親和クリニックの医師陣が出演

OBCラジオ大阪
「藤川貴央のクリニック・レポート」
第16回

藤川貴央のクリニック・レポート
第16回

藤川貴央のクリニック・レポート第16回出演、親和クリニック安藤医師とパーソナリティの藤川アナ
放送日
2020.3.7
出演
親和クリニック医師安藤善郎
主な内容
「AGAの原因と薄毛にまつわる素朴な疑問について」

藤川アナ

『藤川貴央のクリニックレポート』。
こんばんは、ラジオ大阪アナウンサーの藤川貴央です。20歳の頃から薄毛を気にしていた私は、一念発起しまして自毛植毛の親和クリニック大阪院で、自分の後頭部の毛を毛根ごと採取して、薄い部分に植えるという手術を去年受けました。これで薄毛の悩みとも、さよならしました。

この番組では、皆さまにも同じ悩みを少しでも解決に向けていただこうと、毎月1週目と3週目は親和クリニックの先生方に薄毛に関するお話を伺います。それでは、15分間、よろしくお付き合いください。


術後3カ月は生え変わりのピークへ

藤川アナ

安藤先生、よろしくお願いします。

安藤

よろしくお願いします。

藤川アナ

まずは私が、ここ親和クリニック大阪で自毛植毛手術を受けて、はや4カ月が過ぎました。いや、早いです。あっという間ですね

安藤

早いです。あっという間ですね。

藤川アナ

先生、今日の私の髪の毛の様子を診ていただきましたが、どうでしたでしょうか。

安藤

チラっと拝見しました。自然な経過からしますと、やはり3カ月あたりがピークに一番毛が生え変わり抜けてしまいますので、今は辛抱の時期かなと思います。ただ、随所に新たな芽が見られますので、今後はそれが育っていってボリュームとして感じられるようになると思います。

藤川アナ

つむじにたくさん毛を植えてもらっていて、私は自分ではどうしても見ることができませんので、どうなっているのかなと思っていました。
髪の毛をセットするときに、ちょっとボリュームが出ないな、ちょっと寂しいなという感じは、確かに今の時期あるのですが、ここから増えてくるということですね。

安藤

期待できると思います。

藤川アナ

嬉しいです。ということは、小さな毛を植えてもらっていますけれども、それが伸びてきたりという状況にあるのですか。

安藤

そういうことです。

藤川アナ

これは楽しみです。ありがとうございます。


髪質の違いは薄毛に影響する?

藤川アナ

では、今日は薄毛の素朴な疑問というか、髪の毛について言われている俗説的なものがどれだけ本当なのかを安藤先生に伺っていきたいと思います。先生、よろしくお願いいたします。

安藤

よろしくお願いします。

藤川アナ

初めに、髪の毛は硬くて太い人と元々細くて柔らかい髪質の人がいらっしゃいますけれども、こういう髪質の違いによって将来は薄毛になりやすい、なりにくいというのはあるのでしょうか。

安藤

こういった状況は、元々生まれつきの体質的なものなので、薄毛にはほとんど影響がない、考える必要がないと思います。ただボリューム感という意味で、現時点で確かに細くて柔らかい人は一見薄毛のように、ハンディキャップのように見えるかもしれません。ですが、必ずしもそれが薄毛に進行することはあり得ませんので、あまり心配することはないと思います。

藤川アナ

あまり関係ないんですね。ただ、見た目のボリューム感は確かに。

安藤

ありますからね。


髪の毛の量は薄毛に関係ある?

藤川アナ

二つ目ですが、元々、髪の毛の量が多い人と少ない人がいらっしゃると思うのですけれども、これも将来は薄毛になりやすい、なりにくいというのは関係があるのですか。

安藤

これも基本的に同じことです。やはり髪の毛の持って生まれた体質的なものがありますので、それが現時点でボリューム感として、少なめの人もいるかもしれない、多めの人もいるかもしれない。ただ、それで将来、薄毛になっていくとはいえないと思います。

藤川アナ

これも因果関係はないのですね。すると子どもの頃には、ものすごく髪の毛がしっかり密集して生えている人でも、もちろん薄毛になる可能性もありますし。

安藤

そうですね。特に、薄毛はなぜ起こるかという根本的な問題になってきますが、体質的に持って生まれた状況から、安易に自分は薄毛になりやすいと懸念したり、心配する必要はないと思います。薄毛の原因には、また別の要因があります。


体毛の濃さと薄毛の因果関係

藤川アナ

これもよく言われますが、体毛が濃い人、毛深い人は薄毛になりやすい、逆に体毛が薄いと薄毛になりにくい、そういうタイプはあるのですか。

安藤

これも迷信です。結論からいうと、医学的根拠は全くありません。

藤川アナ

胸毛がすごく濃い人は頭がちょっと薄いというイメージがありますけれども、これもあまり関係ない?

安藤

男性ホルモンが多いので薄毛になりやすいと言われるのかもしれませんけれども、男性ホルモンがいわゆる薄毛ホルモン、脱毛ホルモンに変化した場合に、そのホルモンがどういうふうに作用するかが最大のポイントです。現時点で濃い方、薄い方、それを懸念する必要は全くないと思います。

藤川アナ

今はホルモンのお話が出ましたけれども、男性ホルモンと女性ホルモンは薄毛に大きく関わってくるのですか。

安藤

薄毛の原因になります。特に薄毛の男の方だと、9割以上がAGAという(男性ホルモンが影響する)男性型脱毛症ですね。

藤川アナ

男性の薄毛の9割がAGAなのですね。


薄毛の原因は男性ホルモンにあり!?

