親和クリニックの医師陣が出演

OBCラジオ大阪
「藤川貴央のクリニック・レポート」
第34回

藤川貴央のクリニック・レポート
第34回

藤川貴央のクリニック・レポート第34回出演、親和クリニック安藤医師とパーソナリティの藤川アナ
放送日
2020.12.05
出演
親和クリニック医師安藤善郎
主な内容
「安藤医師の経歴と専門について」

藤川アナ

『藤川貴央のクリニックレポート』。
こんばんは、ラジオ大阪アナウンサーの藤川貴央です。年齢や性別に関係なく薄毛は悩みの種ですよね。見た目も気になるし、精神的にもつらいです。私も20歳の頃から薄毛に悩んでいましたが、自毛植毛の親和クリニック大阪院で手術を受けて、そんな悩みも解決しました。身も心もスッキリ、頭はフッサリ!

この番組では、皆さんにも同じ悩みを少しでも解決していただこうと、毎月1週目と3週目は親和クリニックの先生方に薄毛や髪の毛に関するお話を伺います。それでは聞き逃すことのでない15分間、よろしくお付き合いください。


自毛植毛手術から1年!既存毛を残す対策を徹底

藤川アナ

今週は親和クリニックの安藤善郎先生にお話を伺ってまいりました。どうぞお聞きください。

さて、今回は安藤善郎先生にお話を伺います。先生、よろしくお願いいたします。ここ親和クリニック大阪で私が自毛植毛の手術を受けてから、もう1年と1ヶ月、1年以上が経過いたしました。

安藤

早いものですね。

藤川アナ

おかげさまで薄毛の悩みから解放されたのですけれども、手術が終わって1年後が完成ということでしたよね。完成してからのケアとしては、どのようなことに気を付ければいいでしょうか。

安藤

まず、手術後の影響に関しては何の心配もありませんので、洗髪はどのようにされても構いません。ただ、AGAの症状は今後も進行する可能性がありますので、それに対する対応は日々継続していく必要があります。

藤川アナ

今ある毛を、どれだけ残すかということですよね。具体的には、飲み薬や頭皮の環境を整える、よく寝て、よく食べる、免疫力を高める。これはコロナ対策とも共通するところがありますよね。

安藤

そうですね。体調を整えていきましょう。


医師を志すきっかけは おじのススメ

藤川アナ

安藤先生ご自身のことを、あまり伺ったことがなかったなと思いまして、今回は「安藤先生とは、どんな先生なのか?」というテーマで語っていただきたいと思います。
先生がお医者さんを目指したきっかけは何だったのでしょう?

安藤

私のおじのアドバイスです。うちの親戚家系に医者はいないのですが、ひと際おじは家庭医学など、医学的な知識に興味があったものですから、「医師になってみたらどうだ?」というアドバイスを受けました。それが最初のきっかけだったかもしれません。

藤川アナ

それは何歳ぐらいのときですか。

安藤

高校時代ですね。

藤川アナ

先生は福島県内の高校に通っていらっしゃって、そこからお医者さんになろうと思われたのですか。

安藤

そうですね。高校時代です。

藤川アナ

先生は優秀だったのでしょうね。なかなか高校生でお医者さんになろうと思っても、学力が足りなければなれないですもんね。


自身の腕で治療を行うという実感

藤川アナ

それで医学部に進学されて。お医者さんになるといっても、外科や内科といろいろな科がありますよね。その中では、どこを志望されていたのですか。

安藤

実は私が学生時代におじが胃がんを患ってしまい、外科の先生から手術に立ち会わせてもらうことになりました。それが最初に外科を志すきっかけとなりました。

藤川アナ

手術を見せてもらえたのですか。

安藤

はい。やはり、手術をしないと助からない病気、あるいは緊急疾患で手術をしないと命に支障を来す場合に、自分の腕で直接手を下して治療をしたという実感が湧く診療科という意味では、外科がいいのかなということで目指すことになりました。

藤川アナ

外科医としての修行は、大変だったのではないでしょうか。

安藤

それは全ての科にいえますが、学習が必要なことに加えて、外科はテクニカル的な要素もあるので、大変だといえば大変ですよね。体が持たないぐらいに忙しい日々でした。

藤川アナ

体力も要りますよね。ミリ単位の正確さが要求されるわけですもんね。切って縫う、どのように練習するのですか。

安藤

外科といってもさまざまな分野がありますが、私の専門はダイナミックな消化器外科でしたから、あまり細かい操作はありませんでした。
ただ、もちろん消化管の縫合で切ったものを縫う際には細かいテクニックが必要とされます。それは、訓練によってだんだんと備わっていくものではないかと思いますが、ある程度の素質もあるのかなと思っています。自分で言うのもなんですが、私はどちらかというと手は器用なほうだったので、何とかやれていたのかもしれません。


消化器癌の専門医から薄毛治療へ

藤川アナ

その後、先生のご専門分野は、どの方向に向かっていったのでしょう。

安藤

私の専門は消化器系の癌です。食道がん、胃がん、大腸がんなど、口から入って肛門に出るという管を専門として、特に癌の研究をしています。

藤川アナ

癌治療も、この数十年でものすごく進歩しましたよね。

安藤

そうですね。特に大腸がんは、本当にすごいです。手術以外に治療法のなかった大腸がんが、化学療法が発達することによって、どんどん生存率が上がってきましたので、非常に画期的な現象だと思います。
うちで言う薄毛のMIRAI法もそうですが、手術手技においても腹腔鏡下など低侵襲手術が発達してきました。

