メール相談 カウンセリング予約
MENU

前髪・生え際・そりこみ・M字の植毛について

前頭部と生え際の薄毛とは

気が付いたら若い頃よりも額が広くなってきた気がする」
実際にそう感じた時には、すでに生え際や前頭部から薄毛がかなり進行している可能性があります。毎日洗顔や髭剃りの際に鏡で自分の顔を見ているとはいえ、以前よりも額が広くなっているかどうか意識してチェックしている人は少ないため、鏡を見て薄毛になっていることに気づくのは、相応に薄毛が進んでからになるケースが多いです。
また、同窓会などで数年ぶりに友人と会った際に薄毛を指摘されて初めて気づくということもあります。もし前頭部や生え際から薄毛になっている家族や親戚がいる場合は、薄毛になる前から注意しながら見ておくとよいでしょう。

前頭部が薄毛になる場合、まずは生え際が少しずつ後退していきます。生え際ラインの毛が細くなる、抜けやすくなる、さらに抜けた毛の毛根が先細りしているといった状態から薄毛の進行に気づくことも多いです。

生え際の薄毛が進んでいくと、前頭部の広い範囲で薄毛になってきます。前頭部の薄毛には両サイドに剃りこみが入ったようなM字型や、額の真ん中が最も後退するU字型といったタイプがあります。


前頭部と生え際の薄毛の原因

前頭部と生え際の薄毛は、男性型脱毛症(AGA)が原因であることがほとんどです。

男性型脱毛症(AGA)には、男性ホルモンの1種であるテストステロンと、還元酵素の5αリダクターゼが結合して生じるジヒドロテストステロン(DHT)が大きく関係しています。このジヒドロテストステロン(DHT)は、「脱毛ホルモン」ともいわれるほど強力な男性ホルモンで、このホルモンが活性化すると毛母細胞の分裂が阻害されたり死滅し、ヘアサイクルや髪の成長が乱れます。

ジヒドロテストステロン(DHT)を生み出す還元酵素の5αリダクターゼには「1型」と「2型」があります。そのうちより強力なものは2型で、身体の中でも頭頂部と前頭部に多く存在します。いずれの部位にも大量の2型が存在するのですが、特に前頭部は頭頂部のさらに2倍ほどの2型5αリダクターゼが存在しており、このため前頭部や生え際はジヒドロテストステロン(DHT)が生じやすく、男性型脱毛症(AGA)による薄毛が特に現れやすい部位になっています。

2型5αリダクターゼが大量に存在する前頭部と生え際の薄毛の場合は男性型脱毛症(AGA)の影響がとても大きいため、食事や運動などの生活習慣の改善だけでは薄毛を改善することが難しい部位でもあります。
さらに頭部や生え際は血管がもともと少ないため毛根に栄養が行き届きにくく、皮膚が堅くなりやすい部位のためますます薄毛になりやすい環境にあると言えます。


前頭部と生え際の薄毛対策法

頭頂部や生え際の薄毛は、男性型脱毛症(AGA)が大きく関わっているため日常生活改善だけで大きく改善することは難しいですが、頭皮の状態を良好にすることで薄毛の進行を遅らせることができる可能性もあります。

前頭部と生え際の薄毛が気になる場合は、日常生活では以下のようなことに気を付けるようにしてください。


1.日常生活を見直す

・ストレスをためない

男性ホルモンはストレスが増えると分泌が促進されます。男性ホルモンが増加すると還元酵素5αリダクターゼと結合しやすくなるため、必要以上に男性ホルモンを増やさないためにもストレスはできるだけ貯めないようにすることが大切です。


・ビタミンやミネラル、アミノ酸を摂取する

バランス良い食生活で頭皮の環境を整え、毛細血管から毛根が栄養素を吸収しやすい状態にします。

その他、以下のような点にも注意して生活を送るとよいでしょう。

・成長ホルモンが分泌されるように睡眠をしっかりととる
・運動を行う
・禁煙する
・頭皮にあったシャンプーを使用する


2.医薬部外品の活用

育毛剤や発毛剤の中には、血行促進、保湿効果があるものや、5αリダクターゼの分泌をブロックする商品なども販売されています。本来であれば医療機関で専門的な治療を受けることを推奨しますが、時間やコスト面でなかなか受診できないという際には、医薬部外品を活用するのもひとつの方法です。


3.医療機関の活用

前述した通り、前頭部や生え際の薄毛には男性ホルモンが大きく関係しており、日常生活の改善だけでは症状を軽減することはかなり難しいと言えます。 よってきちんと薄毛対策を行いたいと考えている場合は、医療機関で治療を受けることが最短の改善策となります。


