全国共通フリーダイヤル 0120-8686-71 メール相談 カウンセリング予約 カウンセリング予約
MENU

女性が薄毛になる原因とは?抜け毛が増えたと感じたら早めの対策を

髪の悩みは男性だけのものではありません。最近では女性用の育毛剤が販売されるなど、薄毛や抜け毛に悩む女性が増えてきました。
女性の薄毛の原因は、加齢やストレスによるホルモンバランスの乱れ、食生活、間違ったヘアケアなど多岐にわたり、男性以上に複雑です。
まずは、自分の薄毛のタイプを知ることが治療への近道と言えるでしょう。
今回は、女性が薄毛になる原因と対策方法について解説していきます。

女性の薄毛の主な原因

女性の薄毛は症状によって原因が異なります。以下で、女性に多い脱毛症とその原因を詳しく見ていきましょう。

びまん性脱毛症(FAGA)

髪の毛が全体的に薄くなる脱毛症です。加齢により発症するケースが多く、40代以降の女性に起こりやすいと言われています。
びまん性脱毛症の原因は、ストレス、無理なダイエット、頭皮環境の悪化などさまざまですが、その中でもホルモンバランスが乱れることで起こる脱毛症をFAGA(女性男性型脱毛症)と呼びます。
女性ホルモンが減り、男性ホルモンが活発になることが発症の原因です。
男性ホルモンと5αリダクターゼが結合すると、ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。
このDHTが毛母細胞に作用し、ヘアサイクルを乱すことによって、抜け毛や薄毛が引き起こされるのです。
FAGAは男性のAGA(男性型脱毛症)と原因は酷似していますが、症状が異なります。
AGAが頭頂部や生え際を中心に薄くなるのに対し、女性は全体的に薄毛が広がるのが特徴です。

分娩後脱毛症

出産後のホルモンバランスの乱れが原因で起こる一時的な脱毛症です。
時間の経過により自然回復するのが一般的なので、それほど気に病む必要はありません。

牽引性脱毛症

髪の毛を強く引っ張ることが原因で起こる脱毛症です。
ポニーテールやお団子ヘアなど、同じ髪形を続けていたり、エクステを頻繁につけていたりと、長期的に髪に負担をかけている場合に発症しやすい傾向があります。
髪の分け目や前髪の生え際を中心に髪の毛が薄くなるのが特徴です。

女性の薄毛対策1:クリニックで治療

女性の薄毛の原因は複雑なので、医療機関で正しい診断の上、治療を進めていくのが賢明です。
具体的な治療方法として以下のものがあります。

内服薬による治療

薄毛治療薬として知られているプロペシアやザガーロは女性の使用が禁止されています。
そのため、女性の場合、今までは外用薬か頭皮への注入治療を選択するしかありませんでした。
そこで、新たに生まれたのがパントガールです。女性の薄毛への有効性、安全性が認められた世界初の女性用薄毛治療薬で、即効性はないものの、副作用の心配が少なく自然な発毛を促進する効果が期待できます。

外用薬による治療

発毛成分「ミノキシジル」が含まれた外用薬を頭皮に直接塗布する方法です。発毛効果を実感するまでには半年~1年程度かかるため、継続的な治療が必要になります。

ノーニードル発毛メソセラピー

発毛に有効な成分を頭皮に直接注入していく治療法です。
親和クリニックでは、針を使わずに独自に開発したオリジナルカクテルを注入します。
針で頭皮に刺激を与えないので、施術後の痛みや腫れがほとんどないことが特徴です。
内服薬による治療と組み合わせることで、より高い効果が見込めるでしょう。

自毛植毛

薄毛の影響を受けにくい部位にある髪の毛を、前頭部や頭頂部などの抜け毛が気になる部分に移植していく治療法です。
毛根ごと移植するため、一度定着すると新しい髪の毛が生涯にわたり生え続けます。
施術した部位をほかの髪の毛で隠せるので、周囲に気づかれることなく治療を行うことが可能なため、精神的負担を最小限度に抑えることができます。
また、自毛を移植するため、拒絶反応が起こる心配もありません。

