全国共通フリーダイヤル 0120-8686-71 メール相談 カウンセリング予約 カウンセリング予約
MENU

プロペシアとは?服用方法と使用時の注意点

薄毛治療中の方、薄毛治療を検討中の方なら、「プロペシア」という医薬品について、一度は耳にしたことがあるはずです。薄毛治療で確実な治療方法と言えば、植毛やカツラの使用が挙げられますが、内服薬での治療方法も大きな効果があると言われています。
プロペシアの服用を考えている方のためにもその特徴や、服用する際のポイントについて、ご紹介いたします。

プロペシアとは?

効果が高いと言われているプロペシアについて、メリット・デメリットを認識したうえで正しく服用することが肝心です。

プロペシアの基礎知識 

プロペシアとは、薄毛に効果的な「フィナステリド」を主成分とした内服薬です。
数ある薄毛治療方法の中でも、日本皮膚科学会がAGA(男性型脱毛症)の治療薬として有効と認めています。アメリカでは、フィナステリドは1997年にAGAの治療薬として認可がおり、以来、世界60ヵ国以上で承認されています。日本では2005年に厚生労働省によって承認され、プロぺシアという名前の薬として商品化されました。市販されていない薬のため、皮膚科やAGA治療専門のクリニックで処方を受けないと、購入することができません。

プロペシアの主な効果

薄毛の原因の一つとして、ヘアサイクルの短縮があります。毛包の中にある酵素「Ⅱ型5αリダクターゼ」と、血中の男性ホルモン「テストステロン」が結びつき、「DHT(Dihydrotestosterone=ジヒドロテストステロン)」という物質が生成されます。このDHTが男性ホルモンのレセプター(受容体)と結びつくことで、毛母細胞の分裂を抑制したり、脱毛因子に指令を出したりするなど、薄毛に関しては好ましくない働きをしていまいます。
プロペシアはこのDHTの発生原因であるⅡ型5αリダクターゼを阻害する効果があります。DHTの生産を抑制することでAGAの進行を食い止めることができるのです。そのため、プロペシアはAGA以外の脱毛症、薄毛症状には効果がありません。必ず医師の診察を受けて、症状を明確にしてください。
また内服薬になるため、1日1回薬を決まった時間に飲むことを心がけましょう。3ヶ月から半年頃から効果が表れるのが一般的です。

プロペシアの使用方法と主な副作用

プロペシアを服用する場合は、いくつかの注意するべき点があります。安全面だけでなく、より薄毛治療の効果を高めるためにも、用法用量を理解し正しく服用しましょう。

プロペシアの服用方法

1日1回服用する

年齢や症状によって調整されることもありますが、一般的には1日1錠を服用する場合が多いとされています。1日の摂取量の上限は1ミリグラムと決められているので、たくさん飲むことで効果が早く現れるということではありません。

発毛の効果が表れても継続的に服用する

プロペシアの作用は上述しているように、体内の酵素の働きを阻害し、活性型男性ホルモン「DHT」の生成を防ぐことが目的です。一時的に薄毛治療の効果が出たとしても、最低でも半年以上の服用が必須です。血中から有効成分がなくなると、再び薄毛の進行が始まってしまいます。

なお、プロペシアは、食事やアルコールの影響を受けにくいのでタイミングを問わず服用することができます。飲み忘れを防ぐために、毎日決まった時間に服用するようにしましょう。

プロペシアの主な副作用

プロペシアを服用することで、副作用の症状が出る方が稀にいらっしゃいます。副作用の発症率は服用している方全体の4%程度とごく僅かではありますが、事前に副作用のリスクを知っておくことは大事なことです。実際に副作用が出る場合、どんな症状が現れるのかご紹介します。
まず、頭痛や腹痛、かゆみや湿疹など医薬品でよく見られる副作用の症状のほかに、肝機能障害があります。プロペシアの有効成分「フィナステリド」は、肝臓で代謝されてから血液を通して、頭部や身体に運ばれていくため、肝臓に負担がかかることがあり肝機能障害を引き起こすリスクがあるといわれています。しかし、プロペシアに限らず風邪薬や鎮痛剤などの市販薬であっても、肝臓で代謝する内服薬であれば同じような肝機能障害のリスクは発生します。
また、プロペシア服用が直接の原因となる勃起不全や精液量の減少、射精障害といった、性機能障害の副作用症例も僅かではありますが報告されています。
服用中に、このような副作用の症状が起きた場合など、体の不調や異常を感じたら、かかりつけの医師に治療継続の可否をご相談してください。

プロペシアを使用するときの注意点と効果が見られない場合の対処法

プロペシアは薄毛治療に大きな効果が期待できる薬です。しかし、誰にでも使用できるわけではありません。プロペシアを使用するときの注意点と効果が見られない場合の対処法をご説明します。