前頭部と生え際の薄毛治療について

2型5αリダクターゼが大量に存在する前頭部や生え際の場合、薄毛を改善することは頭頂部やつむじの薄毛以上に難しいことが多いです。治療を行っているその間にも薄毛は少しずつ進行していくため、迅速に改善したい際にはきちんと医師による診察を受け、適切な治療を行うことをお勧めします。


1.内服薬(プロぺシア・サガーロ)

プロペシア、サガーロは、いずれも前頭部や生え際に多い2型5αリダクターゼの働きを抑制することができる成分を配合しています。フィナステリドが配合されたプロペシアは、AGA治療薬として長きに渡って処方されています。プロペシア・サガーロはもともと前立腺肥大症の治療薬として開発された処方薬で、前立腺治療薬としては「アボルブ」という名称で製品化されていますが、薄毛治療で使用する際には「サガーロ」という名前で販売されています。有効成分はデュタステリドで、配合量0.1mgのものと0.5mgのものの2つがあります。

※プロペシアとサガーロは男性のAGA治療で使用される内服薬となります。女性のびまん性脱毛症の場合はパントガールを使用します。

詳しく見る


2.外用薬(ハイブリッドミノキシジル)

ハイブリットミノキシジルの主成分であるミノキシジルは、2万人以上の治験によって発毛効果が立証されています。AGA(男性型脱毛症)以外の薄毛にも効果的で男性だけではなく女性にも使用することができます。ミノキシジルには血行促進作用があり、毛細血管から毛乳頭へ栄養素を送り込み、発毛を促進します。特に頭頂部や生え際は皮膚が堅く血行が悪い部位なので、ハイブリットミノキシジルの使用は有効です。

詳しく見る


3.自毛植毛手術

前頭部や生え際は特に発毛が難しい部位であるため、内服薬や外用薬によるAGA治療と併用して自毛植毛手術を行うことが多い部位です。自毛植毛手術では、男性ホルモンの影響を受けない後頭部や側頭部の毛根を前頭部や生え際に移植することで、薄毛になった部位に再び発毛を促す治療です。手術法によっていくつかのパターンがあります。

詳しく見る


前頭部と生え際の植毛 当院の特長

繰り返しになりますが、前頭部や生え際は頭頂部やつむじと比較して2倍以上の2型5αリダクターゼが存在するために薄毛を改善することがとても難しい部位です。

また内服薬や外用薬で治療を行っている間は薄毛の進行はある程度止めますが、根本的な解決には至りません。スピーディ且つ確実に薄毛を改善したい方には、自毛植毛手術をお勧めしています。様々な自毛植毛クリニックがありますが、当院の特長としては以下が挙げられます。

・後頭部(移植元)を刈り上げない自毛植毛治療を確立
・メスを使わず毛穴単位で採取する、患者様の身体的負担の少ない手術を実施
・一般的な植毛手術の2~3倍のスピードで、高密度の移植手術を実施
・術後の洗髪サービスなどアフターケアも万全

東京、名古屋、大阪、福岡に薄毛治療専門クリニックを4院構えている親和クリニックでは、音田総院長をはじめ、植毛治療に長きにわたり研鑽を積み上げた医師が手術を行っています。
中でも前頭部と生え際の植毛については最も症例数が多く実績豊富な植毛部位であるため、数ある植毛クリニックの中でも当院では、圧倒的な症例数に基づいた技術とスピード、そしてアフターフォローの面で沢山の方にご満足いただいております。


「親和クリニックの自毛植毛」

自毛植毛手術にはいくつかの治療法がありますが、当院では特に後頭部の毛髪を刈り上げずに行うFUE法(NC-MIRAI法)による植毛手術が人気です。術後も手術したことが目立たないので仕事への復帰もスムーズなため、経営者や営業職など人と会う機会が多い仕事の方々が多く選ばれています。その他、比較的リーズナブルなFUE法(MIRAI法)や患者様のご要望にあわせてカスタマイズして手術を行うUnited MIRAI法等も用意しております。患者様のご希望やニーズにあわせて最適な治療法を提案しておりますのでお気軽にご相談ください。


「アフターフォロー」

植毛手術直後は、特に頭皮が敏感な状態になっているため、当院では手術翌日に改めて患者様にご来院いただき、専門スタッフによる洗髪サービスと術後の経過観察を実施しています。また洗髪サービスだけではなく、術後の経過観察フォローや、痛み止めの処方も行っておりますので、万が一気になることなどがあればお気軽におっしゃってください。医師はもちろん、看護師、スタッフ全員が最後までしっかりとサポートを行っています。

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約