全国共通フリーダイヤル 0120-8686-71 メール相談 カウンセリング予約 カウンセリング予約
MENU

ミノキシジルの副作用とは?

AGA(男性型脱毛症)の治療において効果的な発毛成分である「ミノキシジル」。日本では1999年に塗り薬の成分として認可され、大正製薬株式会社が開発した一般用医薬品「リアップ」として商品化されました。外用薬であるため内服薬に比べて副作用のリスクは低いですが、医薬品である以上は副作用について考慮する必要があります。ミノキシジルの基礎知識を得るとともに、主な使用方法や副作用について学び、AGAの治療を正しく安全に行っていきましょう。

ミノキシジルの基礎知識と主な使用方法

ミノキシジルとは?

ミノキシジルはAGA(男性型脱毛症)の治療に効果的とされている発毛成分です。
世界90カ国以上で承認され、発毛促進のために使用されています。
アメリカの製薬会社であるアップジョン社(現ファイザー)が血管拡張作用のある高血圧治療剤として開発したところ、治療中の患者に発毛効果が現れたことから、薄毛治療薬として利用されるようになりました。

ミノキシジルは髪の毛の成長を促す毛乳頭細胞に働きかけ、薄毛の改善に必要な成長因子の生成を促進させるアデノシンという成分を分泌させます。
ミノキシジルによって発毛や育毛が促進されるのは、このためです。

日本皮膚科学会が定めたAGAの診療ガイドラインでは、AGAの治療薬としてミノキシジル配合の外用薬を使用することが強く推奨されています。
日本ではクリニックで処方してもらう以外にも、ドラッグストアなどで購入することができます。
また、日本で製造販売しているミノキシジル配合の発毛剤は、前述した「リアップ」シリーズのみです。
購入の際は、薬剤師の立会いのもと、使用できるかのチェックや副作用についての説明を受ける義務があります。

主な使用方法

ミノキシジル外用薬は、頭皮全体ではなく薄毛が気になる部分にのみ塗布するようにします。
標準的な成人男性の場合、1日2回、1回あたりに1ミリリットル(0.01グラム)の使用が目安となります。
頭皮に残るミノキシジルの成分量を一定に保つ必要があるため、朝と夕方、または朝と夜など、間隔を空けて使用するのが好ましいとされています。

規定の量を手に取って伸ばしたら、頭皮をマッサージするように塗布していきます。
成分の浸透を汚れや整髪料で妨げないために、なるべく頭皮が清潔な状態で使用してください。

また、使用時には副作用についての知識も十分につけておく必要があります。
実際に使用する際は、医師から使い方に関する指導を受けてから治療を始めてください。

ミノキシジルの主な副作用と対処法

ミノキシジル外用薬を使用すると、ごくまれに副作用が起こることがあります。
厚生労働省が公表している「ミノキシジルのリスク区分について」のデータによると、副作用の発現確率は平均して8.82%となっています。

ミノキシジルの主な副作用

  • 皮膚系

    ミノキシジル外用薬の副作用として代表的なのが、頭皮の発疹や発赤、かゆみ、かぶれなどの皮膚症状です。
    一部の人からはミノキシジルを塗布すると頭皮から大量にふけが出るという報告も出ています。

    また、頭皮が荒れている時は皮膚のバリア機能が低下しているため、ミノキシジルの成分が頭皮から通常より多く吸収され、副作用の症状が出やすくなります。
    頭皮が荒れている時などは、一時的に使用を控えましょう。

  • 精神神経系

    ミノキシジルの成分には血管拡張作用があるため、血圧に影響を及ぼす可能性があります。
    血圧が変化すると頭痛やめまい、また気が遠くなるといった症状が出ることがあります。
    そのため、ミノキシジル外用薬の使用によってこれらの症状が出る可能性は否定できません。

    ですが、健康な成人男性であれば、ミノキシジル外用薬によって血圧が変化する可能性は極めて低いと考えられます。
    もともと高血圧、低血圧の人は、使用前に必ず医師に相談しましょう。

