COLUMN

ストレスを解消して薄毛リスクを解消しよう

最終更新日:

ストレスというのは薄毛を促す大きな原因となります。薄毛治療の技術は次第に進んできていますが、たとえ進化した技術でも、ストレスを溜めていると薄毛治療が十分効果が得られない事があります。なぜストレスが薄毛と関係し、なぜストレス解消する必要があるのかについてご紹介していきます。

ますます高水準になる薄毛治療

薄毛治療は近年ますます治療法も豊富に開発されてきており、薄毛解消の効果や精度も年々向上してきています。たとえば薄毛治療クリニック大手の「親和クリニック」では、これまで4600症例もの薄毛治療を実施し、そのノウハウから生み出した自毛植毛治療の定着率は95%を超えるほどに至っています。今後も薄毛治療は更に進化していくと見込まれるため、将来はより薄毛が解消しやすい時代がくるかもしれません。

薄毛の天敵ストレス

薄毛治療は進化してきてはいますが、やはり薄毛を促す原因がある限り治療が上手く進まなかったり、せっかく解消出来た薄毛が台無しになってしまう事が出てきます。この薄毛を促す大きな原因として近年注目されているのが”ストレス”です。
ストレスは身体のリズムを乱すため薄毛を促し、薄毛治療をするに当っても大きな障害となってきます。

なぜストレスが薄毛に影響する?

ストレスが薄毛に影響する理由はいくつかあります。まず最も大きな理由と言えるのが、血行の悪化です。ストレスを溜めていると血行不良となり手や足はもちろん頭部の血行も悪くなります。髪の毛というのは血中の栄養素を素に成長していきますので、血行が悪くなり血液が頭部に上手く行き渡らないと、いくら薄毛治療をしてもまた髪の毛が薄くなっていってしまいます。またストレスは内臓機能も低下させ、内臓機能が低下すると髪の毛の栄養素となるたんぱく質が生成され難くなります。こうなると養素も行き渡らない、そもそもの栄養素も無いの二重苦となります。
次にアドレナリンの分泌が理由として挙げられます。強いストレスを常々感じているとアドレナリンが多く分泌されます。アドレナリンが分泌されると頭皮の皮脂を「過酸化脂質」というものに変えてしまいます。過酸化脂質となってしまうと頭皮や毛穴にダメージを与え髪の毛の成長を遮ります。こうなるといずれ薄毛を促す原因となってきます。

薄毛治療は進化していますが、根本的な原因となるストレスは今後も消えることのない薄毛の天敵となります。ストレスばかりはクリニックでの治療にあわせ、自分なりのストレス解消法を見つけ、自発的にしっかりと解消していくことが大事です。

親和クリニック銀座院院長 安藤 善郎

監修医師
親和クリニック銀座院院長

安藤 善郎 YOSHIRO ANDO

外科医として30年近くの研鑽を積んだのち、植毛手術に携わる。

科学的根拠に基づく「傷を痛くなく、早く、きれいに治す湿潤療法」の実践、啓蒙活動を行っていた実績を活かし、十分なインフォームドコンセントのもとに患者さまの満足を第一にした自毛植毛手術を提供する。

この記事に関連するキーワード

親和クリニックの自毛植毛と
他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?基本的な違いをわかりやすく一覧表にまとめました。

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

信頼のカウンセリング

最善の医療で、 患者さまのお悩みにお応えします

髪のお悩みの中でも特に薄毛は、誰にも相談することができず、長年一人で悩まれている方が多い印象があります。
私たちはどんな方にも安心してご相談いただけるよう、話しやすい雰囲気を大切にし、患者様に最善の医療をご提供するため、専門知識、技術の研鑽に努め、本質的な問題解決に導く最大限のお手伝いを心がけています。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談ください。

お電話でのお問合せ

電話受付:9:30 - 19:00

新宿院直通  0120-2323-24
銀座院直通  0120-3888-77
名古屋院直通 0120-3737-57
大阪院直通  0120-1212-16
福岡院直通  0120-6767-69