メール相談 カウンセリング予約
MENU

頭頂部・つむじの植毛について

頭頂部・つむじの薄毛とは

頭頂部やつむじ付近の薄毛は、生え際や額と異なりある程度意識しないと目が届かない部分のため、なかなか薄毛になっていることに気づきにくい部位です。そのため頭頂部付近に違和感が出るようになった頃には、薄毛がかなり進行していたというケースもよくあります。

つむじ付近の薄毛は、毛の流れによっては若い頃から頭皮が見えている方もおり、生まれつきなのか、薄毛が進行したことで地肌が見えているのか判断が付きにくいこともあります。この場合は専門の医療機関に相談してみることをお勧めします。

つむじ部分だけではなく頭頂部全体において薄毛が目立っている場合は、すでにかなり脱毛が進行しているといえます。後頭部を中心に地肌が露呈しているだけではなく、周辺に生えている毛のコシがなくなり1本1本が細くなっていたり、起床時に枕に落ちている抜け毛が増えた際は、薄毛が進んでいる可能性が高いため、何かしらの対処が必要になります。

頭頂部やつむじ周辺の薄毛は、なかなか初期段階で気づきにくい部位です。体質や遺伝などで薄毛になる可能性がある際は、定期的に後頭部やつむじ付近を鏡でチェックすることで、薄毛の進行を早期に発見することができます。


頭頂部・つむじの薄毛の原因

頭頂部やつむじ付近の薄毛には、男性型脱毛症(AGA)と生活習慣が大きく関係しています。

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンの1種であるテストステロンのはたらきによって起きる現象です。テストステロンは、5αリダクターゼという酵素と結合すると、脱毛症の原因となる男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)になります。

この強力なジヒドロテストステロン(DHT)が、毛乳頭にあるアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)のもとに届くと、毛母細胞の分裂の抑制や死滅といったヘアサイクルの異常を引き起こし、薄毛や脱毛といった症状が現れます。

なおテストステロンを薄毛ホルモンに変える5αリダクターゼには1型と2型がありますが、より強力な力を持っているのは2型5αリダクターゼです。2型5αリダクターゼは身体の中でも特に頭頂部や前頭部の毛乳頭に多く存在しているため、側頭部や後頭部よりも頭頂部や前頭部は薄毛になりやすくなっています。

また頭頂部やつむじの薄毛の特徴的な点としては、前頭部や生え際の薄毛と少し異なり、男性型脱毛症(AGA)の影響とあわせて生活習慣が関係していることがあります。頭頂部は特に血行が悪くなりやすい部位ですので、以下のような習慣がある際には薄毛の原因に寄与している可能性があると考えられます。


喫煙

喫煙は毛細血管を収縮させる働きがあります。血行が悪くなると毛母細胞に必要な栄養素が毛細血管から十分に行き渡らなくなり、髪の成長が滞ります。


ストレス

髪の成長に必要な成分である亜鉛は、ストレスを感じると大量に消費されます。またストレスはホルモン分泌にも影響を与えるため毛髪の成長に悪影響を与えます。


睡眠不足

髪の成長を促す成長ホルモンは就寝中に多く分泌されます。睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が減少するため、髪の成長に必要なホルモンが不足することになります。


食事

栄養バランスが悪い食事は髪の成長を妨げます。


運動不足

運動不足によって血行が悪くなると、毛根の成長に必要な栄養素が毛細血管から運ばれにくくなります。


シャンプーやヘアケアの影響

肌に合わない液剤を使用することで、肌のターンオーバーが乱れたりフケによって毛穴が塞がれてしまい、髪が抜けてしまうこともあります。


このような生活習慣の乱れは、粃糠(ひこう)性脱毛症や脂漏(しろう)性脱毛症を引き起こすこともあります。男性型脱毛症(AGA)とあわせてこれらの症状も見られる際には、対処法もより複雑になります。


頭頂部・つむじの薄毛対策法

医療機関における頭頂部・つむじの薄毛治療には、大きく分けて薬による治療と自毛植毛治療の2つがあります。また薬による治療は、内服薬や外用薬による治療が中心となります。


