自毛植毛について

自分の毛髪を移植するからずっと生え続ける

自毛植毛は人工毛ではなく、男性ホルモンによる影響を受けづらい後頭部の自分の毛根を移植する医療行為です。

毛の部分を移植するのではなく、毛包組織そのものを移植するので、移植した毛髪は生涯にわたり生え変わり続けます。自分自身の髪を移植する自毛植毛は、人工毛と違って拒絶反応もありません。

日本の自毛植毛は、1939年に火傷による脱毛部分へ皮膚移植を行ったところからおこり、その後、多くの医師が研究を重ね、現在の植毛技術ができあがりました。

その自毛植毛とひと言で言っても、手術方法は色々な種類があり、またクリニックによって様々な呼称があります。

親和クリニックでは患者さまの症状やご意向に合わせて、大きく分けてFUEとFUSSと呼ばれる2つの植毛法を提供しております。

95%以上の高い生着率

自毛植毛は一度植毛した毛が生着すれば、自毛なので自分の髪として生え続けます。

当然、毛には毛周期があり毛周期の脱毛周期に合わせて抜け落ちますがまたしっかりと生えてきます。自毛植毛で移植した毛髪の生着率は95%以上と非常に高く、男性ホルモンの影響を受けない後頭部の自毛を使用しているので生涯生え続けることが可能です。

自毛植毛FUSS法(メスを使用する自毛植毛)

FUSS(Follicular Unit Strip Surgery)「ストリップ法」は後頭部から移植する毛髪をドナーとして頭皮ごと薄く切除採取し、移植毛として株分けし薄毛部分に移植する方法です。

株分け作業は、当院の熟練された技術を持つ医師や看護士によるチーム医療で短時間に、よりキレイで新鮮な株(グラフト)を作成することができます。

こうして株分けされたグラフトの移植で生着率の高い自毛植毛手術になっています。

自毛植毛FUE法(メスを使用しない自毛植毛)

FUE(Follicular Unit Extraction)法は、帯状にドナーを切除・採取し、切り分けるFUSSとは異なり、後頭部から直接、一つひとつグラフトを吸引採取する手術法です。

メスを使わず極細のパンチでグラフトをくりぬいて採取するFUEは、術後の縫合が必要ないので痛みや腫れが少なく傷痕が目立たないというメリットがあります。

また個人差はありますが、採取される株数に一定の限度がないため、大量の植毛も可能になる手術方法です。

日本皮膚科学会でも「勧められる」評価の自毛植毛

自毛植毛は日本皮膚科学会が作成した薄毛治療のガイドラインで「B:勧められる」の評価を受けました。それより上位の「A:強く勧められる」の評価は、内服薬の「フィナステリド(プロペシアの主成分)」と外用薬の「ミノキシジル(ロゲインの主成分)」がうけております。

毛髪の現状維持にはA評価の発毛・育毛療法が効果的ですが、自毛植毛は薄毛の部分へ直接毛根を植えるので、根本的な薄毛治療には最適といえます。

治療の推奨度 治療内容
A 強く勧められる

・ミノキシジル外用(男性5%、女性1%)

・フィナステリド内服(男性)

B 勧められる ・自毛植毛
C1 考慮しても良いが、十分な根拠がない

・塩化カルプロニウムの外用

・医薬部外品

・化粧品の育毛剤の外用(t-フラパノン、アデノシン他2種類)

C2 根拠がないので、勧められない

・医薬部外品

・化粧品の育毛剤の外用 (セファランチン)

D 行わないように勧められる

・人工毛植毛

・フィナステリド内服(女性)

自毛植毛が選ばれる理由

植毛法の比較

大分類 自毛植毛 人工毛植毛
中分類 FUE FUE FUSS FUSS
小分類 MIRAI法 従来のFUE植毛 ストリップ チョイ式 人工毛植毛
メスの使用 メスを使用しない メスを使用しない メスを使用する メスを使用し、
更に注射器
人工毛を使用する
手術時間
(1500グラフトの
場合)
約4時間程度 約6時間 6~7時間 6~7時間 6~7時間
1回で移植出来る
移植毛最大本数

非常に多い
4000グラフト
(約10,000本)
多い
3,000グラフト
(約8,100本)

少ない
1,500グラフト
(約3,000本)

少ない
1,000~
2,000グラフト
やや多い
5,000本
移植密度
(1cm²あたり)