安藤

(AGAの意味は)Androgenetic Alopecia(アンドロジェネティック・アロペシア)、アンドロは男性ホルモンです。そこにジェネティック、遺伝子要因が絡んで発症します。

藤川アナ

男性ホルモンと遺伝子の影響で薄毛になっていく。これが、つまりAGAなのですね。

安藤

ということになりますね。ただ、必ずそれだけでもなくて、環境要因、生活習慣とか、そういうのも含めて総合的に薄毛になっていくので、いろいろなファクターがあることを踏まえて考えていったほうがいいと思います。やはり、主たる原因は男性ホルモンですね。

藤川アナ

男性ホルモンが、どのように働くことによって薄毛は起こっていくのでしょう。

安藤

メカニズムとなると少し複雑です。男性ホルモンにもいろいろありますが、それがある酵素の働きで薄毛を誘導しやすいホルモンに変換されます。
そのホルモンが、今度はホルモンを受け取る側の細胞のレセプターとくっつくことによって、脱毛、薄毛に向かわせる因子が放出されてきます。

藤川アナ

物質が出来上がってしまうのですね。

安藤

出来上がってしまいます。だから、1段階、2段階とあるわけです。それぞれの酵素、あるいはレセプターに絡む要因は、ある程度、遺伝子絡みで解明されてきているのですが、現時点で遺伝に関しては正確に解明されていないのが現状です。

藤川アナ

まだ謎もあるのですね。

安藤

ホルモンが主たる要因で、かつそれに遺伝要因が関係して、さらにそこに生活習慣やストレスが絡み合って起こっていく。現時点では、そう捉えていただければいいのではないかと思います。

藤川アナ

すると睡眠不足や食生活も無視できないけれども、他にもいろいろな要因があるということなのですね。

安藤

そうですね。


薄毛の遺伝要素は○%

藤川アナ

遺伝のお話なのですけれども、やはりお父さんとかおじいちゃんが薄毛だとなりやすいという、傾向みたいなものは分かっているのですか。

安藤

ある程度は分かっていますが、必ずしも正確には言えません。だから、逆にお父さん、お母さん、親族の方が薄毛ではなくても自分は薄毛になる方もいますし、その逆もあります。ご親族の方が薄毛であっても、必ずしも薄毛になるとは限らない。
だから、あまり自分で神経質になることはないと思います。遺伝は大体20~30%ぐらいは関与するのかなという感じですかね。だから、そんなにです。

藤川アナ

意外と低いのですね。

安藤

これから、いろいろ解明されていくと、どの程度のメカニズム、要因で発症するかは、もっと分かってくると思います。現時点では、そんな傾向かと思います。


気になったらまずはお医者さんへ

藤川アナ

すると、われわれが日常生活の中でよく言うのが、「最近、ちょっと毛が薄くなってきたんだ」「おまえ、お父さんとかおじいちゃんが薄い?」「薄いねん」「ほんなら危ないんちゃうか」みたいな会話が、よくありますが。

安藤

よくありますね。

藤川アナ

これは、必ずしもそうとは?

安藤

そうとは限らないです。ただ、もちろん遺伝傾向のなさそうな家系であったとしても、今までに生えている髪の毛の脱毛傾向が多くなった、あるいは産毛が多くなった、そういうことが見られた場合には、男性型脱毛症の発症のきっかけになるかもしれません。
早めに治療すれば、それだけ早めに対応できますので、そういう場合は、あまりご自分で悩まずにクリニックを受診していただければいいと思います。

藤川アナ

つまり自分は毛が濃いタイプだとか、髪の毛が細いとか、おじいちゃんやお父さんが薄いとか、そんなことで思い悩んでいるほうがストレスになってしまうというか。

安藤

時間の無駄ですね。

藤川アナ

薄いなと気になり始めたら、まずはお医者さんに行くのが良いですか?

安藤

それが一番、確実だと思います。

藤川アナ

原因をきちんと調べる。原因が分かったら対処の仕方もあるということですよね。薄毛に悩んでいる皆さん、いろいろな俗説がありますが、あまり関係ないということですので、悩まれているならお医者さんへ行っていただきたいと思います。

今日は親和クリニックの安藤善郎先生に、薄毛の素朴な疑問についてお話を伺いました。安藤先生、どうもありがとうございました。

安藤

ありがとうございました。失礼します。

藤川アナ

いかがでしたでしょうか。薄毛に悩んでいるという方、ぜひ一度、親和クリニックのホームページをご覧ください。親しいに令和の和で、親和クリニックです。ホームページを開いていただきますと、自毛植毛に関する技術、薄毛の治療方法、そしてカウンセリングの申し込みフォームもあります。
そこに打ち込むだけで簡単に無料カウンセリングの予約ができますので、ぜひ親和クリニックのホームページを一度のぞいてみてください。そしてお医者さんに相談するのが、一番の近道だと思います。

藤川のアタマの様子は、今のところ非常に順調です。こうして触ってみますと、チクチクと短い毛を感じることができるようになってきました。東京オリンピックが始まる頃には、私の髪の毛も随分と盛り上がりを見せると親和クリニックの先生にも言っていただいていますので、非常に楽しみにしております。

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約