親和クリニックの医師陣が出演

OBCラジオ大阪
「藤川貴央のクリニック・レポート」
第24回

藤川貴央のクリニック・レポート
第24回

藤川貴央のクリニック・レポート第24回出演、親和クリニック安藤医師とパーソナリティの藤川アナ
放送日
2020.7.4
出演
親和クリニック医師安藤善郎
主な内容
「自毛植毛の技術」

藤川アナ

こんばんは、ラジオ大阪アナウンサーの藤川貴央です。20歳の頃から薄毛を気にしていた、私。一念発起しまして自毛植毛の親和クリニック大阪院で、自分の後頭部の毛を毛根ごと採取して、薄い部分に植えるという手術を受けました。これで薄毛の悩みともさよならです。

この番組では、皆さんにも同じ悩みを少しでも解決していただこうと、毎月1週目と3週目は親和クリニックの先生方に薄毛に関するお話を伺います。それでは今週も15分間、よろしくお付き合いください。


自毛植毛手術でストレス軽減!

藤川アナ

私が親和クリニック大阪で自毛植毛手術を受けてから、ちょうど8カ月が経過しました。安藤先生、よろしくお願いいたします。

安藤

よろしくお願いします。

藤川アナ

今、私の頭皮の状態を診ていただきましたが、いかがでしたか。

安藤

術後の経過としては全く問題ないと思います。生えている毛もしっかり増えてきておりますし、ボリューム感としても今が一番達成感を感じられる時期ではないでしょうか。

藤川アナ

おっしゃるとおり、スタイリングをするときに、こんなに髪の毛があったかなと思うことが増えました。今までは心の片隅に自分は毛が薄いなという悩みがあったのですけれど、最近は忘れているときがあるんです。ストレスが全然違います。

安藤

それが目的で我々もやっていますので、本当に良かったです。

藤川アナ

おかげさまで、ありがとうございました。毎日の生活、心の向きが変わってきますので、悩んでいらっしゃる方は、ぜひ一度相談に来ていただきたいと思います。

安藤

よろしくお願いします。


ドクターの技量は経験とともに磨かれる

藤川アナ

さて今回は、「自毛植毛の技術」について、詳しくお話を伺いたいと思います。自毛植毛手術は通常の手術と少し違うところがありますよね。ドクターとしては、どういった技術が必要になってくるのでしょうか。

安藤

非常に細かい作業であることは間違いありません。移植手術ですから、ドナーを採ることから始まり、今度はそれを植え付けるためにホールを開け、そして移植という作業、大きくこの3段階に分かれます。

藤川アナ

先生ご自身は子どもの頃から手先は器用でしたか。

安藤

自分では器用なほうだと思います。ただ、私は外科を選びましたけれども、手術に際して器用な人でないと外科ができないわけではありません。技量は経験とともに磨かれていきますので、器用かどうかを気にされて最初からできないと決め付ける必要はないと思います。

藤川アナ

では、自分は不器用だから外科は無理かもしれないと思う必要はないのですね。

安藤

あと自毛植毛の髪の毛の手術は、どうしても視力が要求されますので、目が見えないとどうしようもありません。その辺が普通の手術と違う感じがします。

藤川アナ

先生は眼鏡をかけていらっしゃいませんよね。

安藤

今現在は裸眼ですけれども、手術のときには拡大ルーペをかけています。

藤川アナ

やはり、大きく拡大してご覧になるのですね。技術を維持するために、何か練習やトレーニングをされますか。

安藤

特に練習用のグッズはありません。ただ、例えばうちの場合、移植するための機械はナースが担当しますが、それはマネキンでトレーニングができます。
我々ドクターサイドは患者さん一人一人が貴重な経験になりますので、少しずつ株数を増やしてトレーニングをして、日々の経験が実力となっていくという状況です。


正確な見極めとスピード感を大切に

藤川アナ

やはり、たくさんの症例をこなすことで技術を磨き維持していくのですね。
先ほども伺いましたが、具体的な作業内容としては、まず髪の毛を採ってくるのですか。

安藤

そうですね。まず採ることができる範囲の領域を設定して、そこを大体1mmの髪の毛が出る程度に刈り上げます。

藤川アナ

私も刈り上げてもらいました。

安藤

はい。実際には、そこから株を採る作業に入ります。

藤川アナ

一つ一つ採っていくわけですよね。

安藤

そうです。そこが一番大変なところかもしれません。

藤川アナ

元気な株を見極める目も必要ですものね。

安藤

だから、視力が大切です。あとは個人や場所によっても、髪の毛一つ一つの生えている向きや状況、頭皮の硬さが全然違いますので、その辺が一番難しいところかもしれませんね。経験とともに実力が付いていくのだと思います。

藤川アナ

これをくり抜いて一つ一つ採ってからは、移植する部分に穴を開ける、これも難しい作業ですよね。

安藤

移植はナースが行いますが、きちんとした穴を開けないと、うまく移植片が入らない場合もありますので、これも大事な作業です。

藤川アナ

私の場合は1,000株植えていただきましたので、1,000個の穴を開けてもらったということですよね。

安藤

そういうことです。

藤川アナ

開けた穴に今度は先ほど採った株を植えていく、これはピンセットのようなもので植えるのですか。

安藤

空気圧式の機械なのですが、空気で吸引して押し出していきます。もちろん入りにくい場合は、ピンセットで開けたホールを少し広げて手作業で行う場合もあります。ただ、1,000~2,000とやっていくのは時間との闘いなので、スピーディーな操作が要求されます。非常にアイデアを駆使して、できるだけスピーディーにやることが一番大切です。

