親和クリニックの医師陣が出演

OBCラジオ大阪
「藤川貴央のクリニック・レポート」
第7回

藤川貴央のクリニック・レポート
第7回

藤川貴央のクリニック・レポート第7回出演、親和クリニック音田総院長とパーソナリティの藤川アナ
放送日
2019.12.14
出演
親和クリニック総院長音田正光
主な内容
「発毛剤、育毛剤、養毛剤の違いについて」

藤川アナ

『藤川貴央のMIRAIのアタマ』。
こんばんは、ラジオ大阪アナウンサーの藤川貴央です。20歳の頃から薄毛を気にしていた、私。10月に一念発起して親和クリニック大阪院で自毛植毛の手術を受けてまいりました。この自毛植毛というのは、自分の後頭部の毛を毛根ごと一つ一つ採取して、薄い部分に植えていくものなんです。移植した髪の毛は、その場所でずっと元気に生え続けてくれます。夢がありますね。こんな技術があるんですよ。
この番組では、同じ悩みを持つ方に自毛植毛とはどのようなものか知っていただこうと、毎週、薄毛に関するテーマを設けて親和クリニックの先生方にお話を伺います。今週も15分間、よろしくお付き合いください。


日本での植毛手術がステータスになる時代

藤川アナ

今週発売された『週刊新潮』12月19日号が手元にあります。この週刊誌に親和クリニックの特集記事が掲載されました。ちょっと見てみましょう。手術の様子が大きく掲載されていますね。記事によりますと、植毛手術はインバウンドで中国からの患者さんが3年前に比べて2倍に増えているのだそうです。
さらに私が受けた手術はメスを使わず、パンチブレードというシャーペンの先のような機具で後頭部の毛根を一つ一つ取ってきて植えるという方法なのですが、採取しやすいようにまず後頭部を刈り上げます。ところが最新のNC-MIRAI法という手術方法だと、後頭部を刈り上げずにそのまま植毛が行えるのです。これは、うれしいのですが費用は倍ほどかかります。ですから、私は通常の刈り上げるMIRAI法にしたのですが、中国からの患者さんはみんな迷わず最新の刈り上げないNC-MIRAI法を選ぶそうですね。お金持ちです。
植毛は美容整形ではありませんが、一時、韓国での美容整形手術が流行った時がありましたよね。でも、今はやはり日本だと。日本で手術してもらったというのが、中国の患者さんのステータスになっているのだそうです。そんなことが『週刊新潮』12月19日号に書いてありますので、ご興味がおありの方はぜひ手に取って読んでみていただきたいと思います。


健康な髪を育てる秘訣は丁寧なシャンプーにあり!

藤川アナ

今週は親和クリニック総院長、音田正光先生にお話を伺ってまいります。
音田先生、よろしくお願いします。

音田

よろしくお願いします。

藤川アナ

私が、ここ親和クリニック大阪で自毛植毛手術を受けて1カ月と10日ほどが経過いたしました。現在の頭の様子を診ていただけますか。

音田

拝見すると皮膚の状態は良くて赤みもほとんどなく、手術をやった痕は分からない程度です。植えた毛は短いまま残り、一時的に抜けている様子も若干は見られますが、半分以上の毛はそのまま伸びている状況で、とてもいい感じだと思います。大変、順調です。

藤川アナ

ありがとうございます。この後は、どのように進んでいくのでしょう。

音田

今の伸びている毛は、そのまま1カ月1センチぐらいのペースでズンズン伸び続けると思います。1mmぐらいの短い毛は、一時脱落するのですが、それは1~2カ月すると生え始めて伸びてきますから、一つの目安はオリンピックぐらいですね。その辺には、ボリュームが出て、やったなという感じになると思います。

藤川アナ

では、東京オリンピックの開会と共に私の頭も開会するという。

音田

そのような感じになると思います。

藤川アナ

夏が来るのが、すごく楽しみです。

音田

ぜひ楽しみにお待ちください。

藤川アナ

ありがとうございます。頭を洗うときも全然、痛くも何ともないですし、普通どおりにしていれば特に気を付けることはありませんか。

音田

シャンプーが一番重要です。植えた髪の毛の毛穴は普通の毛穴よりも若干弱いですから、ばい菌が入りやすくなっています。だから、シャンプーをするときに、よく周りを洗っていただくのがいい結果を生む秘訣だと思います。

藤川アナ

分かりました。しっかり頭皮を洗って夏を楽しみに待ちたいと思います。

音田

よろしくお願いします。


発毛剤、育毛剤、養毛剤・・・それぞれの違いは?

藤川アナ

では、きょうは「育毛剤」について詳しくお話を伺ってまいりたいと思います。ドラッグストアに行くと、いろいろな種類の育毛剤がありますよね。育毛剤と書いているものもあれば、発毛剤と書いているものもあれば、養毛剤という表現のものもあります。それぞれの違いはありますか。

音田

髪の毛を生やすものが発毛剤、既に生えている髪の毛を育てるものが育毛剤、髪の毛の健康のために必要な栄養分を届けるものが養毛剤と考えれば簡単だと思います。
発毛剤については、厚生労働省から発毛効果が認められた有効成分が配合されています。内服薬と外用薬があるのですが、いずれも医薬品であるため医師から処方されるか、薬剤師のいる薬局でしか買うことができません。

藤川アナ

すると、ドラッグストアで処方箋なしで購入できるものは・・・?