プロペシアを使用する際の注意点

健康保険対象外のため、医療費が全額自己負担となる

プロペシアは、「自毛植毛」や「美容整形」と同様に、自由診療扱いとなってしまうため健康保険対象外となります。健康保険適用外の場合、安価な薬を求め個人輸入で購入した薬を服用している方もいらっしゃいますが、粗悪品の場合、体に害を及ぼす可能性が十分考えられますのでおすすめできません。

女性は服用できません

薄毛は決して男性だけの症状ではありません。しかし、プロペシアは女性が服用することができません。
大きな理由は二つあります。
一つ目は、プロペシアの主成分であるフィナステリドは、DHT(活性型男性ホルモン)生成を抑制する効果があるため女性に対しては治療効果が実証されていない。
二つめに、妊婦や妊娠している可能性のある女性、授乳中の女性の場合、男児の生殖器の発育に影響を及ぼすためとされています。触っただけでも成分を吸収しますので、触れないように注意してください。

服薬中の献血は控える

上記の理由と同様で、フィナステリドを含んだ血液が女性に提供されることを防ぐためです。プロペシアを使用している方は、献血を控えてください。

効果が見られない場合の対処法

しばらく服用を続ける

自毛植毛などと異なり、内服薬だけの治療は即効性がありません。最低でも6ヶ月間は服用を続けてみてください。

医師に相談する

長期間の服用で、効果が出ない場合はまず医師に相談してください。飲み方が間違っていたり、量を変更する必要が出てくるかもしれません。プロペシアがすべての人に効果が出るわけではないため、治療法を変更する場合もあります。

ほかの治療法を検討する

プロペシアでの治療で効果が出なかった場合、ほかの治療方法を検討しましょう。薄毛の治療薬には、外用薬の「ミノキシジル」があります。また、頭皮に直接、育毛成分を注射して育毛・発毛を促す発毛メソセラピーや、自らの髪の毛をドナーとして薄毛の気になる場所に移植する自毛植毛など、さまざまあります。

投薬による薄毛治療

親和クリニックでは自毛植毛施術以外にも、投薬での育毛・発毛治療を行っています。親和クリニックで取り扱っている治療薬の種類と投薬治療の流れは以下の通りとなっています。

親和クリニックで扱っている治療薬

■内服薬

プロペシア フィナステリドを主成分とした錠剤タイプのAGA治療薬です。脱毛を引き起こす原因の一つである、5αリダクターゼの働きを抑止する効果があります。元は前立腺肥大の治療薬として使用されていた薬で、その副作用として発毛効果が認められたことから、育毛剤として利用されるようになりました。
フィナステリド プロペシアの主成分であるフィナステリドと、同じ成分が認められた、ジェネリック医薬品。ジェネリック医薬品のため、従来よりも価格が安いうえに、同様の効果が得られると人気です。
ザガーロ 2015年に認証された新たな薄毛治療薬です。プロペシアと同じように5α還元酵素阻害薬として、抜毛、薄毛を抑える効果があると期待されています。男性のみ使用することが可能で、使用の際には女性が触れないようにするなど注意が必要です。
パントガール
(女性向け)
女性に多いとされるびまん性脱毛症を抑えるのが、女性向け薄毛治療内服薬のパントガールです。薄毛の原因となるホルモンの減少などを抑えて、徐々に髪に元気を与えていきます。副作用がなく、長期間服用いただけるのが特徴です。

■外用薬

ハイブリッドミノキシジル 頭に塗布して使用するタイプの外用薬です。元は高血圧患者への血管拡張に使用された薬のため、血行を促進して発毛、育毛を促すのが目的です。そのため男女で使用することができ、AGA以外の症状にも効果があります。

親和クリニックの投薬治療の流れ

(1)診察

薄毛治療の専門医師による診察を行い、治療方針の説明と確認を行います。患者さまの生活習慣やご要望をカウンセリングし最善の治療方法をご提案します。無理強いすることはありませんので、悩まれている方はお気軽にご相談ください。

(2)治療薬の処方

診察の結果に合わせて、治療薬を処方いたします。薄毛の症状は個人差がありますので、患者さまにとって最適な治療薬をご案内します。通常は一度に30日分を処方します。

(3)アフターサポート・再診

上述したように、内服薬の効果はすぐには現れません。服用方法や効果、副作用が出ていないかなど、不安なことや疑問点はすぐにご相談ください。また治療を継続される方は、再診をおすすめいたします。内服治療での効果を確認させていただきます。

内服薬・外用薬は薄毛治療の第一歩

医学が進歩し病院で薄毛の治療ができる時代になりました。インターネットで検索すれば、多くの薄毛治療についての情報がヒットしますが、医学的根拠の乏しい情報も散見します。間違った治療は薄毛を改善するどころか、進行を早める結果に繋がりますので、まずは信頼できるクリニックで医師に相談をしてみてください。ご要望やライフスタイルに合わせた治療方針を提案してくれるはずです。
1日でも早く治療を始める事が改善の近道です。治療の費用や期間などを考え、なかなか薄毛治療に踏み切れない方は、内服薬・外用薬から始めてみてはいかがでしょうか。

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約 カウンセリング予約