親和クリニックの医師陣が出演

OBCラジオ大阪
「藤川貴央のクリニック・レポート」
第8回

藤川貴央のクリニック・レポート
第8回

藤川貴央のクリニック・レポート第8回出演、親和クリニック音田総院長とパーソナリティの藤川アナ
放送日
2019.12.21
出演
親和クリニック総院長音田正光
主な内容
「かつらによる薄毛対策について」

藤川アナ

『藤川貴央のMIRAIのアタマ』。
こんばんは、ラジオ大阪アナウンサーの藤川貴央です。20歳の頃から薄毛を気にしていた、私。10月末に一念発起しまして親和クリニック大阪院で自毛植毛の手術を受けてきました。この自毛植毛というのは、自分の後頭部の毛を毛根ごと一つ一つ採取して、薄い気になっている部分に植えるというものです。移植した髪の毛は、もともと自分の髪の毛ですから、その場でずっと元気に生え替わり続けてくれるんです。夢があります。素晴らしい技術があるものですね。
この番組では、同じ悩みを持つ方に自毛植毛とはどのようなものか知っていただこうと、毎週、薄毛に関するテーマを設けて親和クリニックの先生方にお話を伺っています。今週も15分間、お付き合いください。


丁寧なシャンプーと外用薬・内用薬を活用しよう

藤川アナ

先週に続きまして、親和クリニック総院長の音田正光先生にお話を伺ってまいります。
音田先生、今週もよろしくお願いいたします。

音田

よろしくお願いします。

藤川アナ

私が、ここ親和クリニック大阪で自毛植毛手術を受けて、1カ月半ほどが経過いたしました。この時期に気を付けなければならないことは何かございますか。

音田

前もお話ししたかと思いますが、頭皮環境を整えることが大事です。1日1回きちんとシャンプーをしていただくと油脂分や余分なものを取り除けます。それによって感染を防げますから、いい環境で髪の毛が育つんです。ですから、1日1回は必ずシャンプーをしてください。
場合によっては、男性型脱毛症に対する外用薬・内用薬がありますので、そういうものを使いつつ様子を見ていくのがいいかなと思います。

藤川アナ

塗る薬は付けても大丈夫なのですね。

音田

1カ月以上経っていますから、もう大丈夫です。ぜひお使いください。


術後1カ月半、カバーシートが取れる日も間近

藤川アナ

ドナーの髪の毛を採ってきた後頭部ですが、随分と順調に髪の毛も伸びてきまして、そろそろカバーシートを取ってもいいのかなと思うのですが、どうでしょうか。

音田

これは個人の感覚によるところが大きいです。確かに1mmに刈ってから1カ月半経っていますから、1.5~2cmぐらいには伸びています。傷も収縮しているから赤みも少ないですし目立ちにくいです。ただ、今のイメージからするとまだ短いので、その短いところで揃えてしまってOKなのか、あるいはもう半月ぐらい待って伸ばしたところで揃えるのがOKかは、ご自身の感覚によるところがあるので、どちらもありだと思います。

藤川アナ

かなり短い髪型にしてもOKならば、もう取っても良さそうですし。意外と早く日常に戻れるものですね。

音田

通常2週間すると5mmぐらいの毛になりますから、案外、分からなくなります。隠そうとシートを付けられる場合もあるし、開き直って刈り上げてしまう方もいて、そのほうが目立たない場合もあります。一瞬は短くなるのですが、2週間もすると全体が伸びてきてなじむんですね。これもやり方次第です。

藤川アナ

ここから1,000株も採ったのに、周りの毛が伸びてくると全然目立たなくなるのも、すごいことですよね。

音田

最終的に毛が伸びれば、もう全然、分からなくなります。藤川さんの場合は、傷の治りがすごくいいです。

藤川アナ

良かった。

音田

実は、1カ月半でそこまで赤みが目立たない人は、あまりいないんですよ。すごく、いい状態だと思います。

藤川アナ

うれしいです。そういうのは個人差があるのですね。

音田

多少はありますね。

藤川アナ

年内には外せるかなと。

音田

そうですね。さっぱりしてください。


かつらを選ぶメリット・デメリット

藤川アナ

ありがとうございます。先週は「育毛剤」についてお話を伺いました。今回は、少しデリケートな話題になるのですが、「かつら」について詳しくお話を伺ってまいりたいと思います。
髪の毛が薄くなってハゲが目立つようになった場合、どう対応するか。かつらをかぶってしまったら一発じゃないかという思いもあるのですが、実際のところはどうなのでしょう?