音田

育毛剤や養毛剤の類いになります。

藤川アナ

髪の毛に栄養を届けることそのものは大事なことですよね。

音田

もちろん髪の毛を育てるには十分な栄養が必要なので、通常の食生活をして健康な生活を送っていただければ、そのあたりは普通に補充されて満足いくレベルになっているはずなのですが、さらにそれ以上の効果を期待するなら、養毛剤や育毛剤を使用することになると思います。


ヘアトニックや薬用育毛剤に期待できる効果とは

藤川アナ

ヘアトニックはどのカテゴリーに入るのですか。

音田

その中では養毛剤になるのかもしれないのですが、基本的には化粧品です。化粧品は病気の治療や予防効果が認められていなくて、あくまでも人の容貌を整える効果のみが認められています。
育毛に関していえば、毛髪を健やかにする効果があるという部類に入るものです。毛を育てるのではなく、毛の状況を良くしてコンディションを整えるというものです。

藤川アナ

それを塗ったからといって生えてくるという認識は間違っているわけですね。

音田

それは、間違いですね。ヘアトニックで毛が生えることは、まずないと思います。

藤川アナ

他にも薬用と書いてあるシャンプーもありますよね。これは、どのように理解すればいい商品なのでしょうか。

音田

難しい話ですが、育毛剤の中には医薬部外品に分類されるものと化粧品に分類されるものの、二つのタイプがあります。化粧品に分類される育毛剤と区別するために、医薬部外品というカテゴリーに分類された育毛剤には薬用という名前が付きます。有効成分が入っていると理解してもらったらいいと思います。

藤川アナ

値段もピンキリですよね。

音田

ピンキリですね。値段については、私は分からないのでメーカーさんに聞いてください。

藤川アナ

いろいろな種類がありますが、発毛を期待して何か商品を購入する場合は、やはりお医者さんに一度診てもらって処方箋が必要になるのですか。

音田

発毛を期待できるものは、やはりお薬で医薬品というカテゴリーになります。飲み薬なら病院に行って処方箋を頂くとか、薬剤師さんのいるところで外用薬を買うことはできるのですが、ご自身で何もなく購入することは難しいです。


厚生労働省に発毛効果を認められた三つの成分

藤川アナ

厚生労働省に認められている、発毛する成分とはどういったものですか。

音田

内服薬としては、一般名でいうとフィナステリドとデュタステリドという2剤のみです。外用薬、塗るお薬としてはミノキシジルという成分が認められています。この三つだけですね。

藤川アナ

三つしかないのですね。

音田

お薬というカテゴリーではですね。有効成分としては、その他の成分もあるのですが代表的なものは、その三つです。

藤川アナ

この薬はどういうメカニズムで薄毛の進行を止めるのか、分かりやすく教えていただけますか。

音田

薄毛のメカニズムの大体は、分子生物学的に解明されていて、男性型脱毛症の大きな原因は男性ホルモンです。男性ホルモンが毛根部分でDHTという物質に変換されるのですが、お薬には変換を止める作用があるといわれています。つまり、悪い物質が作られないので脱毛を抑えるという機序が分かっています。

藤川アナ

すると、今ある髪の毛をしっかり残すという点では、ものすごく効果がありそうですよね。

音田

基本的には1日1回内服するだけで効果が期待できるので、取り組みやすい治療法ではあると思います。


飲み薬と塗り薬を併用するメリット

藤川アナ

飲み薬と塗り薬を併用していくのがいいのでしょうか。

音田

薬のメカニズムが違いますし、個人によって効く、効かないという効果も違います。やはり、二つの機序を持った薬で一つの疾患に当たっていくほうが効果も期待できますから、できたら二つのお薬を使われたほうがいいと思います。

藤川アナ

薄毛が気になってきたな、進行を止めたいなというときに、まずドラッグストアに行って何か買おうかなと考えがちですが、その入り口の意識をお医者さんに行って聞いてみように変えると。

音田

もちろん薬局に行って薬剤師さんに相談するのもありですが、薬剤師さんのところでは内服薬や効果の強いお薬は処方箋がないと出ませんので、病院に来て相談されるのが早道だと思います。


年中無休!薄毛の相談は親和クリニックへ

藤川アナ

この放送をお聞きの皆さんも、ぜひ一度、親和クリニックに相談に行っていただきたいなと。

音田

ぜひお越しください。

藤川アナ

簡単に申し込むことができるのでしょうか。

音田

お電話やインターネットで予約を取っていただければ、いつでも来院することはできます。年中無休でやっておりますので、遠慮なくいらしてください。

藤川アナ

相談のある方は、ぜひ一度、親和クリニックのホームページをご覧いただきたいと思います。
今日は総院長の音田正光先生にお話を伺いました。音田先生、どうもありがとうございました。

音田

ありがとうございました。

藤川アナ

薄毛に悩んでいる方、まずはカウンセリングの予約をしてみてください。親和クリニックのホームページから簡単に予約することができます。親しいに令和の和で親和クリニックです。ぜひ、インターネットで検索してホームページをご覧になってみてください。

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約