘアデザインが可能になりました。

グラフトに傷をつけないよう空気圧で移植します。

せっかく採取した移植毛(グラフト)も傷がついてしまったり移植までに時間が経って空気に触れてしまうとダメージを受けて 生着率が悪くなってしまいます。

そのため当院では、空気圧を利用しグラフトを傷つけないよう 細心の注意を払いながら短時間で移植していきます。

術後の措置を行います。

手術後は後頭部の縫合した部分と移植した部分をガーゼで保護し包帯でしっかりと固定します。お帰りの際はニット帽をご用意しておりますので、包帯を気に せずにお帰りになれます。 ガーゼと包帯は手術翌日の入浴後から外していただけます。

手術は1日で完了。術後のご相談も承ります。

手術は基本的に一日で終了します。しかし当院の移植手術はそれだけでは終了いたしません。

術後の一時的な脱毛などで不安になられたり、今後のケアや注意点など疑問点がでたりと、ご相談事は術後も多く出てくるはずです。

親和クリニック新宿ではそのような患者さまのために、専任のスタッフを揃え、術後の不安や疑問の解消にも努めております。

その一つとして、当院では専任の美容師又はスタッフによる洗髪サービスを提供しております。丁寧な洗髪を行うことで、瘡蓋(かさぶた)が出来にくく術後の違和感をより緩和させる効果があります。

身体だけではなく心のケアも大切にしたい。

ただ技術を提供するだけではなく、全ての方にとって《優しい医療》を提供していくことが、私たちの大切にしている考えです。

親和クリニックの自毛植毛治療

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、ご自身の毛髪・頭皮の状態を正しく知る事が重要です。
親和クリニックでは中長期的な予後も含め、現在の発毛の状態、植毛の治療後にどのような経過を辿るのか 患者さまの生活スタイルに合わせて丁寧にご説明させて頂きます。
最先端の薄毛治療・自毛植毛の事なら親和クリニックに是非ご相談ください。


TOP