メール相談 カウンセリング予約
MENU

ドクター紹介

親和クリニック名古屋院 院長 福島 俊彦 TOSHIHIKO FUKUSHIMA

様々な医療にかかわってきた経験を生かして自毛植毛を行います。

最近の医療には、ガイドラインに則した診療が求められており、薄毛治療も同様です。私たちは、まず患者さまお一人おひとりの薄毛の原因・状態をじっくり、正確に把握します。その上で、ガイドラインに則した、それぞれの患者さまに適した治療を計画し提案いたします。
従って、時には内科の受診をお勧めすることもあります。特に女性の場合には、内科的疾患が原因となっていることもあるからです。
「患者さま本位で考える」ということを忘れずに、お悩みを解消するための最適な治療を提供いたします。

さて、植毛手術は、安全に行う事が出来る手術ですが、患者さまの中には「手術は怖い」という漠然とした不安をお持ちの方もいらっしゃいます。
大切な自分の髪・頭皮の手術ですから、この様な不安は当然の感情と思います。しかしどうかご安心ください。私は過去の大学病院の医療安全管理部での勤務経験を活かし、徹底した医療安全管理を行っております。これからも、経験豊富なスタッフが一丸となって、皆様に最適な安心できる医療を提供してまいります。

ドクター経歴

日本外科学会 指導医 専門医
日本内分泌・甲状腺外科学会 専門医
日本甲状腺学会 専門医
日本がん治療認定機構 暫定教育医・認定医
日本超音波医学会 専門医

経歴

平成2年 福島県立医科大学医学部卒業
平成6年 福島県立医科大学 大学院修了(医学博士)
平成6年 福島県立医科大学外科学第2講座
平成8年 福島県立大野病院勤務
平成15年 国立郡山病院勤務 医長就任
平成22年 福島県立医科大学医療工学講座、器官制御外科学講座 准教授就任
平成22年 福島県立医科大学附属病院
医療安全管理部 副部長 兼任
平成25年 福島県立医科大学
甲状腺内分泌学講座、器官制御外科学講座 准教授就任
平成28年 親和クリニック 勤務
平成29年 親和クリニック名古屋 院長就任

最適な治療のために、
“患者さまの心の理解”を大切にしています。

親和クリニック名古屋院 院長
福島 俊彦

外科医として内分泌や甲状腺などの専門分野で活躍し、大学病院の医療安全管理部にも在籍。その豊富な経験を生かした薄毛治療で患者さまから信頼を得ている親和クリニック名古屋院・福島俊彦院長にインタビュー。
薄毛治療に対する考え方、名古屋院の特徴などを語っていただきました。


患者さまが情報におぼれないように、羅針盤になるのも務め。

-薄毛治療についての考えを教えてください。

WHOでは、健康とは「たんに病気がないことではなく、肉体的、精神的、社会的に満足できる状態」と定義しています。それでいうと、通常の医療は主に肉体的なところに貢献・寄与しているわけですが、薄毛治療は社会的、精神的な部分に大きく関わるものだと思います。
髪が生えるというのは肉体的な変化ですが、それによって精神的な変化が生じ、社会的な活動も盛んになり、さらに肉体にも良い変化がもたらされます。それこそが薄毛治療の意義といえるでしょう。

ただ、薄毛に対するアプローチには医療として提供されているものと、いわゆる民間療法や自己流などが入り乱れていて、しかも簡単にたくさんの情報が入手できる状況です。その情報の海におぼれないように、海を渡るための羅針盤、あるいは灯台の役割をするのも医療者の務めだと思っています。

-実際、“情報の海におぼれている方”は多いと感じますか?

大事なお金と時間を無駄に使ってしまったな、と感じる方は多いですね。手術をするにしても、お薬によって今ある髪を守るにしても、医療が早いうちから介入したほうが10年後、20年後に違いが出てきます。例えば、お薬で抜け毛が防げれば、全体的に薄毛になってから手術をするより効果が出やすいですし、費用対効果もいいわけです。

無駄な回り道をさせないためにも、正しい情報の発信は私たちの重要な役割のひとつ。治療においては、患者さまのボディイメージに近づけていくという揺るぎない使命がありますが、それより前の段階にも患者さまに対してできることがあると感じています。

患者さまの声から生まれる独自の治療。生着率アップにも工夫が。

-親和クリニックの良さ、独自の自毛植毛の利点を教えてください。

まず、私たちは「すべての答えは患者さまの中にあり、日常の診療の中にある」と考えています。患者さまと向き合う中で課題を見つけ、それに応えていく姿勢こそが親和クリニックの良さだと思っています。

診療のベースになっているのはメスを使わない「MIRAIミライ法」ですが、患者さまにはいろいろなニーズがあって、1つの治療だけで満たすことはできません。例えば、後頭部を刈り上げない「NC-MIRAIミライ法」はコスメティックに優れています。一方で、患者さまによってはコストがネックになることもあります。それをなんとかできないかと考えた結果、自毛で隠れる部分は刈り上げ、隠れない部分は「NC-MIRAIミライ法」で行う「United MIRAIミライ法」が生まれました。

どの方法も足し算の手術、つまり、複数回手術できるのが利点ですね。切る手術ではなかなかそうはいきませんから。そして、自毛植毛はやるだけ確実に効果が出るので、患者さまの満足度は高いと思います。

-やはり生着率が気になるところですが、生着率を高めるための工夫はあるのでしょうか?

