全国共通フリーダイヤル 0120-8686-71 メール相談 カウンセリング予約 カウンセリング予約
MENU

ザガーロの価格は?AGAへの効果と服用時の注意点

「AGA治療のためにまずは薬から始めたいけれど、沢山種類があってわからない…」
「AGA治療薬は副作用が心配…」
薄毛に悩む患者さまの多くは人それぞれ、様々な悩みを抱えていらっしゃると思います。
世の中に出回っているAGA治療薬の中には、国内で認可されている薬と認可されていない薬があります。
厚生労働省から認可された内服薬ではプロペシアが有名です。そのプロペシアより高い効果を期待できるとして、最近販売が開始されたザガーロという新薬が注目を集めています。しかし、まだまだ発売されて年も浅く、不明な点が多いというお声もあります。
今回は新薬のザガーロについて、詳しい効果や副作用をご説明していきたいと思います。

ザガーロの特徴

ザガーロとは

ザガーロは2015年9月に厚生労働省から認可されたAGA治療薬であり、2016年6月に販売が開始されました。AGAの有効成分デュタステリドを含み、同じくAGA治療薬のプロペシアよりも強い効果が期待できるとされています。
大きな違いとしては、プロペシアはAGAの進行を遅らせるための薬ですが、ザガーロはAGAの進行を遅らせ、さらに発毛・育毛を助ける効果があるとされています。
これ以上抜け毛が増えるのを防ぎたい方や、現状維持を望んでいる方はプロペシアでの治療を。さらに髪を増やしたいと考えている方は、ザガーロを使用するのが理想的な治療法となります。

ザガーロもプロペシアと同じく、元々は前立腺肥大症の治療薬として開発された薬で、アボルブという名前で日本でも認可されています。
海外でも100ヵ国以上で処方されており、安全面でも十分に信頼できると言えるでしょう。

ザガーロの効果

AGA(男性型脱毛症)は5αリダクターゼ(還元酵素)と男性ホルモン「テストステロン」が結びつき、脱毛成分「ジヒドロテストステロン(DHT)」を発生させることによって発症します。
5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在し、Ⅰ型は主に皮脂線部分に多く分布しており、脂性でニキビができやすい人に多く、Ⅱ型は毛乳頭部分に多く存在し、髭や体毛の濃い方に多いと言われています。
プロペシアの主成分であるフィナステリドでは、Ⅱ型5αリダクターゼしか阻害できないのに対し、ザガーロの主成分であるデュタステリドではⅠ型、Ⅱ型の5αリダクターゼの働きを抑制し、DHT生成を抑える効果があります。
臨床試験でも毛髪の増加や、硬毛数、毛髪の太さの増加が確認されており、AGAの進行を抑えるだけではなく、発毛、育毛の面でも確かな効果が期待できます。

ザガーロとプロペシアの比較

AGA治療の内服薬として最も有名なプロペシアは、Ⅱ型5αリダクターゼのみの働きを抑制し、副作用はザガーロ、プロペシアともにほぼ同じような症状が報告されています。
ザガーロの副作用発現率は17.1%、プロペシアの副作用発現率4%となっており、ザガーロの主な副作用としては、性欲減退、勃起不全、精子数の減少、肝機能障害などが挙げられます。
ザガーロを服用中に上記のような症状、違和感があった際には速やかに病院で受診してください。

ザガーロを購入できる場所と価格

ザガーロを購入できる場所

ザガーロは処方箋医薬品のため、入手するには医師の処方箋が必要となっています。
現在日本国内で認可されているザガーロのジェネリックは存在せず、ドラッグストアやインターネットでは販売されていません。入手するには薄毛治療専門のクリニックや皮膚科、美容外科などで処方箋をもらい、薬局で処方してもらわなければなりません。

その他にも個人で通販サイトなどを利用して入手する方法もありますが、輸入した海外製のジェネリックは、日本製とは違い、強い副作用が起こる事や悪質な業者が作った偽製品の可能性があります。
インターネットでの最安値や口コミを信じて購入するのはとてもリスクが高いです。海外で前立腺肥大症の治療薬として販売されている、アポダードという名前の薬もあり、この薬を個人輸入することは日本の法律的に問題はありませんが、何らかの異常があった際にも全て自己責任となってしまうため、通販で購入することは到底おすすめできません。