藤川アナ

大変ですよね。せっかく採った株は新鮮なうちにたくさん植えるということですね。

安藤

はい。


日帰り手術OK!数千株を丹念に植え付け

藤川アナ

この方法がくり抜くFUE法ですか。

安藤

そうですね。毛包単位のくり抜き法がFUEという横文字で呼ばれています。それとともにFUSSという、皮膚を切り取って後から株分けして移植するという従来のやり方もあります。植毛は大きく分けて、この二つです。ただし、今、うちではFUE以外は、やっていません。

藤川アナ

スピーディーにというお話でしたが、どれぐらいの時間で、どれぐらいの株数を移植するものなのでしょう。

安藤

これはテクニックや患者さんの難易度にもよりますが、全部、局所麻酔の日帰り手術で行います。1日に4,000~5,000株を採ることもありますが、最近はマックスでも大体3,000~3,500株ぐらいですかね。全ての作業をトータルすると、1,000株当たり2~3時間かかる場合もあります。

藤川アナ

逆に2~3時間で、できるのがすごいですね。

安藤

2,000株になると4~6時間かかりますし、3,000株になるとまた相当かかってきますが、丹念にやっていくしかありません。

藤川アナ

集中力を途切れさせずに細かい作業を続けていくのは大変なことですよね。

安藤

頑張って行っています。

藤川アナ

私たち側は、うとうとしているだけですから楽なんです。

安藤

でも姿勢をずっと長くキープしなくてはいけないのも大変かと思います。

藤川アナ

すみません。私は寝ていただけで気付いたら終わっていました。

安藤

鎮静剤を使って、できるだけ対応します。


ドクターが一人前になるにはどれくらいの経験が必要?

藤川アナ

お医者さんとして、自毛植毛手術で一人前になるには、どれぐらいの経験が必要なのでしょうか。

安藤

研修といって最低1カ月間ぐらいは、手術の多いクリニックで経験を積みます。集中した研修を経過した上で、その後は最初から一発勝負といきますので、あとは経験です。一つ一つ丁寧にやっていって、それを実績として、その経験を基にまた腕を磨きます。

藤川アナ

積み重ねていくのですね。

安藤

一般の外科手術と違って、手取り足取り先輩の先生にやってもらうわけにはいきませんので、少し難しい面はあります。

藤川アナ

安藤先生がお感じになる一番大変なところと、やりがいはどのあたりでしょう。

安藤

先ほどもちらっと言いましたが、我々は株を採るほうで、穴を開けること自体はそれほど難しくないですが、やはり個人差と場所によっても採りにくい、採りやすいがありますので、その辺が一番難しいところです。

藤川アナ

その見極めが大切なのですね。

安藤

だからスピーディーに終わる場合も、時間がかかる場合も、いろいろあります。


患者さんの喜びがドクターの喜び

藤川アナ

先生が一番喜びを感じるところは?

安藤

やはり、患者さんが植毛を希望して来院されて、終わった後の満足感や喜び、あるいは感謝の気持ちは医者冥利に尽きると思います。私も外科をやってきて、患者さんに喜んでいただけるのに越したことはないので、感謝の気持ちが一番嬉しいです。

藤川アナ

私も先生に改めて感謝をお伝えしたいと思います。本当に、ありがとうございました。

安藤

いえいえ、こちらこそ本当に、ありがとうございました。

藤川アナ

今日は親和クリニックの安藤善郎先生に、「自毛植毛の技術」についてお話を伺いました。先生、どうもありがとうございました。

ここでお知らせです。この番組『クリニックレポート』でおなじみ、親和クリニック総院長の音田正光先生の電子書籍が好評発売中です。
タイトルは、『植毛の進化論!本気で薄毛に向き合う人が読む本』。薄毛は隠す、ごまかすから治す時代に入っています。自毛植毛の手法や効果、費用やメリット・デメリットについて、親和クリニックの音田正光先生が分かりやすく教えてくださっているという内容になっています。
オールカラーの電子書籍です。Amazon、楽天、アップルなどの大手電子書籍取り扱いストアで購入できます。お値段は税抜500円、ぜひお読みください。

また、親和クリニックの公式サイトでは、『クリニックレポート』の過去の放送を文字起こししたものが掲載されています。親和クリニックのトップページ中ほどに「『藤川貴央のクリニックレポート』書き起こしアーカイブ」という部分がありますので、これをクリックしてぜひ読んでください。
そしてお悩みの方、ホームページからカウンセリング予約をすることができます。一度、お医者さんに相談してみてくださいね。

植毛の進化論! 本気で薄毛に向き合う人が読む本

植毛の進化論! 本気で薄毛に向き合う人が読む本

■著者:音田 正光

■制作:KKベストセラーズ

■販売:2020年4月30日

■体裁:電子書籍(オールカラー)

■販売:amazon、楽天、Appleなどの大手電子書籍取扱いストア

Amazonの本著紹介 楽天ブックスの本著紹介

薄毛革命「自毛主義」のすすめ

薄毛革命「自毛主義」のすすめ

■著者:音田 正光

■制作:幻冬舎

■販売:2020年5月28日

■体裁:電子書籍(オールカラー)

■販売:amazon、楽天、Appleなどの大手電子書籍取扱いストア

Amazonの本著紹介 楽天ブックスの本著紹介

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約

PAGE
TOP