  • 循環器系

    ミノキシジルの血管拡張作用によって血流がよくなると心臓に負担がかかり、胸が痛んだり、心拍が速くなったりする可能性があります。
    もともと心臓または肝臓に持病がある人は、使用前に必ず医師に相談しましょう。
    また、健康な成人男性でもミノキシジルの使用によってこれらの症状が現れた場合は、ただちに医師に相談してください。

  • 代謝系

    ミノキシジル外用薬の使用によって手足にむくみが出る場合があります。

    むくみは身体の細胞内に必要以上に水がたまってしまうことで生じます。
    ミノキシジルの血管拡張作用によって血液濃度が下がると、血液濃度を上げようとする働きによって血管周囲の細胞に水分が排出され、結果としてむくみが生じてしまうと考えられます。

    また、むくみによって急激に体重が増加するケースもあります。

副作用が出た場合の対処法

副作用が出たら、ミノキシジルの使用をすぐに中止し、医師に使用を継続して良いか相談してください。
重大な副作用が出た場合は、ほかの治療法への変更を検討する必要があります。
ただし使用をやめると発毛効果もなくなるので、その点は留意したうえでAGAの治療に取り組んでいきましょう。

ミノキシジルを使用するときのポイント

初期脱毛を理解する

ミノキシジルを利用してすぐの頃に「初期脱毛」が起こる場合があります。
これはミノキシジルによってヘアサイクルが改善されることで、新しい毛が生えて古い毛が押し出されて抜けていくために起こる現象です。

抜け毛は一時的に増えますが、それは発毛効果が現れている証でもあります。
抜け毛が増えたからといって独断で使用を中止しないようにしてください。

個人差はありますが、初期脱毛の症状は数週間から2ヶ月ほどで治ります。
脱毛が2ヶ月以上続いたり、あまりに抜け毛が多く心配な場合は、医師に相談しましょう。

持病がある人はあらかじめ医師に相談する

心臓や腎臓に持病がある人、高血圧、低血圧の人などはあらかじめ医師に相談してから治療を開始してください。
おすすめは薄毛専門の医師やクリニックでカウンセリングを受診することです。

親和クリニックでは無料でカウンセリングを行っていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ミノキシジルの取り扱いに気をつける

ミノキシジルは未成年が使用してはいけません。
国内での使用データがなく、安全性や有効性について確かではないからです。
また、誤って子どもが飲まないように、子どもの手の届くところに置かないなど、取り扱いには十分に注意しましょう。

用法・用量を守って服用する

ミノキシジル外用薬を使用することで副作用が起こる可能性は極めて低いといえます。
ただし、用法や用量について誤った使い方をすると、副作用が起こる恐れがあります。
副作用のリスクは下げるためにも、医師から処方されたものを正しく使用することが大事です。

また、ミノキシジルタブレットなどの内服薬は、日本ではAGAの治療薬として認可されていません。
肝臓で吸収されて血流に乗って全身に作用する内服薬のミノキシジルは、外用薬に比べて効果が現れやすい反面、副作用が全身に現れるリスクが高まります。
日本では製造販売自体が禁止されていますので、インターネットなどを利用して、海外のものを自己判断で購入して使用するのは避けましょう。

医師の診断のもとで正しく使用する

ミノキシジル外用薬は副作用の発現確率が低いAGA治療薬ですが、副作用のリスクはゼロではありません。
特にもともとは血管拡張作用のある高血圧治療剤であったため、血圧の問題を抱えている人は十分な注意が必要です。
少しでも不安があれば、使用前に医師に相談することをおすすめします。

また、ミノキシジルは定められた用量以上に使うことで早く効果が得られるという性質の成分ではありません。
期待される発毛効果より副作用のリスクを高める危険性を考慮して、適度な用量を必ず守って使用ください。

ミノキシジルによって多くの人のAGAが改善されることを願っています。

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約 カウンセリング予約