AGA

薄毛・AGAの治療をはじめたい方へ

薄毛(脱毛症)の原因のほとんどを占めるAGA(エージーエー:男性型脱毛症)は、年齢と共に発症率が高まり、50代以降では約2人に1人が発症すると言われています。

しかし薄毛は医療で治せる時代です。

このページでは、薄毛が気になりつつもどう対処したら良いのかわからないとお悩み方向けに、AGA(男性型脱毛症)の仕組みと、その治療方法についてまとめました。
ぜひご一読いただき、治療を始めるきっかけとしていただければ幸いです。

薄毛が改善された笑顔の男性

AGAとは?

近年専門クリニックや市販薬も増え、CMなどでも当たり前のように耳にするようになったAGA(エージーエー)。その名称は「Androgenetic(男性ホルモンの)Alopecia(脱毛症)」の頭文字を取っています。つまり男性ホルモンが影響する脱毛症を意味しています。

男性の加齢による薄毛の原因は、このAGAを発症している場合が多く、日本語では「男性型脱毛症」と訳されますが、女性にも男性ホルモンは存在するため、女性の薄毛の原因にもなります。

なぜAGAは発症するのか?
そのメカニズムは?

では、なぜAGAを発症するのでしょうか。

AGAは、遺伝や環境的な要素がトリガーと考えられていますが、その割合は人により異なり、完全には解明されていません。

しかし近年の研究により、発毛を抑制する働きがある「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンがAGAの直接の原因の一つだということは特定されています。

  1. 男性ホルモンの代表的なホルモンである「テストステロン」が、毛髪を作り出す毛母細胞内の「5αリダクターゼII型」という酵素と結びつく
  2. 結びついた結果、別の男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換される
  3. 「ジヒドロテストステロン(DHT)」が毛髪内部にある男性ホルモン受容体(レセプター)と結合し、脱毛を促進する遺伝子に作用して脱毛が増える

以上が、AGAが発症する大まかなメカニズムです。

AGAのメカニズム

AGAになるとヘアサイクルが乱れてしまう

AGA(男性型脱毛症)が発症していない健康な頭髪でも、脱毛は自然に起こります。髪が発毛してから脱毛するまでのサイクルのことを「ヘアサイクル」と言います。
ヘアサイクルでは「成長期」→「退行期」→「休止期」という過程を繰り返してやがて脱毛しますが、毛髪の太さや長さ、丈夫さはこのうち「成長期」の期間の長さによって決まります。

通常のヘアサイクルであればこの「成長期」の期間は2~6年ありますが、AGAが発症すると数ヶ月から長くても一年ほどで「退行期」に移行してしまいます。

つまりAGAによる脱毛症は、今ある髪がいきなり抜けていくというよりは、「成長期」が短くなることで十分に成長できないまま退行期に入って抜け落ちていく髪が増えて、結果として徐々にボリュームが減り、薄毛が目立つようになるという形です。

一日の抜け毛が100本くらいまでは自然脱毛と言えますが、それ以上の脱毛が認められた場合は、AGAの発症、ヘアサイクルの乱れが起きている可能性があります。

AGAのヘアサイクル AGAのヘアサイクル
¯

AGAの見分け方と薄毛の種類について

「最近髪が薄くなっている気がする」と気になっている方であれば、ご自身がAGAかどうか知りたいと思われますが、AGAの薄毛の形は特徴的であるため、比較的わかりやすいです。

AGAが発症するきっかけのひとつである酵素「5αリダクターゼII型」は、頭頂部~前頭部に集中的に存在しています。
そのため、AGAは額の生え際から後退していくか、頭頂部が薄くなって広がっていくか、あるいはその両方が混合して薄くなっていくタイプがあります。
進行具合によってことなりますが、以下のいずれかの状態で薄毛となっている場合がほとんどです。

AGAの種類
  • Ⅰ型
    脱毛が始まっていても気付かない程度、生え際が後退している状態
  • Ⅱ型
    Ⅰ型より進行しているが、見た目には気にならない程度の状態
  • Ⅲ型
    頭髪全体のボリュームが減ってきて、生え際の進行も目立ち始めた状態
  • Ⅱvertex型
    Ⅱ型程度の生え際の後退と頭頂部がO型に脱毛してきた状態
  • Ⅲvertex型
    Ⅲ型程度の生え際の後退と頭頂部がO型に脱毛してきた状態
  • Ⅳ型
    生え際はⅢ型から後退し、さらに頭頂部にかけても進行している状態
  • Ⅴ型
    生え際、頭頂部はⅣ型から進行し、薄毛の箇所がややつながっているような状態
  • Ⅵ型
    生え際から頭頂部にかけてかなり進行していて、側頭部にのみ毛髪が残っている状態
  • Ⅶ型
    全体的にかなり進行している状態で、Ⅵ型より毛量が減っている状態

