全国共通フリーダイヤル 0120-8686-71 メール相談 カウンセリング予約 カウンセリング予約
MENU

ストレスと脱毛の関係は?髪が不安になり始めたら、悩むより対策

脱毛とストレスの関係は医学的に認められているわけではありませんが、「ストレスで髪が抜けた」「悩んでばかりいると髪が薄くなる」などと一般的によく語られています。

ストレスが直接的に脱毛につながるとはいえないものの、体に悪影響を及ぼすことは間違いなく、結果として脱毛症状があらわれることもあるようです。
そこで、今回は脱毛とストレスの関連性、その対策についてご紹介します。

ストレスが体に与える影響と脱毛との関係

ストレスが体に与えるさまざまな影響

ストレスとは、なんらかの刺激によって心身に過剰な負担がかかり、ひずみが生じる状態、または、その要因となる刺激や状況のことです。
人間関係や生活環境の変化、過労や睡眠不足、気候などさまざまな要因が挙げられますが、それらをうまく処理できずに長期にわたってため込んでしまうと、次第に心身に問題が生じます。

ストレスがたまるとあらわれる主な症状には血行不良、食欲不振、頭痛などがあります。 これらは比較的よくある症状のため気に留めない方もいるようですが、ストレスによる体への影響は段階的に進んでいくことから、放っておくと胃潰瘍や生活習慣病などを引き起こす可能性もあります。

ストレスと脱毛の関係

抜け毛の要因はさまざまあり、ストレスもそのひとつといわれます。 ストレスを抱えていると自律神経が乱れ、体温調整や消化、血液循環、ホルモン分泌のコントロールがうまくいかなくなり、結果、発毛・育毛に影響が出てしまうのです。

髪の成長に必要な栄養素は血液によって毛母細胞に運ばれます。 そのため、自律神経の乱れによって血行が悪くなると、髪の生え変わりのサイクル(ヘアサイクル)が乱れ、髪が細くなったり抜け落ちたりといった症状があらわれます。 また、さまざま脱毛症の中でも円形脱毛症は成長期の毛包がリンパ球の攻撃を受けて壊される自己免疫疾患のため、精神的ストレスやアレルギーなどが影響しやすいと考えられています。

さらに、脱毛や薄毛自体がストレスとなっているケースもあります。 日本人男性の薄毛の多くを占めるAGA(男性型脱毛症)は進行型のため、対策や治療を行わないと症状が改善することはありません。 悩んでいる間にも症状が進み、それがストレスとなってさらに症状が進むという悪循環を引き起こしかねないのです。

ストレス解消に役立つ行動と生活習慣

行動

体を動かしたり、ほぐしたりすることがストレス解消につながります。
座り仕事が多い方は、休日や休憩時間を使って適度に体を動かすよう心がけてみましょう。

スポーツ

運動がストレス解消に効果的な理由には諸説あり、そのひとつに脳へのストレス反応が弱まるという説があります。
運動をすると適度な疲労感とともに気分がスッキリしますので、好きなスポーツを楽しんではいかがでしょうか。
だからといって急に激しい運動をする必要はありません。
ストレッチやウォーキングなどを継続して行うのが重要です。

カラオケ

大きな声を出すとストレス発散につながるといわれます。
大声を出すためには自然と腹式呼吸になるので、それが自律神経の安定につながると考えられているからです。
また、大きな声で1曲歌い終わるとエネルギーを消費しますので、運動と同じような効果が得られるようです。

マッサージ

ストレスを抱えた体は緊張状態にあるため、マッサージで緊張をほぐすと自律神経のバランスによい影響を与えます。
また、血行がよくなるとホルモンバランスが安定しやすくなり、ストレスが緩和されるといわれます。

ヨガ

ヨガは呼吸法が大切で、息をゆっくり吸って吐くのが基本です。この腹式呼吸がリラックス効果をもたらすと共に、自律神経の安定につながります。

森林浴

森林を散策すると五感が刺激される一方で、脳や神経の活動が穏やかになるためリラックスできます。
さらに、ストレスがかかると低下するとされている免疫細胞のNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化し、ストレスの低減につながります。

旅行

日常とは違う場所に出かけることで得られる開放感や高揚感はストレス解消につながります。
家族や友人とワイワイ楽しむのもいいですし、ひとり旅でのんびり過ごすのもおすすめです。
自分に合った無理のないプランで楽しんでください。

人と話す

ストレスの原因を人に話すだけでも、心の中にあるモヤモヤが放出できてスッキリするものです。
また、人と楽しく会話をすると多幸感をもたらすとされるエンドルフィンという物質が分泌され、ストレス軽減に役立つとされています。

声を出して笑う

笑いには免疫システムのバランス調整、脳の活性化、血行促進、自律神経のバランスを整えるといった効果があるとされ、大声で笑うことでストレスの軽減につながります。

紙に書き出す

頭の中でモヤモヤとしていることや心に引っかかっていることを紙に書き出してみると、愚痴を聞いてもらった時のようにスッキリすることがあります。
また、文字にすることで客観的になれたり、自分の思考の癖を知ったり、気持ちの整理や対処の仕方などが見つけやすくなります。

生活習慣

体を動かすだけでなく、食事や睡眠に気を付けることで、ストレスを溜め込まないよう工夫することができます。
休日に十分な時間を割けない方は、まず生活習慣を改善することから始めてみましょう。