1.日常生活の見直し

頭頂部やつむじの薄毛には、男性型脱毛症(AGA)とあわせて、生活習慣の影響も大きく関係しているため、まずは日常生活を見直すことが薄毛改善の第一歩になります。

・禁煙
・栄養バランスの良い食事
・適度な運動
・適度な睡眠
・ストレスのない生活
・頭皮にあった洗髪剤の使用

現代社会ではなかなか難しい部分もありますが、できるだけ健康的な生活を送ることで、薄毛の原因となる要因を除いていくことが大切です。


2.医薬部外品の活用

ドラッグストアには沢山の育毛剤、発毛グッズなどが販売されています。より効果を求めるのであれば専門的な医療機関での薄毛治療をお勧めしますが、場合によっては医薬部外品の利用も検討されてみてもよいでしょう。


3.医療機関の活用

医療機関での薄毛治療にはエビデンスがあります。確実に薄毛対策を行いたい場合には、専門の医療機関での薬による治療や自毛植毛治療が最も確実でありお勧めです。


頭頂部・つむじの薄毛治療について


1.内服薬(プロぺシア・サガーロ)

「プロペシア」には薄毛を促進する酵素である2型5αリダクターゼの働きを抑制することができるフィナステリドが配合されており、AGA治療において長きに渡り処方されている実績豊富な薬です。「サガーロ」は2016年に厚労省で認可された比較的新しいAGA治療薬で、1型・2型と両方の5αリダクターゼを阻害することができ、AGA治療薬として今後の活躍が注目されている薬です。

※プロペシアとサガーロは男性のAGA治療で使用される内服薬です。女性のびまん性脱毛症の場合はパントガールを使用します。

詳しく見る


2.外用薬(ハイブリッドミノキシジル)

「ハイブリッドミノキシジル」は、血行促進によって毛細胞の分裂を促進するミノキシジルを主成分とした外用薬です。ミノキシジルの有効性は、日本皮膚科学会が1997年に作成した「薄毛治療のガイドライン」で「A:強く勧められる」の評価を受けています。

※なおプロペシアやサガーロと異なり、ハイブリッドミノキシジルはAGA(男性型脱毛症)だけではなく女性の脱毛症にも効果的です。

詳しく見る


3.自毛植毛手術

自己植毛とは男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部から、薄毛が気になる部分に自身の健康な毛根を移植する手術です。自毛植毛手術にはいくつかの方法があり、メスを使用しない切らない自毛植毛(MIRAI法)やそのMIRAI法をさらに進化させた採取部を刈り上げない自毛植毛(NC-MIRAI法)などがあります。

詳しく見る


頭頂部・つむじの自毛植毛手術 当院の特長

後頭部やつむじ近辺への自毛植毛手術は、移植する本数が多いこと、またショックロスが生じやすい部位のため、自毛植毛を専門で行っているクリニックでも比較的難易度の高い手術と考えられるケースが多いようです。

当院における頭頂部・つむじ付近の自毛植毛手術の特長としては以下が挙げられます。

・頭頂部、つむじの植毛症例数が豊富
・後頭部を刈り上げない自毛植毛治療を確立
・通常の自毛植毛手術よりも短時間で、大量(一般的な植毛の2倍以上の毛髪)の移植を可能に
・術後の洗髪サービスなどアフターケアも万全

親和クリニックでは、総院長の音田医師をはじめとして植毛治療に長きにわたり研鑽を積み上げたドクター陣が治療を行っており、他院では断られてしまうケースもある頭頂部・つむじ近辺の植毛手術も多数実施しております。

頭頂部・つむじの近辺の自毛植毛手術におけるポイントは、「スピード」と「経験」です。


大量移植を可能にする技術

植毛手術は短時間で行わないと定着率がどんどん悪くなり、せっかく移植を行っても術後に移植毛が抜けてしまうこともあります。特に頭頂部やつむじ付近は面積が広いため、迅速且つ正確に移植を行うことが求められます。
親和クリニックでは短時間での大量植毛を得意としており、切らない自毛植毛(MIRAI法)では3,000株の移植を4時間台で実施、また刈り上げない自毛植毛(NC-MIRAI法)では1時間で1,275株の移植に成功しています。


難しいとされる頭頂部への植毛症例も豊富

頭頂部は、前頭部や側頭部と異なりつむじがあるため髪の毛が放射状に生えている点が特徴です。また範囲が比較的広くなるため少量の植毛では地肌を隠すことができずに自然な髪型にならないこともあります。「迅速」に、且つ「自然な髪の流れ」で「大量」の植毛を実現するためには、医師や看護師の技術力と経験値が問われます。
親和クリニックでは、他院では難しいと言われている頭頂部やつむじ付近の植毛手術の症例数が多く、医師・看護師ともに経験が豊富な点が特長です。

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約