AGAは進行性。
おや?と思ったら病院へ。

AGAは進行性の病気であり、一度発症したら自然と治癒するのは難しいと言われています。

親和クリニックでは、「トータルサイエンスヘアケア(総合科学頭髪医療)」をかかげています。薄毛の根本治療を可能にする自毛植毛をはじめ、AGAの原因のひとつである生活習慣の見直しのアドバイス、内服・外用薬を組み合わせた投薬治療など、医学的エビデンスに基づいた多角的な治療プランを、お一人おひとりに合わせてご提案します。

以下でその詳しい治療方法を説明します。薄毛治療は早ければ早いほど進行を食い止め、髪のボリュームを取り戻すのに有利ですので、ぜひ受診をご検討ください。

根本的な治療なら
「自毛植毛手術」

生え際や頭頂部など、薄毛が気になる箇所に確実に髪を生やしたいと思うなら「自毛植毛」がおすすめです。

自毛植毛手術とはどんな治療?

自毛植毛手術は言葉の通り、薄毛になっていない部分の「自分の毛」を、薄毛が気になる箇所に「植え替える」手術です。
毛髪を作り出す細胞、いわば髪を作る工場ごと移植するので、元の髪と同じように長さが伸びたり生え変わったりするのが特長です。

植え替えるのは、AGAが発症しにくく多く残っている「後頭部」や「側頭部」の毛髪です。
そのため、移し替えるために採取された所は見た目上薄くなりませんし、移植後もヘアサイクルが乱れるAGAにもなりにくいのです。

自分の髪であるため、移植に伴う拒絶反応の心配もありません。

自毛植毛の手順

一度生着したらメンテナンスフリー

植え替えた毛髪は、一度生着すればあとは普通の髪と同じように成長、生え変わりをします。
そのため、手術後一年ほどで生え揃ったあとは、メンテナンスの必要はありません。
元の毛髪と同じようにパーマやカラーリングも行えます。

パーマやカラーリングを楽しむ男性

自毛植毛の種類

自毛植毛にはいくつか種類があり、クリニックによって採用している方式が異なります。

ニードル法
専用のニードル(針)を使用し、移植ホールの作成と植毛を同時に一本一本行う術式。
FUT法(ストリップ法)
メスで頭皮ごと切り取ることで移植毛を採取したのち、株ごとに切り分け、移植先の頭皮にスリットを入れて植え込んでいく術式。
FUE法
パンチブレードで株ごと丸くくり抜いて移植毛と採取したのち、多くの場合、移植先もパンチブレードで丸く極細の穴を開け、植毛していく術式。
ロボット植毛
FUE法の一種。移植毛の採取を専用のロボットで自動的に行う。採取した移植毛を植え込む作業は医師が手作業で行う。

親和クリニックの自毛植毛「MIRAI法」

親和クリニックの自毛植毛手術は、パンチブレードと呼ばれるパンチ状の刃でくり抜く「FUE法」を、さらに進化させたオリジナルの「MIRAI法」を採用しています。
使用するパンチブレードは0.5mm-0.6mmと国内最小級の超極小で、痛みを最小限に抑えつつ、経験豊富な医師の植毛技術で高密度な植毛を行います。

また、自毛植毛は移植する髪を採取する際、採取しやすいようにバリカンで短くする必要がありますが、刈り上げることに抵抗がある方のために、一本一本カットして採取する「NC-MIRAI法」というメニューもご用意しています。

施術前
自毛植毛施術前の前頭部
施術から1年後
自毛植毛施術後の前頭部

自毛植毛との併用も!
処方薬による投薬治療

AGAの投薬治療は、内服薬を使って内から、外用薬を使って外からアプローチして脱毛の進行の抑制や、発毛の促進を行います。

確かなエビデンスによって安全性が保証され、かつ発毛効果が認められている成分はそう多くはありません。しっかり医療機関で診察を受けた上で処方してもらいましょう。

内服薬の種類

使用するのは主に、AGAの原因となるホルモンや酵素に作用する薬です。男性と女性で推奨される薬が異なるので注意しましょう。
また、ネット等で出どころ不明な薬を安易に購入すると副作用などの心配があるため、必ず医療機関で処方されたものを服用しましょう。