良質な睡眠

睡眠は体の疲れを取るのはもちろん、脳を休ませるためにも重要です。
ストレス解消には、睡眠時間をしっかり確保するとともに、質のよい睡眠を心がけましょう。
例えば、入浴で体を温めると副交感神経が優位になり、リラックスできて入眠しやすくなります。
あまり熱いお湯につかるよりも38~40度のぬるめのお湯に15~20分入るのがおすすめです。

バランスの取れた食事

「ストレスがたまるとやけ食いしてしまう」「ストレスで食欲がない」というように、ストレスと食事には密接な関係があります。
日頃から1日3食きちんととり、栄養不足にならないようバランスにも気を配って、ストレスに強い体づくりをしておきたいものです。
また、ストレスがたまるとビタミンC、B群を消耗するとされていますので、それらを含むものを積極的にとりましょう。
他にも、精神を安定させるといわれるカルシウムやマグネシムもたっぷりとりたい栄養素です。

ウォーキングやストレッチなど適度な運動

運動をすると気分がスッキリするのは、交感神経の活性化、心拍数の上昇など、いわゆる“興奮状態”になるためです。
さらにドーパミンの分泌量も増えて高揚感も高まり、ポジティブ思考につながるといわれます。
だからといって無理に激しい運動をする必要はなく、ウォーキングやストレッチなどの適度な有酸素運動で十分です。
それらを定期的かつ継続して行う習慣を身に付けましょう。

脱毛が悪化してきたら早めにクリニックへ

薄毛専門のクリニックで治療を行うメリット

ストレスを解消することで脱毛症状が改善されればよいのですが、それだけで改善されるのはまれといえるでしょう。 脱毛はさまざまな要因が絡み合っていることが多いため、皮膚科や薄毛専門クリニックでの相談をおすすめします。

とくに薄毛専門クリニックは、医学的な知識やさまざまな症例に基づく確かな情報を持っているのはもちろん、薬や自毛植毛などいろいろな治療法がそろっているので、症状に合った適切な治療が受けられます。

脱毛改善に育毛剤や育毛シャンプー、頭皮マッサージなどを取り入れるのもよいですが、間違ったセルフケアによって、回復どころか症状を悪化させてしまうこともありますので、早めにクリニックを受診し、適切な治療を受けるようにしてください。

親和クリニックの充実した薄毛治療

投薬治療

投薬治療には主に外用薬と内服薬があります。
外用薬では毛乳頭の働きを活発化させて発毛・育毛を促進する「ミノキシジル」、内服薬ではAGAの原因となる5αリダクターゼの働きを抑制する「プロペシア(フィナステリド)」、そのジェネリック医薬品である「ファイザー」が代表的です。

親和クリニックでもそれらの薬を処方していますが、「ミノキシジル」については、頭皮に成分を浸透しやすくした「ハイブリッドミノキシジル」を独自開発し、処方しています。
また、内服薬では、2016年6月13日から販売が開始された「サガーロ」も取り扱っています。

ノーニードル発毛メソセラピー

ノーニードル発毛メソセラピーは微弱な電流によって治療薬を頭皮内部へ直接注入する治療法で、針や注射を使う方法に比べて痛みや腫れなどの違和感がありません。

親和クリニックではエレクトロダーム アドバンスという最新機器を使用しています。
似たような技術であるイオン導入と比べると治療薬の浸透力が16倍もあり、有効成分をより効果的に浸透させることができます。
また、薬剤は親和クリニック独自の「発毛オリジナルカクテル」を使用しています。
頭皮の血行を促進する有効成分ミノキシジルや発毛有効成分や発毛因子を合わせたもので、男女問わず適用できます。

自毛植毛

自毛植毛とは、自身の髪を別の場所に移植する治療法です。
AGA(男性型脱毛症)の場合は、薄毛の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の影響を受けにくい後頭部や側頭部の毛髪を移植します。
自分の髪を使うため拒絶反応が起きにくく、一度植毛すれば生涯にわたり自毛として生着するのが特徴です。

親和クリニックでは、切らない自毛植毛「MIRAI法」、刈り上げない「NC-MIRAI法」、MIRAI法とNC-M
IRAI法を併用する「United MIRAI法」という3つのオリジナル法によるオーダーメイドの治療を提供しています。 直径0.6mmの極細径パンチブレードなどを用いて移植部位を作るため、従来の方法よりも高密度な移植を可能にしています。

抜け毛や薄毛対策にストレスをためないこと!

脱毛とストレスについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
ストレスを感じているといっても人によってさまざまですし、一時的・継続的などの違いもあります。

もちろんストレスがあるからといって必ずしも脱毛症状が現れるわけではありません。
しかし、抜け毛や薄毛の一因になることもあるので、「最近、髪が薄くなってきたかも」「一気に抜け毛が増えた」と感じているなら、改めてストレスに目を向けてみてはいかがでしょうか?

ただし、抜け毛や薄毛の原因が「ストレスだけ」というケースはそれほど多くありません。
自身の原因がどこにあるかを正しく知るためにも、まずは専門のクリニックを受診することをおすすめします。
そして、日々健やかに過ごすためにも、自分に合った方法でストレス発散・解消を心がけてください。

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約 カウンセリング予約