藤川アナ

傷が少ない手術ということですね。

安藤

そうですね。そのような低侵襲手術の技術も、どんどん進んでいく時代になりました。

藤川アナ

癌の専門医でいらっしゃった専門医が、どうして植毛の分野に来られたのですか。

安藤

外科の救急医療は忙しいものですから、定年という年齢が近づいてきて体力的なことも考える必要が出てきました。そこで、たまたま音田総院長と私の出身地が全く同じで、大学も同じで、診療グループも同じだったものですから。

藤川アナ

音田先生は、大学の先輩に当たるのですか。

安藤

私が先輩です。音田先生が、こちらで薄毛治療をなさっていたのを存じていましたし、私自身も京都に来てずっと外科診療をしていて、時々コミュニケーションを取っていました。同じ出身地の気心知れている仲ということもあって、ある時期、一緒に手伝ってくれないかというお話をいただきました。そういうこともあって、非常に感謝しています。

それから、私はここ10年ぐらい創傷治療という傷の治療を専門にしていたので、そういった治療を植毛手術に生かせないかということもあって、ぜひぜひと音田先生に誘われたのが始まりです。


頭皮の状態を見定めスピーディーに移植する

藤川アナ

先生がこれまで手掛けてこられた外科手術と植毛手術の技術面で共通しているところ、逆に違うなと思われたところは、どんな部分でしょう?

安藤

おなかの中の手術と頭の手術に、あまり共通の部分はないと思います。ただ、消化管の手術も薄毛治療も細かい技術が要求されます。それにプラスして、薄毛治療では、かなり視力を要しますから、当然、目の疲労はたまります。

藤川アナ

1,000株、2,000株をスピーディーに小さな穴に植えていく作業ですもんね。

安藤

一見、単純ですが奥深いものがあります。

藤川アナ

どういったところで、そうお感じになりますか。

安藤

薄毛治療手術は、ドナーから株を採って、移植ホールを空け、移植するという三つの大きな段階に分かれます。株の採取自体が大変な作業で、これが一番のメインですね。なぜかというと個人差があって、やりやすい人、やりにくい人、個人によってもやりやすい所、やりにくい所がありますし、頭皮の硬さなど、いろいろな条件が重なってきますので、やはり奥深いものです。

藤川アナ

新鮮な状態で株を傷つけないように、なおかつ確実にスピーディーに採っていく。これは、すごい技術ですよね。


手術と術後ケアのスペシャリスト

藤川アナ

先生は、傷口治療の研究をなさっていたということですが、その研究が植毛手術の技術に生かせている部分は、どんなところでしょう。

安藤

手術そのものの技術とは直接関係ありませんが、創傷治癒の理論からして、こういった処置をしたほうがいいですよという術後を含めたお話、あるいは創傷被覆材の利用に関してもアドバイスを行えます。
消毒は正常組織を凝固させてしまって、キズを傷めて治らなくしてしまいますので、今は基本的に消毒などはしない方向に進んでいます。そういった知識も含めて、創傷治療の観点からアドバイスをしながら、より良い方向に向かっていこうと努力しています。

藤川アナ

親和クリニックにおいて安藤先生は、手術のスペシャリストでもあり、術後ケアのスペシャリストでもいらっしゃるのですね。

安藤

創傷治療の面にも、多少、薄毛の原因が絡んできます。傷は乾燥に弱いですが、薄毛にも乾燥が絡んでいるなど、通じるものがあるんです。


薄毛治療で確実な結果をご提供

藤川アナ

では最後に、先生ご自身が患者さんと向き合う上で、一番大切になさっていることを伺えますか。

安藤

外科も自毛植毛も結果が出ますので、結果に対して患者さまが喜ばれて感謝されるのは医者冥利に尽きるものです。外科医としての診療経験を生かして、薄毛に対して悩んでいらっしゃる患者さまへ少しでもサービスを提供できるならば、それに越したことはないなと思ってやっております。

藤川アナ

素晴らしいですね。リスナーの皆さん、こんな良い先生が親和クリニックにいらっしゃいますので、ぜひお悩みの方は相談してみてください。
今日は、親和クリニックの安藤先生にお話を伺いました。安藤先生、ありがとうございました。

安藤

ありがとうございました。

藤川アナ

いかがでしたでしょうか。この番組『藤川貴央のクリニックレポート』でおなじみ、親和クリニック総院長の音田正光先生の電子書籍が好評販売中です。タイトルは、『植毛の進化論! 本気で薄毛に向き合う人が読む本』。
薄毛は隠す、ごまかすから治す時代に入りました。うれしいですね。自毛植毛の手法や効果、費用、メリット・デメリットについて、親和クリニック総院長の音田正光先生が分かりやすく教えてくださる内容になっています。オールカラーの電子書籍です。
Amazon、楽天、アップルなど大手電子書籍取り扱いストアで買うことができます。お値段は税抜500円です。ぜひお読みください。

それでは、また来週、お耳にかかりましょう。

植毛の進化論! 本気で薄毛に向き合う人が読む本

植毛の進化論! 本気で薄毛に向き合う人が読む本

■著者:音田 正光

■制作:KKベストセラーズ

■販売:2020年4月30日

■体裁:電子書籍(オールカラー)

■販売:amazon、楽天、Appleなどの大手電子書籍取扱いストア

Amazonの本著紹介 楽天ブックスの本著紹介

薄毛革命「自毛主義」のすすめ

薄毛革命「自毛主義」のすすめ

■著者:音田 正光

■制作:幻冬舎

■販売:2020年5月28日

■体裁:電子書籍(オールカラー)

■販売:amazon、楽天、Appleなどの大手電子書籍取扱いストア

Amazonの本著紹介 楽天ブックスの本著紹介

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約

PAGE
TOP