デュタステリド
AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す5α還元酵素を阻害する内服薬。
5α還元酵素Ⅰ型・Ⅱ型共に阻害する。
フィナステリド
デュタステリドと同様DHTを作り出す5α還元酵素を阻害する効果がある。ただし5α還元酵素Ⅰ型のみ。
パントガール
女性用の飲む治療薬で、主成分はビタミンBやタンパク質、アミノ酸などの基本栄養素。

外用薬「ミノキシジル」

現状、発毛効果が認められている外用薬は「ミノキシジル」のみです。
頭皮に直接塗布する形で外用します。

元々は降圧剤として開発されたものですが、発毛効果が認められたことから、発毛薬として認可された血管拡張作用がある薬です。

1日2回の使用で半年ほど使用すると産毛が生えたり、髪が太くなる効果が期待できます。

市販の薬は効く?
発毛剤・育毛剤・養毛剤との違いは?

薬局などで売っている発毛・育毛・養毛関係の商品について、役割は以下の通りです。

発毛剤
髪の毛を生やす効果が認められている医薬品
育毛剤
今生えている髪の毛を育てる
養毛剤
髪の毛の健康のために必要な栄養分を届ける

中でも「発毛剤」は、厚生労働省から発毛効果が認められた有効成分が配合されているものしか標榜することはできません。また医薬品であるため医師から処方されるか、薬剤師のいる薬局でしか買うことができません。

「育毛剤」「養毛剤」は血行を刺激したり、今ある髪を強くしたりする効果はあっても、生えなくなってしまった部分に髪を復活させるような劇的な効果は期待できないので注意しましょう。

市販の「発毛剤」についても、発毛効果が期待できるような強い薬は病院でしか手に入らないので、クリニックで処方してもらいましょう。

メソセラピー

使用する機器は「注射器」「アクシダーム」「ローラー」「炭酸ガス」「レーザー」など、クリニックによって異なります。
親和クリニックでも「ノーニードル発毛メソセラピー」を提案することがあります。

使用する機器は「注射器」「アクシダーム」「ローラー」「炭酸ガス」「レーザー」など、クリニックによって異なります。
親和クリニックでも「ノーニードル発毛メソセラピー」を提案することがあります。

自毛植毛手術をせず、投薬だけでも薄毛は治る?

投薬治療は、その効果が患者様によって異なります。劇的に効く方もいらっしゃれば、まったく生えてこない患者様もいらっしゃいます。
その点、自毛植毛は一度手術をすれば移植本数のうち80%~90%は確実に生えてくるため、確実性という点では軍配が上がります。

自毛植毛は一度の支払いが高額になるため、金額がネックになるかと思われますが、投薬治療は辞めてしまうと再び脱毛が進行してしまうため、薄毛治療を諦めない限り継続して飲み続ける必要があります。
そういった面まで考えたトータルコストで考えると、実は自毛植毛手術は費用対効果に優れた治療法と言えます。

治療法ごとの費用比較
治療法 費用 治療・メンテナンス回数
自毛植毛 500株715,000円
ローン利用(60回払い):月々10,400円
1回で完了
内服薬 66,000~132,000円/年 継続的な服用が必要。服用を止めると元に戻る。
かつら 1個当たり220,000~550,000円
メンテナンス費用
66,000~132,000円/年
月に1回程度の継続的なメンテナンスが必要

その他の薄毛治療方法

発毛効果や安全性、費用対効果など様々な観点から、当院では採用していない薄毛治療方法をご紹介してきます。

HARG療法

HARGとは、Hair Re-generative theraphyの頭文字をとったもので、育毛成分のある薬剤や成長因子と呼ばれるものを頭皮に注入することで、発毛を促す治療法です。
投与を辞めたあとも効果が続く再生医療であるという主張もありますが、まだ提供が始まったばかりで実例に乏しいのが現実です。

人工毛植毛

自毛植毛が自分の髪を移植するのに対して、人工の毛髪(主にナイロンやポリエステル)を頭皮に植え込む手術です。
拒絶反応などの観点から、日本皮膚科学会が制定したガイドラインでは「行うべきではない施術」に分類されており、現在施術を行っているクリニックは少なくなっています。

増毛

医療行為ではないため正確には「治療」ではありません。
ご自身の髪に人工毛を巻き付けてボリュームアップを図ります。
すぐに見た目が変えられるのがメリットですが、地毛が伸びるため定期的なメンテナンスが必要なことと、髪が生えていない薄毛部分を増やすことはできません。

