親和クリニックの医師陣が出演

OBCラジオ大阪
藤川貴央のクリニックレポート
第54回

「自毛植毛の医療機器と技術について」

藤川貴央のクリニック・レポート第54回出演、親和クリニック水村医師とパーソナリティの藤川アナ
放送日
2021.10.16
出演
親和クリニック医師水村奈央
主な内容
「自毛植毛の医療機器と技術について」

藤川アナ

『藤川貴央のクリニックレポート』。
こんばんは、ラジオ大阪アナウンサーの藤川貴央です。年齢や性別に関係なく薄毛は悩みの種ですよね。見た目も気になりますし、精神的にもつらいです。私も20歳の頃から薄毛に悩んでいましたが、自毛植毛の親和クリニック大阪院で手術を受けて、そんな悩みも解決しました。身も心もスッキリ、頭はフッサリ!

この番組では、皆さんにも同じ悩みを少しでも解決していただこうと、毎月1週目と3週目は親和クリニックの先生に薄毛や髪の毛に関するお話を伺います。それでは、聞き逃すことのできない15分間、よろしくお付き合いください。


1mm以下の世界!細いパンチブレードで株を採取

藤川アナ

今回は水村先生に、「自毛植毛の施術」について詳しい話を伺ってまいります。よろしくお願いいたします。まず自毛植毛手術に使用する機械について、詳しく教えていただけますか?

水村

使用しているのはパンチブレードといって、穴開けパンチのようなものですが、一番大事な肝は、それが回転していることです。

藤川アナ

どのように回転するのでしょうか?

水村

軸はずっと同じところで回転しています。その軸がぶれてしまうと駄目で、理想は回っていないように見えるぐらい同じ位置にあることです。包丁が押したり引いたりしないと切れないのと同様に、パンチブレードの刃も動いていないと切れません。そういう意味で、回っている丸い穴を開けるような機械で一つ一つグラフトを採取していきます。

藤川アナ

つまり、細い筒が高速回転しているということですね。見た目はペンのようなイメージですか?

水村

ペンより少し太いですかね。ただ、持つところは太めですが先端のパンチ自体は非常に細いですね。

藤川アナ

それこそシャープペンシルの先っぽぐらいでしょうか。直径で言うと1mmないのですよね。

水村

その表現が一番いいかもしれません。採ってくるのは0.83mmの株が多く、毛穴を作は0.63mmか0.65mmで開けていきます。


あなたの“理想”に応える植毛技術

藤川アナ

直径0.83mmの毛根ごと採ってくるということですか?

水村

そうですね。毛穴に比べて採取する株のほうが太いことが肝で、ちょっとだけ太い毛根を入れることによって毛が抜けにくくなりますし、さらにグラフトで蓋をすることによって止血効果もありますね。

藤川アナ

つまり栓をしてしまうわけですね。上の穴が0.6mmでしょう。採ってきた株は0.8mmで入るのでしょうか?

水村

細胞の移植は手で触って傷ついてしまうといけないので、空気圧で押し出して入れていく形になりますので、本当にぴったりと入っていきます。

藤川アナ

スポンスポンと入れていくんですね。パンチブレードと呼ばれる機械で採って、0.6mmの穴はまた別の機械で開けるのですか?

水村

パンチを入れ替えているだけなので、もともとの機械自体は同じです。

藤川アナ

空気圧で太い株を細い穴に押し込んでいく。それによって、ぴったり収まると。うまいこと考えましたよね。素晴らしい技術です。こんなに良い技術があるんだと感動するぐらいです。

水村

薬では思い通りに毛を生やすというのはうまくいかないこともありますが、穴はどこにでも開けられますので、ご自身の理想の生え際になれます。なりたい生え際のイメージを持ち込んでくださる方もいらっしゃるんですよ。

藤川アナ

芸能人の写真などを出して、こんなふうにしてくれ。なるかあ!と(笑)。

水村

でも、なられる方もいますよ(笑)。

藤川アナ

髪の毛はなりますけれど、顔は知らないですよという話ですね。でも気持ちが全然、違いますよね。

水村

そうですね。気持ちが上がるような生え際にできたらと思っています。

藤川アナ

気持ちが上がる生え際”というフレーズはいいですね。髪型は、とても大切です。
前頭部から順番に生え際が上がっていってしまうタイプの方にとっては、生え際に少し毛を足すだけでも随分と印象が変わりますよね。

水村

できる髪型にバリエーションが増えてくるので、生活に潤いが出るかと思います。


ロボット or 人の手 植毛に適しているのは?

藤川アナ

前向きになります。一般的な他の病院でも行われている自毛植毛手術と親和クリニックの自毛植毛手術は、どのようなところが違うのでしょう?

水村

親和クリニックではパンチブレードを使用しています。他のクリニックさんでも移植作業は人の手でしていると思いますが、採取はARTASというロボットで行っているところがあるとはお聞きします。

藤川アナ

ロボットとは、何か怖いですね。

水村

どのような設定なのかは、実際に見たことがないので分からないのですが、1人の人でも同じ向きに毛が生えているわけではなく、側頭部や後頭部で生え方が全く違います。人の手でやる場合でも、非常に精密さが求められますから、その設定をどうしているのかな?と気になりますね。

藤川アナ

一律の設定では、なかなか難しいですか?

