親和クリニックの医師陣が出演

OBCラジオ大阪
藤川貴央のクリニックレポート
第62回

髪型と薄毛の関係について

藤川貴央のクリニック・レポート第61回出演、親和クリニック安藤院長とパーソナリティの藤川アナ
放送日
2022.2.19
出演
親和クリニック医師安藤善郎
主な内容
「髪型と薄毛の関係について」

手術後の髪型のボリュームの変化について

藤川アナ

さて今回は、髪型と薄毛の関係について安藤先生よりお話をいたします。
安藤先生、よろしくお願いいたします。

安藤

よろしくお願いいたします。

藤川アナ

私も自毛植毛手術を2回受けまして、随分好きな髪型ができるようになりました。ペタッとしなくなったといいますか、ボリュームが出てくるようになると選択肢も増えますよね。しかし、髪にとって良くない髪型というのはどんなものでしょうか。

安藤

それは薄毛との関係というものですか。

藤川アナ

はい。こういう髪型にすると薄毛のリスクが高まりますよみたいな髪型はあるのでしょうか。

安藤

そうですね。私はどちらかというと髪型を気にしない方ですから、ほとんど無知なので申し訳ないのですけれども。


髪の毛に力が入り続けていることで受ける影響とは

藤川アナ

安藤先生はナチュラルな髪型ですよね。

安藤

そうですね。ただし、どういう髪型にしようかについて、薄毛との関連性は基本的にないと思いますね。どういう髪型にしたら薄毛になるとか、そういうことはないと思いますけど。ただし、問題はその髪型を作る際の物理的な要因ですかね。何かしら引っ張ったり、牽引力というか。あと、整髪料などどうしても使いますよね。そうすると、頭皮に悪影響を及ぼす。それは脱毛に繋がる可能性があるのではないかと思いますね。

藤川アナ

牽引する、引っ張るというと男性ではオールバックにするとか後ろで束ねて縛るとか。女性でもお団子にしてぎゅっとひづめている人もいらっしゃいますよね。

安藤

そうですね。それが長い間力が加わり続けると、やはり、知らない間にその辺りは抜けていく頻度が高くなるのではないでしょうか。

藤川アナ

はい。あと、整髪料でガチガチに固めたりテカテカになったりしていらっしゃる人もたまにいますけれども、やはり、頭皮に付くのはよろしくありませんね。

安藤

基本的に頭皮に付かないようにできるかというと、それは難しいかと思いますけれども。ただし、頭皮に付いたからというよりも、長い間付けておかないことですね。付けたら洗い落とすということが大事ですね。

藤川アナ

それは基本ですよね。付けたまま、今日は疲れたからそのまま寝ようとするのは絶対ダメですね。お相撲さんって、油付けて髷を結いますよね。すると、先生の今のお話を総合しますと、あの髪型は良くなさそうですね。

安藤

引っ張ったりしていますし、油をベタベタ付けてしまったりしているので頭皮に悪影響がないとは言えませんね。

藤川アナ

もしかして、悩んでいらっしゃる方もおられるかもしれませんね。


頭皮にも整髪料が付いてしまうことへの影響とは

藤川アナ

スプレーの整髪料もありますけども、これは頭皮にもかかるわけですが、どうなのでしょうか。

安藤

スプレーの成分が、頭皮にかかるということになりますと、毛穴が詰まってしまうということになりますので、どうしても発毛に関してハンデギャップができてしまいますね。あと、お風呂に入ると、結構温まるわけですね。お風呂に入って頭を温めると、分泌物が増してきますので良く汗をかかせるわけなのですね。そうすると、毛穴に詰まっていたものが良く排出されるということですね。なので、入浴は夜寝る前に入るのが一番良いと思いますね。

藤川アナ

シャワーだけで済ませる方も多いですけど、そうではなくてしっかり温まる。しっかり汗をかいて毛穴から汚れを出す。それをシャンプーで落とすということですね。

安藤

そうですね。

藤川アナ

やはり、どんな整髪料を使っていてもきちんと洗う、落とす。

安藤

それが基本だと思いますね。

藤川アナ

そうですよね。ジェル状の整髪料で表面がパリパリになっている人もたまに見かけますが、こういう風に固める髪型というのはどうなのでしょうか。中で蒸れたりはしないのでしょうか。

安藤

適度な量であれば大丈夫だと思いますけどね。やはり、それも同じようにジェルですから頭皮への影響は注意しなければならないと思いますね。やはり、ジェルは界面活性剤というものがかなり入っていて、それにより頭皮にダメージがありますので、頭皮の乾燥の原因になったりフケが出たりなどが起こりますね。そういったことが一番問題になってきますね。