大切なのは、
一人ひとりにあった治療を行うこと

ここまで、AGA(男性型脱毛症)のメカニズムと、その治療法について解説してきました。
AGAは人体に重篤な危険を及ぼす病気ではありませんが、髪型を気にして積極的になれなかったり、ストレスを感じてしまったりと、精神的な負荷となる場合があります。

一人で悩まず、まずは無料相談を受けてみてください。
頭皮の状態や薄毛の種類を特定し、ご予算と相談しながらお一人おひとりに最適な治療プランをご提案いたします。
もちろん、相談を受けてすぐに治療を始める必要はありません。
まずは「こういう治療をすれば薄毛が治る可能性があるんだ」と知っていただくだけでも心が軽くなるかと思います。
不安な点や疑問は経験豊富な医師が丁寧に説明いたします。ぜひ一度お越しください。

また写真を送って相談ができるメール相談も承っています。遠方の方や、外出を控えている方はお気軽にご利用ください。

親和クリニックの無料相談の様子

親和クリニックの植毛治療

当院では、患者さまのご要望に合わせて自毛植毛が行えるよう3つの自毛植毛よりお選びいただけます。 治療内容は、患者さまの髪の毛の状態などを的確に判断し、最適な治療法を患者さまと共に導きだします。

部位別・症状別の植毛

前頭部と生え際の植毛について

前頭部と生え際の植毛について

「気が付いたら若い頃よりも額が広くなってきた気がする」
実際にそう感じた時には、すでに生え際や前頭葉から薄毛がかなり進行している可能性があります。毎日洗顔や髭剃りの際に鏡で自分の顔を見ているとはいえ、以前よりも額が広くなっているかどうか意識してチェックしている人は少ないため、鏡を見て薄毛になっていることに気づくのは、相応に薄毛が進んでからになるケースが多いです。

頭頂部・つむじの植毛について

頭頂部・つむじの植毛について

頭頂部やつむじ付近の薄毛は、生え際や額と異なりある程度意識しないと目が届かない部分のため、なかなか薄毛になっていることに気づきにくい部位です。そのため頭頂部付近に違和感が出るようになった頃には、薄毛がかなり進行していたというケースもよくあります。

つむじ付近の薄毛は、毛の流れによっては若い頃から頭皮が見えている方もおり、生まれつきなのか、薄毛が進行したことで地肌が見えているのか判断が付きにくいこともあります。この場合は専門の医療機関に相談してみることをお勧めします。

けが・傷跡への自毛植毛

けが・傷跡への自毛植毛

けがや火傷の傷跡で無毛となった部位にも自毛植毛することが可能です。また、美容外科手術(フェイスリフト)よりできてしまった傷跡にも適応することで、傷跡を目立たなくすることが可能です。

眉毛の植毛

眉毛の植毛

ご自身の毛髪を移植するため生着率は高く、一度植毛を行えば毛はほぼ永久的に生え変わります。手術の際は、毛の流れや方向を調整しながら植毛を行うため、理想のラインに近いデザインにすることが可能です。

女性の薄毛治療・ヘアライン矯正

女性の薄毛治療・ヘアライン矯正

親和クリニックでは、原因が複雑な女性の薄毛に対しても、お一人おひとりに合った治療法を一緒に探して解決に導きます。

親和クリニックの自毛植毛なら、「びまん性脱毛症」により、まばらに残った髪の中への植毛も実現。生え際のヘアラインや、地肌が見えたりペタンとしがちなつむじ周りにも植毛可能で、お好きなヘアスタイルを、ご自身の髪で、いつまでも楽しめる人生をご提供します。

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

信頼のカウンセリング

最善の医療で、 患者さまのお悩みにお応えします

髪のお悩みの中でも特に薄毛は、誰にも相談することができず、長年一人で悩まれている方が多い印象があります。
私たちはどんな方にも安心してご相談いただけるよう、話しやすい雰囲気を大切にし、患者様に最善の医療をご提供するため、専門知識、技術の研鑽に努め、本質的な問題解決に導く最大限のお手伝いを心がけています。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談ください。

お電話でのお問合せ

電話受付:9:30 - 19:00

新宿院直通  0120-2323-24
銀座院直通  0120-3888-77
名古屋院直通 0120-3737-57
大阪院直通  0120-1212-16
福岡院直通  0120-6767-69