取り出したグラフトをなるべく早く体内に戻すというのが大きな要因としてあります。要するに、手術時間を短くすることですね。
また、人間の身体、とくにむき出しになった組織は乾燥に弱いので、手術中は保湿を大事に考えています。他にも、取り出したグラフトの保存液はなにがいいか、保存する温度はどうかなど、グラフトの生着率につながるすべてに工夫しています。

思いのたけを引き出し、すべてを理解することがなにより大事。

-親和クリニック名古屋院の特徴を教えてください。

スタッフが同じ方を向いて、みんなで取り組んでいるのが当院の特徴だと思います。いわゆるチーム医療ですね。
そのひとつが医療安全管理の徹底です。患者さまの多くは手術に不安を抱いていますし、スタッフの動揺や不安を敏感に感じとるものです。医師をはじめ受付を含むすべてのスタッフが迷いなく患者さまと向き合い、安全な医療を提供するために、当院では国内外の最新情報を共有し、常に知識と意識をアップデートしています。私は以前、大学病院の医療安全管理部におりましたので、そこでの経験が強みになっていると思います。

もうひとつは、患者さまの情報の共有です。医師、看護師、カウンセラーが患者さまとお話しするわけですが、医者には話しづらいけれど、カウンセラーには言えるとか、女性の患者さまでしたら、女性の看護師には話しやすいということがありますよね。それぞれが引き出せた情報を集約して共有することで、より良い医療を提供しています。

-女性のお話がありましたが、最近は女性の患者さまも増えていると聞きます。名古屋院ではいかがですか?

名古屋院では20%くらいですね。女性は男性よりも内科的な疾患が背景にあって薄毛になることも多いので、そこをきちんと診察できるスキルが非常に重要です。場合によっては、病気の治療を優先してもらうこともありますから。
僕はこれまでに外科医として内分泌、あるいは甲状腺などの専門的な医療に携わってきましたので、背景にある病気をみつけることに慣れています。いろいろな引き出しがあるので、診察でのやりとりで少しずつ、背景にある病気の核心に迫るという部分においては、自信があります。

-先生自身が患者さまと向き合うときに大切にしていることは?

自毛植毛の手術において技術は大事です。でも、親和クリニックでは丁寧で上手な手術、早い手術はできて当たり前。そのうえで、最初にお話しした健康の定義でいうところの「精神的、社会的に良くありたい」という患者さまの要求に応えることが大切だと考えています。
クリニックの門を叩くにはそれなりの理由があって、それぞれ違いますから、患者さんの思いのたけを全部出してもらうこと心がけています。例えば、若い患者さまの話を聞くと、ほとんどの方に友達に薄毛をからかわれた経験があってトラウマを抱えています。そういう部分が理解できないと、正確なアプローチはできません。杓子定規に「はい、これは、こうね」とはいかないわけです。それは医療全般にいえることですが、とくに自毛植毛の手術を受けに来られる患者さまに対しては大事だと思いますね。

目指しているのは、気軽に立ち寄れる“髪のよろず相談所”。

-医師を目指した経緯、自毛植毛という分野に進んだ経緯を教えてください。

医師になろうと思ったのは非常に単純で、子供の頃に手術を受けたから。そのとき「自分は外科医になる!」って周りに宣言したから後に引けなくなったわけです(笑)。
自毛植毛の分野に飛び込んだのは、音田正光総院長、滝田賢一大阪院院長と大学も、もともといた外科の医局も同門で、旧知の間柄だったこともあって前々からお誘いを受けていました。音田総院長の手術を見て「すごい!」と思って興味を持ちました。外科医は単純なところがあって、他の人ができて自分ができないと悔しいんですよ(笑)。
もちろんそれだけではなくて、長年培ってきた外科手術の手技、知識が生かせることも大きかったですね。

-最後に、読者へのメッセージをお願いします。

私たちは医療機関として安全・安心な手術を行うだけでなく、薄毛治療の正確な情報をいろいろと提供しています。無数の情報があふれている今、その海におぼれないためにも、ぜひ一度足を運んでください。それがあなたのお悩みを解消する第一歩です。「手術するまで許さない」などということはありませんから(笑)、“髪のよろず相談所”だと思って、気軽にご相談ください。

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約