メール相談 カウンセリング予約
MENU

フィナステリドの副作用とは?

AGA治療薬の有効成分「フィナステリド」の副作用と、服用に際しての注意点をご紹介します。

フィナステリドの基礎知識とAGAへの効果

フィナステリドとは

フィナステリドとはAGA治療薬「プロペシア」に含まれる主成分です。
フィナステリドはアメリカのメルク社が開発した5-α還元酵素2型阻害薬で、男性ホルモンであるテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に転換されるのを抑制する効果があります。

元々は男性の前立腺肥大の治療薬として用いられていたもので、前立腺肥大症・前立腺癌に対して抑制的に作用します。前立腺肥大治療薬としてはプロスカー等の商品名で海外で販売されています。

この薬を使用していた前立腺肥大治療中の患者から、薄毛改善の報告例があったことから、薄毛治療薬としての効能効果も認められるようになりました。規定の使用量(1mg/1日)で、男性型脱毛症(AGA)における脱毛抑制効果が判明し、プロペシア(Propecia)の商品名で世界中の多くの国で発売・使用されるようになりました。

日本においては2005年に薄毛の治療薬として国に正式に認可され、それ以来多くの薄毛に悩む患者の救世主的存在として広く普及してきています。

プロペシアは日本ではメルク社の日本法人(MSD社)が発売していましたが、日本での特許が2015年に切れており、各社から後発品(商品名:フィナステリド)が発売され、以前よりも安価で入手できるようになりました。
プロペシアは基本的には医師の処方が必要な薬ですので、薬局では買えません。入手したい時は医療機関を受診して処方してもらいましょう。

フィナステリドの効果

フィナステリドは日本皮膚科学会が発表した男性型脱毛症診療ガイドラインの推奨度(A~D)でも最も高いAランク(行うよう強く勧める)という評価を得ています。

フィナステリドを用いた日本人男性被験者を対象とした臨床試験において、頭頂部の写真撮影による効果判定では,58%に軽度改善以上の効果があり、引き続き1 mg/日投与を継続した非ランダム化比較試験では,2 年間および3 年間の内服継続により,軽度改善以上の効果が各々68%および78%の症例で得られたという報告もあります。

また、別の日本人男性被験者を対象とした観察研究においては,フィナステリドを5年間内服継続することにより薄毛改善効果が99.4%の症例で得られ、40歳未満の症例、重症度の低い症例でより高い効果を示した、という報告もあります。

AGA(男性型脱毛症)の主な原因はDHT(ジヒドロテストステロン)です。
主要な男性ホルモンである テストステロンは体つきや体毛や性格を男性らしくするものであり、血液を介して全身を巡っています。

そのテストステロンが毛乳頭細胞に入り込むと5α-還元酵素の作用で DHT(ジヒドロテストステロン) に変換されます。このDHT(ジヒドロテストステロン)が毛乳頭細胞にある受容体(レセプター)に結びつくことで、脱毛のシグナルが出され、毛周期が退行期へと誘導され、髪がミニチュア化してしまうことがAGAの直接の原因となります。

フィナステリドは、上記の5α-還元酵素(Ⅱ型)を阻害することで男性ホルモンであるテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に転換されるのを抑制する効果があります。

フィナステリドはDHT(ジヒドロテストステロン)による脱毛を抑止する薬であって、新たに髪の毛を生やす(発毛)薬ではありませんが、これまで臨床試験では被験者の多くに若干の発毛が認められました。国内の臨床試験では半年で48%、1年で58%、2年では68%、3年で78%と髪が増えたという報告もあります。また髪が増えるだけでなく、髪の質も長く太く改善することも分かっています。

フィナステリドの副作用

フィナステリドの主な副作用

副作用のない薬はありません。どんな薬でも副作用はあります。フィナステリドにも、頻度はまれですが副作用が出ることがあります。
フィナステリドの副作用としては、性欲減退・勃起機能障害(ED)、射精障害などといった男性機能低下に関するものの他、肝機能障害などが報告されています。

しかしこれらの副作用については、報告例が数%と非常に低く、またプラセボ(成分の入っていない偽物の薬)を使用した被験者からもほぼ比率での報告がされており、データ上では副作用の危険性は極めて低いとも言われています。

国内臨床試験時では、1mgのフィナステリドで性欲減退、胃部不快感などの副作用の報告がありましたが、この発現頻度は、プラセボ(偽薬)で起こった副作用と同程度の頻度であると言われています。

その他、フィナステリド使用による特に重篤な副作用は報告されていないとされていましたが、万有製薬(現:MSD社)はプロペシアの服用により肝機能障害が起こり得るという報告を2007年9月に追加しました。

副作用の具体的な例としては、性欲減退(1%以上5%未満)、勃起機能不全、射精障害、精液量減少(1%未満)が報告されています。

そのほか、まれな副作用として、睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)、乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、眩暈、そう痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉および顔面腫脹を含む)、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇(いずれも発現頻度不明)などが添付文書に記載されています。

これらの臨床試験はすべて男性の被験者によって行われています。フィナステリドは女性が服用すると、その女性が妊娠中や授乳中で、胎児や乳児が男児であった場合に生殖器の発育に異常をきたす恐れがあるといわれています。

これはフィナステリドがDHTに影響を及ぼす薬品であること、DHTが男性生殖器の形成に関与しているため、フィナステリドによって男性生殖器が正常に発育しない危険性があるためです。

また、男性であっても未成年の場合はフィナステリドの安全性や有効性が確立されていないことから、未成年の服用も推奨されていません。

フィナステリドを使用する時のポイント

保管場所に気をつける

フィナステリドは内服による吸収だけでなく、皮膚からも吸収されます。女性の使用が禁忌であることは前述の通りですが、妊娠中の女性や乳児が身近にいる場合、薬に触れないよう厳重に保管することが大切です。

薬は表面がコーティングされているので触っても大丈夫ですが、もし錠剤が割れていたりすると破片や粉が皮膚に吸収される恐れもありますので注意が必要です。

効果が出るまで続ける

フィナステリドは服用を開始したら直ちに効果を実感できるものではありません。フィナステリドは効果を実感できるまで最低6ヶ月以上かかると言われています。また、長期間の内服継続により軽度改善以上の効果を実感する人の比率が上がっているというデータもあります。

短期間飲んで効果がないからといって途中で諦めず、継続して服用することが大切です。

用法、容量を守る

フィナステリドの服用量は1日0.2~1mgです。

それ以上の量を服用したからといって効果が上がるわけではありません。また規定の容量以上に服用することは、効果が上がらないばかりでなく副作用のリスクを高めることにもつながるので、必ず決められた用法・容量を守って服用して下さい。

フィナステリドは飲む育毛薬

フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の改善に効果的な飲む育毛薬です。発売以来、全世界の薄毛に悩む患者さんが愛用しており、今や大変ポピュラーなお薬となっています。

お薬としては副作用や危険性が比較的少なく安全なものですが、使用上の注意・用法・容量を正しく守ることが大切です。
また効果を実感するためには最低でも6ヶ月以上の継続した服用が必要です。
もし服用中に体の異常を感じた時は、医師に相談しましょう。

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約