ザガーロの価格

現在親和クリニックで販売しているザガーロの販売価格は以下の通りとなっています。

0.5mgカプセル30錠入り
1ヶ月分 9,250円
3ヶ月分 27,250円
6ヶ月分 52,500円

参考:発毛・育毛AGA治療の費用

ザガーロは、プロペシアと同様に健康保険が使えず全額自費のため、一般的に10,000円前後(1錠約300円程度)が相場となっていますが、東京にある美容クリニックでは15,000円(1錠500円程度)というところもあり、地域によっても値段に差があるようです。
前立腺肥大症の治療薬として処方されているアポルブは、デュタステリドを主成分とするザガーロと全く同じ薬ですが、保険が適用されるため、薬価が1錠あたり約200円程度とザガーロより安価のとなっています。

ザガーロを服用するときの注意点

女性と子供は服用しない

元々前立腺肥大症の治療薬として開発された薬であり、女性や子供の利用を目的としていないため、効果や安全性が不明という理由で、女性と子供は使用してはいけません。
特に妊婦が服用すると、胎児の男性器の発育に影響を及ぼす恐れがあります。
ザガーロは肌からも吸収されるため、女性や子供が触らないように、厳重に管理して下さい。
もし、漏れた薬品に触れてしまった場合は、ザガーロの説明文にもあるように、直ちに石鹸と水で洗い流しましょう。

副作用を理解して使う

高い効果を見込める薬ですが、ザガーロはプロペシアに比べて副作用発現率が高く、健康な男性が服用したとしても、副作用が発生する恐れは十分にあります。
副作用が現れた場合には速やかに医師に相談してください。

用法容量を守って正しく服用する

1日に1回、1錠を摂取しましょう。デュタステリドの濃度(0.1ミリグラム、0.5ミリグラム)に限らず、1日1回だけ、24時間間隔で服用してください。多く服用したからといって、効果が高まることはありません。
短い間隔で服用してしまうと、血中のデュタステリド濃度が高くなり、副作用が出る確率も高くなる可能性があるので、毎日決まった時間に服用してください。
朝起きたら服用する、夜寝る前に服用する、など生活のサイクルに加えてしまえば毎日の習慣になるのではないでしょうか。最低でも3ヶ月以上、服用を続けることが大切です。
効果が得られるまでの期間は半年~1年が一般的と言われていますが、AGAが改善したからといって服用を止めてしまうと、血中からデュタステリドが消え、再びAGAが進行する可能性があります。
AGAの治療は根気よく、継続的に行っていくことが大切なのです。

継続的な内服と生活習慣の改善

AGAの原因である5αリダクターゼを阻害するには、ザガーロやプロペシアのようなAGA治療薬を継続して根気よく続けていく事が効果的です。
副作用や用法、用量を正しく理解し、それと同時に生活習慣の改善も同時に意識していくことが大切です。
毎日の食事やサプリメントなどで言うと、ノコギリヤシ、亜鉛などには5αリダクターゼを抑制する効果があります。

自分好みのヘアスタイルを維持していくためにも、髪の毛のためになるものをスキンケアのように日頃より取り入れ、週間化していく事が大切です。

しかし、もちろん食べ物や生活習慣を変えるだけでは、AGAの進行を止める事や髪の毛を増やす事は出来ません。
当院の無料カウンセリングでは、患者さまのお悩みに沿った治療法を提案いたします。
新宿、大阪、名古屋、福岡と全国に4院のクリニックがあるため、引越しや転勤などで移住された際にも、お近くのクリニックがしっかりとアフターサポートさせていただきます。
お薬の購入希望で、お住まいの地域に当クリニックが無いご遠方の方でも、初回無料カウンセリングにご来院いただけますと、2回目以降のご利用は郵送にてご対応することも可能となっております。
クリニックにてお薬を処方する際にも初診料、再診料はいただいておらず、患者さまにご負担いただく費用はお薬代のみとなっております。
ご興味のある方は是非当院の無料カウンセリングにお越し下さいませ。

滝田 賢一

親和クリニック大阪院 院長

滝田 賢一 KENICH TAKITA

自毛植毛手術は4年間で1,500症例以上を経験。得意な手術はFUE自毛植毛手術。
平成27年 親和クリニック大阪 院長就任

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約 カウンセリング予約