水村

なかなかできないと思います。毛を感知して採ってくる技術があると、情報としては耳にしたことがあります。

藤川アナ

一方、親和クリニックでは先生がしっかり見て、毛の生え方や方向をきちんと把握した上で採ってくると。

水村

くせ毛で一本一本の性質が違う方もいらっしゃるので、合わせながら向きを考えて採ってくるようにしています。


オリジナル機材と経験豊富な医師陣

藤川アナ

移植に適している株かどうかも関係しているのですよね。

水村

そうですね。太めのグラフトの方や、生き生きしているグラフトの方は元気だから期待できそうだ、ちゃんと育つんだぞと思いながら採っています。

藤川アナ

先生の優しいお気持ちが出ていますよね。引っ越し先でも頑張って育てよと。

水村

新天地でも伸び伸び暮らしてほしいなと思いながら採っています。

藤川アナ

まさに伸び伸びと。親和クリニックで使われている機械は、クリニック独自に開発されたオリジナルのものなんですよね。

水村

の通りです。MIRAI法に不可欠で、この機械がないと手術はできません。軸が変わらない回るパンチは、親和クリニック独自のものです。

藤川アナ

機材もすごいですが、やはり使うお医者さんにも高い技術力も求められそうです。

水村

専門となるので、一回見てできるものではありません。いつも同じ作業なのかな?という印象を持たれるのですが、人によって毛の生え方や症状は全く違うので、私はやる手術一つ一つに新たな発見がありますね。

藤川アナ

経験と技が求められます。経験を積めば積むほど技術力も向上していくということですね。そんな先生の集団が親和クリニックということです。


術後の煩わしさゼロ!進化したNC-MIRAI法

藤川アナ

私が2年前に受けた手術はMIRAI法ですが、バージョンアップしたNC-MIRAI法というものがあります。NC-MIRAI法についても詳しく教えていただけますか?

水村

MIRAI法はグラフトを採取する際に、後頭部を刈り上げます。バリカンで少し広範囲を刈り上げてから手術を行い、術後はカバーシートといって部分ウィッグのようなものを付けなくてはいけない場合もあります。刈り上げたままで生活される方もいらっしゃいますが、どうしても傷跡が見えてしまうので部分ウィッグは不可欠かなと思います。
一方、NC-MIRAI法は刈り上げずに行いますので、術後すぐに髪の毛を洗ったら元通りの髪型です。そのまま仕事やレジャーに出掛けても外見上は違和感がありません。

藤川アナ

外見上で誰かに「何かやったの?」と言われることは、まず考えられないですよね。すごく至近距離で後頭部の髪の毛をめくって見たら……。

水村

そうすれば分かってしまうかもしれないのですが、そこまで凝視されなければ誰にも分かりませんね。

藤川アナ

家族以外で、そんなシチュエーションはあり得ないですもんね。誰にも知られず植毛手術を受けたい、そのリスクをゼロにしたいという方にとっては、NC-MIRAI法は素晴らしい方法ですね。

水村

術後の煩わしさは、ほとんどないと言っていいですね。

藤川アナ

実は私、先月、NC-MIRAI法で2度目の手術を受けてまいりました。先生のおっしゃったとおりでした。実際に受けて、どんな感じだったかというお話は、次回詳しくお伝えしたいと思います。

今日は親和クリニックの水村先生に自毛植毛の施術について、お話を伺いました。先生、どうもありがとうございました。

水村

ありがとうございました。

藤川アナ

ここでお知らせです。『藤川貴央のクリニックレポート』でおなじみ、親和クリニックの先生方による共著、『薄毛は医療で治す』が好評販売中です。この本では変化を見せつつある薄毛の悩みの傾向や科学的根拠に乏しい薄毛ビジネスの問題にも触れつつ、最前線の自毛植毛手術を含めた医学的アプローチによる薄毛治療の実態を、あますところなく解説しています。帯には、超魔術師Mr.マリックさん。Mr.マリックさんも親和クリニックで手術を受けられたそうです。「手術を受けたという感覚もないくらい『あっという間』でした。薄毛治療の超魔術です!」とコメントを寄せています。幻冬舎『薄毛は医療で治す』は税込み880円。全国の書店で販売中です。電子書籍版もあります。ぜひお読みください。

お別れの時間になりました。ここまでのお相手はラジオ大阪アナウンサー、藤川貴央でした。それでは、また来週、お耳にかかりましょう。

薄毛は医療で治す 書籍紹介

薄毛は医療で治す

■著者:音田 正光 中山樹一郎/滝田賢一/福島俊彦/安藤善郎/図師伸一郎

■発行:幻冬舎

■販売:2021年7月30日

■体裁:新書(本体800円+税)、電子書籍(オールカラー)

■販売:全国有名書店、amazon、楽天、Appleなどの大手電子書籍取扱いストア

Amazonの書籍紹介

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

信頼のカウンセリング

最善の医療で、 患者さまのお悩みにお応えします

髪のお悩みの中でも特に薄毛は、誰にも相談することができず、長年一人で悩まれている方が多い印象があります。
私たちはどんな方にも安心してご相談いただけるよう、話しやすい雰囲気を大切にし、患者様に最善の医療をご提供するため、専門知識、技術の研鑽に努め、本質的な問題解決に導く最大限のお手伝いを心がけています。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談ください。

お電話でのお問合せ

電話受付:9:30 - 19:00

新宿院直通  0120-2323-24
銀座院直通  0120-3888-77
名古屋院直通 0120-3737-57
大阪院直通  0120-1212-16
福岡院直通  0120-6767-69