音田

昔から偽髪と呼ばれていて、人工の髪の毛をかぶってしまうというのは、確かに手っ取り早く簡単ではあります。ある程度、進行した薄毛の場合は、かつらのほうがいいのではないかと昔は言われていました。ただ、かつらはどうしても人工物であるということが一つ。そして、毛質もご自身の毛とは若干違います。当然、伸びることもなく常に同じ長さなので、見た目の不自然さもありますね。
今は進化して自然なかつらもあるのでしょうけれども、以前のかつらは毛量が不自然なぐらい多いです。そのかつらを付けると、それでイメージが固定されてしまうので、脱却するのが難しくなるのかなという感じがします。

藤川アナ

不自然だと、ばれてしまう心配もありますよね。

音田

そうなんです。だから、昔はかつらを糸で縫い付けたりすることもあったらしいです。ただ、やはりそれはさすがにやり過ぎたということで、最近は簡易的に脱着できる方法で装着するのが主流のようです。

藤川アナ

かつらも随分と進化しているのですね。でも高いですよね。

音田

確かに、うちに来る患者さんにも、かつらユーザーの方はいらっしゃいますが、お話を伺うと結構な費用を必要とされるケースが多いですね。

藤川アナ

何十万もしたり、メンテナンスにもお金がかかったり。

音田

案外、メンテナンスにお金がかかるんです。かつらは1回作って終わりではなく、壊れたら修理を行います。あるいは置き換えや、ずっと使っているともちろん不潔になりますから洗うときにはスペアが必要で、何だかんだコストがかかるようです。


かつらを使用することによる心理的負担

藤川アナ

心理的な負担も大きそうですね。

音田

やはり、あると思います。ばれるのではないかという不安は常にあると思うので、そういう面でストレスは大きいのかなと感じます。

藤川アナ

私は、カバーシートを後ろに付けているだけでも、ちょっと鬱陶しいなという感じがするんですよ。風が吹いてくると少しだけ浮き上がってきたりして。

音田

かつらの場合は、その辺が難しいところですよね。

藤川アナ

これが頭全体となると団体旅行にも行きにくいでしょうし、いろいろなストレスがありますよね。いざ、かつらをやめよう、取ろうというときには、ものすごく勇気が要りそうです。

音田

やはり、大変なんです。かつらの毛量は人によって違うのですけれど、それを手術で元通りに復活させようとすると、何回かの手術が必要になる場合もあります。ただ、実際に手術をされて、かつらから脱却された方も結構いらっしゃいますよ。

藤川アナ

ご本人は、うれしいでしょうね。

音田

やはり自分の髪の毛ですから、年を取れば白髪にもなりますし、伸びれば切ってヘアスタイルも整えられます。場合によっては、染めたりパーマをかけたり何でもできますからね。

藤川アナ

自分の髪の毛で、一度やってみたかったということが広がりそうですね。

音田

例えば、水泳をやっても落ちないですしね。

藤川アナ

かつらをかぶっていると水泳もできないですよね。

音田

どういう形で留めるかにもよるのでしょうけれど、なかなか難しいでしょうね。


かつらが原因で脱毛することがある!?

藤川アナ

かつらをかぶっていることによる頭皮への影響はどうですか。良くないのでしょうか。

音田

親和クリニックに来院される患者さんにもよくあるのですが、かつらを髪の毛に留めていると、ピンの部分がけん引性の脱毛でハゲてしまいます。また別のところに付けると、またハゲてと、その繰り返しになって髪の毛や頭皮への悪影響となりますね。
あとは、やはり清潔に保てない場合もあります。編み込み式のかつらだと、洗髪をするときにシャンプーが十分にできないエリアが出ますから、そういうところは少しフケが多く、皮膚炎を起こしている方も見受けられます。

藤川アナ

人工のものを常に付けておくのは、やはり体に負担があるわけですね。

音田

十分なメンテナンスができればいいと思うのですが、できない場合は問題が生じます。

藤川アナ

先生もおっしゃっていましたように、かつらは毛量が多いとなると、ある程度、年齢が高い方にとっては不自然さもありますよね。

音田

年相応の髪の毛の薄さがあると思うので、それを超える毛量だと不自然な感じが否めません。


メリット・デメリットを考え自分に合った薄毛対策を選ぼう

藤川アナ

そう考えると、かつらにはメリット・デメリットの両方がありそうですね。

音田

必ず両方があります。もちろんメリットも大きいと思いますが、心理的な負担やコスト面など、いろいろデメリットがあると思うので、総合的に勘案してご自身に何が合うかを選ばれるのがいいと思います。

藤川アナ

薄毛対策はいろいろありますけれども、まずはお医者さんに相談。

音田

まずは相談が一番です。脱毛は一つの生理現象でもあるのですが、病気の場合もありますから、その原因は何か、治療法には何があるかは、専門の医療機関に行って一度診てもらうのが一番の早道だと思います。

藤川アナ

それを基に、ご自身に一番合った方法で対策をしていただくことが大事ですね。音田先生、今週もありがとうございました。

音田

ありがとうございました。

藤川アナ

いかがでしたでしょうか。今週も親和クリニック大阪院の手術室からお送りしました。なかなか病院の手術室からお届けするラジオ番組は珍しいのではないかと思います。音田先生に分かりやすく、今週もお話を伺いました。
薄毛に悩んでいる方、まずはお医者さんに相談です。親和クリニックのホームページから簡単にカウンセリングの予約を取ることができます。親しいに令和の和で親和クリニックです。

ぜひ、インターネットで検索して、一度ホームページをご覧ください。この自毛植毛手術についても分かりやすく紹介されていますので、「ラジオで聞いたけれど、どんなものかな」という方は、ぜひ一度ホームページを覗いてみてください。簡単なフォームがありますから、そこにお名前、住所、メールアドレスを入力して待っていると、いついつどうですかという返事が返ってきます。それで簡単にカウンセリングの予約をすることができます。まずは親和クリニックのホームページを検索して、お医者さんに相談してみてください。

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約

PAGE
TOP