全国共通フリーダイヤル 0120-8686-71 メール相談 カウンセリング予約 カウンセリング予約
MENU

多発性脱毛症とは?脱毛箇所が複数生じる病気の特徴と効果的な治療法

コインのように円形状に毛が抜けていく円形脱毛症。自然治癒できる場合もあれば、医師による治療が必要な場合もあります。
多発性脱毛症は、ストレスが原因だと言われることが多いですが、発症する主な原因は免疫系の異常による自己免疫疾患だと考えられています。
また、脱毛部分が1箇所の場合もあれば、脱毛箇所が複数生じる場合もあるなど、症状は様々です。

ここでは多発性脱毛症についての基礎知識や効果的な治療法、また治療するときのポイントについてご紹介します。

多発性脱毛症の基礎知識

多発性脱毛症と聞いても、あまり馴染みがない方が多いかもしれません。
多発性脱毛症は脱毛部分が円形、または楕円形になっていることから、多発性円形脱毛症と呼ばれる場合も少なくありません。
以下では、多発性脱毛症という病気についてのご説明と多発性脱毛症が発症する主な原因についてご説明します。

多発性脱毛症とは?

多発性脱毛症とは、脱毛部分が複数(2~3個以上)ある円形脱毛症のことです。
突然、円形や楕円型に脱毛するため、多発性(多発型)円形脱毛症とも呼ばれることがあります。
また、脱毛部分の個数によって種類分けがされており、脱毛部分が1個の場合は「単発型」と言われます。

多発性脱毛症の主な原因

多発性脱毛症の主な原因は「自己免疫疾患」だと考えられています。
自己免疫疾患とは、体を守るための免疫系が異変し、自分の組織や細胞を攻撃してしまう病気です。
多発性脱毛症の場合、髪を生成する細胞が異物と見なされ、免疫に攻撃されることで発症すると考えられます。

また、肉体的・精神的ストレスも多発性脱毛症に影響します。
ストレスは自己免疫疾患を誘発する可能性があり、ストレスによって自律神経などのバランスが崩れると、血行が悪化します。
血行が悪くなると髪の毛の成長に必要な栄養素が頭髪に行き渡らなくなり、結果として多発性脱毛症になってしまう可能性があるのです。

さらに、ホルモンバランスの乱れも自己免疫疾患になる原因の1つだと言われています。
髪の毛の育成には男性でも女性ホルモンが必須だと言われていますが、女性ホルモンの量に乱れが生じた場合、抜け毛の原因となることがあります。

他にも薄毛の原因として、疲労や生活リズムの乱れ、少数ではありますが遺伝的要因も挙げられます。

多発性脱毛症の種類

多発性脱毛症の症状は一つではありません。
通常型、多発融合型、蛇行型と大きく3つの種類に分けることができます。
まずは、ご自分の症状を理解し、必要な場合には医師にご相談ください。

通常型

多発性脱毛症にはいくつか種類があり、脱毛部分が数個程度の場合は「通常型」と呼ばれます。
通常型であれば自然治癒する場合が多いと言われていますが、症状の度合いによっては治療が必要となることもあります。

多発融合型・蛇行型

多発性脱毛症が進行すると、複数の脱毛部分がつながった状態になります。
脱毛部分が大きな脱毛斑を形成している場合は「多発融合型」、髪の毛の生え際から帯状に蛇行して脱毛する場合は「蛇行型」と呼ばれます。
これらの状態は脱毛症のなかでも重い症状であり、難治性だと言われています。

多発性脱毛症の一般的な治療法

多発性脱毛症の治療法は一つではありません。
当院では、症状の程度を考慮した上で、適当な治療法をおすすめしております。

以下では、多発性脱毛症にはどのような治療法があるのかご説明していきます。

ステロイド治療

多発性脱毛症の治療法として主に用いられているのがステロイド治療です。
専門医に向けて様々な治療法を評価している「日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン」でも推奨されている治療法です。

ステロイド治療には外用薬、内服薬、点滴などの種類があります。
どれを選ぶかは症状の度合いを見ながら医師が判断します。

ステロイド治療は人によってはかぶれや発疹などの副作用が出る可能性がありますが、医師の指示のもとで適切な治療を行えば、危険性は低いとされています。

局所免疫療法

局所免疫療法とは、特殊な薬品で弱いかぶれを何度か起こすことによって、局所の免疫状態を変化させて発毛を促す治療法です。
「日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン」では、薄毛治療の治療法として高く評価されています。
薬品を塗布する際は濃度や塗り方について十分な注意が必要なため、医師の指導のもとで治療を進める必要があります。
副作用が起こるリスクは低い治療法ですが、効果が現れるまでに時間がかかります。

ミノキシジル外用療法

ミノキシジルは、医学的に発毛効果が認められた唯一の成分です。
脱毛部分に直接塗布する外用薬で、薄毛の改善に重要な血行促進作用があります。
主に男性特有の薄毛AGA(男性型脱毛症)に効果的な薬ですが、ミノキシジルはその他の薄毛にも効果が出る可能性があると言われているため、多発性脱毛症の治療においても効果が期待できます。(日本皮膚科学会の円形脱毛症診療ガイドライン2017年度版においては、ミノキシジル外用療法の推奨度はC1:行ってもよい、となっています)。

多発性脱毛症を治療するときのポイント

多発性脱毛症は、早期の治療と日頃のケアが大切です。
多発性脱毛症を治療する上で大切なことについてご説明します。

早期の治療、ケアを心がける

多発性脱毛症を発症したときは、悪化させないことが重要です。
早期に治療を開始することで治療効果が高くなる場合も多いので、症状に気付いたら早めのケア、治療を心掛けてください。

多発性脱毛症の診断と治療について

多発性脱毛症など円形脱毛症は病因が確立されておらず、治療法もこれといって定まっているものはありません。
病因については毛包組織に対する自己免疫疾患によるものという説や、円形脱毛症を発症しやすい遺伝子を背景に、疲労や感染症などの肉体的・精神的ストレスが誘引となるという説もあります。しかし、一方では精神的ストレスと円形脱毛症との直接の関連性については科学的根拠が乏しく、安易に関与を唱えるべきではないとも言われています。

「日本皮膚科学会円形脱毛症診療度ガイドライン2017年度版」では円形脱毛症の治療方法については最も推奨度の高い「A.行うよう強く勧める」はなく、「B.行うよう勧める」は次の4項目がありました。

  1. ステロイド局所注射療法
  2. 局所免疫療法
  3. ステロイド外用療法
  4. かつら使用

薄毛治療専門のクリニックを受診する

多発性脱毛症で悩んだときは、医療機関で診療を受けることをおすすめします。
皮膚科の受診が一般的ですが、約3年以上改善しない円形脱毛症については自毛植毛術による外科的な治療も有効とされています。

親和クリニックでは自毛植毛治療に関する無料でカウンセリングを行っています。
メールでの相談も受け付けていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

医師と相談しながら最適な方法で治療する

多発性脱毛症には様々な症状があり、それぞれ推奨される治療法も完治するまでの期間も異なります。
脱毛症の症状が見られた場合は、お早めに薄毛治療専門のクリニックにご相談することをおすすめします。
医師と相談しながら、自分に最適な方法で治療を行なっていくことが大切です。

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約 カウンセリング予約