親和クリニックでは「痛みが少ない」「傷跡が目立ちにくい」「周囲に気づかれない」ことに配慮した、オリジナルの自毛植毛をご用意しています。
薄毛治療に精通したドクターが施術にあたるので、短時間での大量植毛が可能です。
また、メスを使わない手法で痛みが少なく、患者さまへの負担を最小限に抑えられます。

自毛植毛というと高額で手が届かないと思われがちですが、当院では、MIRAI法につきましては優待価格で施術を受けられるモニター制度を導入しています。
費用面がネックになって治療を躊躇しているのであれば、ぜひご検討ください。

女性の薄毛対策2:日常生活の見直し

医学的根拠があるわけではありませんが、生活習慣の乱れは薄毛に少なからず影響を与えていると考えられます。
薄毛治療の効果を最大限に引き出すためにも、クリニックでの治療と並行して、日常生活の改善を行うことが望ましいでしょう。

十分な睡眠時間を確保する

髪の毛の成長を促すには良質な睡眠が必要です。
人間は寝ている間に成長ホルモンを分泌し、体の様々な組織の修復・再生をおこなっています。
髪の毛もそのひとつで、主に寝ている間に伸びるといわれています。
つまり、夜更かしをして睡眠時間が短くなれば、髪の毛も成長しにくくなるわけです。
入眠後2〜3時間は成長ホルモンの分泌量が最も多くなる時間帯と考えられています。
この時間に質の高い睡眠が取れるよう、寝る前のスマホやPCの操作は控えましょう。

ストレスを適度に解消する

過剰なストレスがかかると自律神経が乱れ、ホルモンバランスの異常を引き起こす恐れがあります。
また、血行不良になる可能性もあり、髪と地肌の成長に必要な栄養が届きにくくなることで、髪の毛が十分に育つ前に抜け落ちてしまう現象が起こり得ます。
こうした状況を防ぐために、ストレスを溜め込まないよう、自分なりの解消法を見つけておくことが大切です。

過度なダイエットは控える

食事制限を伴う過度なダイエットによって髪の毛の成長に必要な栄養素が不足すると、薄毛や抜け毛を誘発することになります。
髪の毛の成長をサポートする栄養素である、ビタミン、亜鉛、たんぱく質、イソフラボン、コラーゲンを中心に栄養のバランスの取れた食事を心掛けましょう。

ヘアスタイルを見直す

同じヘアスタイルや分け目にしていると、一部に負荷がかかり、抜け毛につながるリスクがあります。
ヘアスタイルはこまめに変えるようにして、同じ部分に負担がかかり過ぎないように工夫をしてください。

洗髪方法を見直す

間違った洗髪方法を続けていると、頭皮環境を悪化させて、薄毛の原因になることも。
シャンプーのすすぎ残しや、自分の髪や肌質に合っていないシャンプーの使用などは、皮膚の炎症を引き起こす恐れがあります。
そうなると髪の毛の成長を妨げてしまうため、正しい洗髪方法をマスターすることが大切です。髪や頭皮への刺激が少ないシャンプーを使って、爪を立てずに指の腹で優しくマッサージするように洗いましょう。
また、洗った髪を生乾きのままにしていると、雑菌が繁殖して頭皮環境の悪化につながります。
洗髪後は自然乾燥を避け、ドライヤーですぐに乾かすのがベストです。

女性の薄毛は症状も原因もさまざま

女性の薄毛は主にホルモンバランスの乱れによって起こることが多いのですが、そのほかにもストレスや過度なダイエットによる栄養不足、日々のヘアスタイル、洗髪方法などさまざまな要因があります。
こうした原因を自分で判断するのは難しいため、薄毛治療に詳しい医師に相談することをおすすめします。

いくら薄毛治療を行っても不規則な生活を続けていると、なかなか効果が出ない場合があります。
初期の段階では、生活習慣を改めるだけでも改善が見られるケースもあるので、まずは毎日の食生活や睡眠時間などを見直してみてはいかがでしょうか。

女性にとって打ち明けにくい薄毛の悩みですが、早期発見・早期治療が功を奏します。抜け毛が気になったら、早めに薄毛治療を得意とするクリニックを受診しましょう。

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約 カウンセリング予約