メール相談 カウンセリング予約
MENU

高密度自毛植毛「MIRAI法」の施術の流れ

高密度自毛植毛MIRAIミライとは?

メスを使わないため、傷跡が目立ちません

親和クリニックが独自開発した“切らない”自毛植毛FUE《MIRAIミライ法》は、従来のメスを使ってドナー(移植する毛髪)を切除採取する方法ではなく、パンチブレードという細い管状の医療機器を使って移植毛を毛穴単位で採取する方法です。従来の自毛植毛法と違い、世界でも最小口径となる0.63mmのマイクロパンチブレードを使用することで手術後の痛みや腫れが最小限に抑えられた最新の自毛植毛です。気になる傷跡もほとんど目立ちません。

高密度自毛植毛 MIRAIミライ

高密度自毛植毛MIRAIミライ法の流れ

1. 術前処置

痛みを最小限に抑えます

麻酔の処置や後頭部の刈り上げを行い、手術を受けられる様に準備します。
※刈り上げない自毛植毛「NC-MIRAI法」をご希望の方は麻酔の処置のみとなります。

2. 移植株の採取

メスを使わずに直接ドナー部からグラフト採取

マイクロパンチブレードという管状の医療機器を使って毛根(毛包単位)を直接採取します。後頭部の皮膚を切除・縫合することなく、採取した後も目立ちません。

3. 移植ホールの作成

マイクロパンチブレードで移植ホールを作成

極細径のマイクロパンチブレード0.63mmなど、髪の毛の流れや仕上がりをイメージしながら移植ホールを作成していきます。この極細マイクロパンチブレードを使うことで、高密度な移植が可能になりボリューム感のある自然な仕上がりにすることができます。

4. 採取した毛髪の移植

グラフト(移植する毛髪)に傷をつけないよう空気圧で移植

せっかく採取したグラフトも傷などのダメージを受けてしまうとうまく生着しません。そのため当院では、空気圧を利用して傷をつけないよう細心の注意を払い、短時間で移植していきます。

5. 術後の処置

周りからわからないようにケア

移植した部分はガーゼで保護し包帯でしっかりと固定します。
ニット帽をご用意しておりますので、お帰りの際、包帯を気にせずにお帰りいただけます。

6. 翌日の洗髪サービス

傷跡を目立ちにくくします

術後、ご自身での洗髪に不安を感じる患者さまは多くいらっしゃいます。
その不安を解消すべく、最新の創傷治癒理論に基づいた、施術翌日の専任スタッフによる洗髪サービスをご用意しております。
移植部分のかさぶたの形成を防ぐことで、頭皮の不快感・外見の違和感を軽減して目立ちにくくします。

7. アフターケア

施術完了後のご相談も承ります

施術は一日で終了します。しかし、当院のサポートはその日だけで終了ではありません。術後の一時的な脱毛(ショックロス)やケアの方法など、術後の方が相談事がより多くあるはずです。
親和クリニックではそのような患者さまのために、専任のスタッフを揃え、術後の不安や疑問の解消に努めております。

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約