超高密度
80~100グラフト
密度やや高し
30-50グラフト
密度やや高し
25~40グラフト
密度やや高し
25~40グラフト
密度やや高し
40本~45本
移植毛の採取 移植毛を
毛穴単位で
1個ずつ採取する
移植毛を
毛穴単位で
1個ずつ採取する
幅1~2cmで長さが
10~30cmの頭皮を
メスで切除して
採取する
幅1~2cmで長さが
10~30cmの頭皮を
メスで紡錘形に
切除して採取する
不要
(人工毛使用の為)
毛穴単位の
株分け
毛穴単位で
採取する為、
株分けの
必要はない
毛穴単位で
採取する為、
株分けの
必要はない
メスを使用して
手作業で株分けを
する(医師ではなく
看護師が行う
場合が多い)
メスを使用して
手作業で株分けを
する(医師ではなく
看護師が行う
場合が多い)
不要
(人工毛使用の為)
新しい毛穴の
作成
0.63mmの
国内最小の
マイクロパンチ
ブレードで
ホールを
開け作成
1.0-0.65mmの
パンチでホールを
開け作成
特殊なメスで
切り傷を付け作成
毛穴は作らないで
差し込むだけ
毛穴は作らないで
差し込むだけ
移植毛の挿入
(インプラント)
空気圧を利用した
グラフトセッターで
挟まずに挿入
空気圧を利用した
インプランターで
挟まずに挿入
ピンセットで
移植毛を
挟んで挿入
チョイ式
インプランターで
押し込む
特殊な針状の
器具で
脱落しにくいよう
結び目を付けて挿入
追加手術の
上限回数
7回 5~6回 1~3回まで 1~2回まで 回数に制限は
ないが、皮膚が
炎症を起こす為
限界はある
手術中の痛み

(部分麻酔)

(部分麻酔)
(麻酔方法による)

(移植毛の
採取方法や麻酔
方法による)

(麻酔方法による)
術後の痛み 術後の痛みは
少ない
術後の痛みは
比較的少ない
後頭部の痛みや
ツッパリ感は
やや強く、
長期に続く
場合がある
後頭部の痛みや
ツッパリ感は
やや強く、
長期に続く
場合がある
皮膚の炎症による
痛みが継続する
場合がある
術後の回復

(メスで切除
していない為、
かつ穴を開ける
パンチが小さい
ので回復が
とても早い)
(メスで切除
していない為、
回復が早い)

(抜糸が必要で
あり、傷口の
回復が遅い)

(抜糸が必要であり、
傷口の回復が遅い。
また採取部の傷跡が
目立つケースが多い)

(拒絶反応を
起こし、皮膚が
炎症を起こす
可能性あり)
生着率

(90-95%以上)

(80-95%以上)

(80-95%以上)

(不明)

×

(人工毛の為
生着しない)
移植した髪の
経年変化
男性ホルモンの
影響を受けない
髪の毛なので、
ほぼ無し
男性ホルモンの
影響を受けない
髪の毛なので、
ほぼ無し
男性ホルモンの
影響を受けない
髪の毛なので、
ほぼ無し
男性ホルモンの
影響を受けない
髪の毛なので、
ほぼ無し
短期間で
脱落する場合が
あります
拒絶反応の可能性 自毛なので
一切なし
自毛なので
一切なし
自毛なので
一切なし
自毛なので
一切なし
メンテナンス

(自分の毛なので
メンテナンスは
不要)

(自分の毛なので
メンテナンスは
不要)
(不要) (不要)

×

(定期的に
植え替えが必要)
費用 非常に微細な
作業が多い為、
少し高め
微細な作業が
多い為、
少し高め
微細な作業が
多い為、
少し高め
微細な作業が
多い為、
少し高め
繰り返しの
手術により
結果的に高額
診療ガイドライン
(社団法人
日本皮膚科学会)
5段階評価
(A、B、C1、C2、D)
B
(行うように
勧められる)
B
(行うように
勧められる)
B
(行うように
勧められる)
B
(行うように
勧められる)
D
(行わないよう
勧められる)

親和クリニックの自毛植毛治療

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、ご自身の毛髪・頭皮の状態を正しく知る事が重要です。
親和クリニックでは中長期的な予後も含め、現在の発毛の状態、植毛の治療後にどのような経過を辿るのか 患者さまの生活スタイルに合わせて丁寧にご説明させて頂きます。
最先端の薄毛治療・自毛植毛の事なら親和クリニックに是非ご相談ください。


TOP