牽引性脱毛症の治療

牽引性脱毛症とは

髪が引っ張られることによって生じる薄毛の症状です。

ポニーテールなど髪の毛を引っ張るヘアスタイルや、ヘアアイロン、エクステ等を長い間続けることで牽引性脱毛症になることが多いです。

特定の毛髪に長期的に負担がかかることで頭皮の血行が悪化し、発毛に必要な十分な栄養が毛髪に行き届かなくなり毛が生えにくくなります。

牽引性脱毛症の原因について

ポニーテール、和装の結髪など髪の毛を引っ張ったヘアスタイルを長年行うことが原因です。

また長年ずっと同じ分け目でいることで分け目の頭皮が見えてくることがありますが、これも牽引性脱毛症の始まりといえます。

その他、いつも帽子を被っていることで一部の頭皮が圧迫され血行不良になり発毛に影響を与えることもあります。

髪の毛が擦れたり、押さえられて抜けるのではなく、その部位の血行が悪化することで毛髪の成長に必要な栄養素が行き届かなくなり薄毛になります。

牽引脱毛症の治療法について

牽引性脱毛症の場合、遺伝やストレスではなくヘアスタイル等が原因ですので、これらの行為を止めることが最大の対策です。

頭皮が血行不良になっている原因を取り除き、その上で再び髪の毛が生えてくるか状況を見ることになります。

また頭皮マッサージなどで血行をよくすることもよいでしょう。

なお育毛剤などは逆に刺激が強すぎることが多く頭皮を傷つけてしまうこともあるので控えてください。

それでもなかなか生えてこない場合には、専門医による相談が必要です。内服薬などでは解決しませんので、発毛治療や自毛植毛治療が適用となります。



■発毛治療

注射や針を使用しないため、痛みを伴わずに頭皮深層へ有効成分をダイレクトに浸透することができる最新の治療法です。親和クリニックではエレクトロダーム アドバンスという機械を使用しております。

発毛治療の詳細



■自毛植毛

親和クリニックの技術力を駆使し、超高速のスピード手術にて植毛治療を行っています。「必要な場所に」「必要な数だけ」植毛することができるオーダーメイドの治療法のため女性にも人気の薄毛・育毛治療です。

自毛植毛の詳細

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、ご自身の毛髪・頭皮の状態を正しく知る事が重要です。
親和クリニックでは中長期的な予後も含め、現在の発毛の状態、植毛の治療後にどのような経過を辿るのか 患者さまの生活スタイルに合わせて丁寧にご説明させて頂きます。
最先端の薄毛治療・自毛植毛の事なら親和クリニックに是非ご相談ください。


TOP