髪の分け目の作り方による影響とは

藤川アナ

あと、分け目において、同じ所にずっと分け目を作っているとその部分から薄毛になってしまう心配があるという人もいると思いますが、これは本当なのでしょうか。

安藤

そうですね。特に女性だと牽引性脱毛が多いですね。同じ部分を分け続けるとどうしてもそこが薄くなってしまいますね。

藤川アナ

やはりあるのですね。定期的に分け目を右から左へ、左から右へと変えていく方が良いのでしょうか。

安藤

その方がいいとは思いますけどね。ただ、どれだけの期間、どれだけの力が加わっているか、それは分かりませんし個人差もありますので、一概にはありません。ただ、引っ張られてしまうことに関していえば、同じ場所を何回も引っ張り続けるとどうしても毛が弱くなってしまいます。

藤川アナ

ずっと同じ分け目をされている人は、たまには反対側の分け目に変えてみる方が良いかもしれませんね。


整髪料の使い方とは

藤川アナ

頭皮に影響のない整髪料の上手な使い方とは。

安藤

そうですね。上手な使い方というよりは注意点として、なるべく長時間整髪料を付けっぱなしにしないということですね。あとは付けすぎないようにすることと地肌にできるだけ付けないように触れないようにする。難しいかと思いますけどその辺が基本であると思います。

藤川アナ

私も美容師さんから、頭皮に付けないようにワックスをわーッと付けて下さいね、という風に言われました。頭皮に付けてしまうと髪の毛がペタッと寝てしまうのだそうです。なので、髪型・ヘアスタイルをカッコよくするためにも、あまり頭皮には付けないということが良いかもしれませんね。

安藤

そうですね。

藤川アナ

付いてしまった際はきっちり最後まで洗いましょうと。洗ってしっかり乾かしてから寝ましょうということですね。


薄毛を目立たせないような髪型はあるの

藤川アナ

薄毛が気になりだした時には、できる髪型がどんどんなくなっていくことや選択肢が減っていく訳ですけども、目立ちにくい髪型というのはあるのでしょうか。

安藤

それは難しいですね。我々クリニック側からしたら、薄毛が気になりだしたら早めに受診に来てくださいということですね。

藤川アナ

確かに、そうですね。

安藤

一般的にはどうしても髪を長くしてそれを隠そうとすることで、余計に目立たせていることになりますので、基本的に髪型は短めにした方が良いかなと。特に、側頭部や後頭部の髪は短くスリムにして頭頂部を残すようにした方が良いですね。ボリューム感としては、髪の毛の分布によって見栄えがあまり目立たなくなるのではないか、ということを聞いたことがあります。

藤川アナ

そうですよね。9:1分けやバーコードみたいになっている髪型はかえって薄毛を目立たせてしまっているかもしれませんね。

安藤

そうかもしれませんね。

藤川アナ

すると先生が仰ったようにサイドと後ろは短くして、何なら全体的に短く整えた方が目立ちませんよね。

安藤

そうですね。

藤川アナ

薄毛に悩んでいらっしゃる人はとにかく短くさっぱりする。

安藤

その方が良いのではないかと思います。

藤川アナ

私もそう思います。特に先生が仰っていたようにボリューム感でいうと、後頭部や側頭部は毛が残っていますから、今、流行りのツーブロックの髪型は薄毛にもピッタリかもしれませんね。
しかし、どうやって髪型で誤魔化そうかと思っていらっしゃる人は、まずは親和クリニックに。そこまで言っているのであれば、カウンセリング予約してお医者さんに相談というのが一番の近道ですよね。相当悩んでいるということですよね。

安藤

そうですね。AGAの治療を受けなければ着実に進行していくわけですから。

藤川アナ

髪型に困った、できる髪型が減ってきた、ペタッとするな。というのは1つのサインかもしれません。是非、親和クリニックに相談に来てみてはいかがでしょうか。
今日は親和クリニックの安藤先生に「髪型と薄毛の関係について」お話をしていただきました。安藤先生どうもありがとうございました。

安藤

ありがとうございました。

薄毛は医療で治す 書籍紹介

薄毛は医療で治す

■著者:音田 正光 中山樹一郎/滝田賢一/福島俊彦/安藤善郎/図師伸一郎

■発行:幻冬舎

■販売:2021年7月30日

■体裁:新書(本体800円+税)、電子書籍(オールカラー)

■販売:全国有名書店、amazon、楽天、Appleなどの大手電子書籍取扱いストア

Amazonの書籍紹介

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

信頼のカウンセリング

最善の医療で、 患者さまのお悩みにお応えします

髪のお悩みの中でも特に薄毛は、誰にも相談することができず、長年一人で悩まれている方が多い印象があります。
私たちはどんな方にも安心してご相談いただけるよう、話しやすい雰囲気を大切にし、患者様に最善の医療をご提供するため、専門知識、技術の研鑽に努め、本質的な問題解決に導く最大限のお手伝いを心がけています。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談ください。

お電話でのお問合せ

電話受付:9:30 - 19:00

新宿院直通  0120-2323-24
銀座院直通  0120-3888-77
名古屋院直通 0120-3737-57
大阪院直通  0120-1212-16
福岡院直通  0120-6767-69