COLUMN

喫煙習慣が薄毛につながる?
タバコと薄毛の深い関係性

最終更新日:

「百害あって一利なし」と言われているタバコは、実は体だけではなく髪の健康にも良くありません。
タバコにはニコチンやシアン化水素、一酸化炭素などの有害物質が多く含まれており、これらの影響で髪にも被害が及ぶと言われているのです。
一度吸い始めてしまうとなかなか禁煙へ踏み切れない人も多いタバコ。今回は、タバコと薄毛の関係を紹介いたします。

喫煙習慣が髪に悪い理由とは?

タバコを吸うことによって取り込んだ有害物質は、自律神経に作用して血管を収縮させる作用があります。
こういった血行不良は心筋梗塞などの原因となるだけでなく、体に充分な栄養を送り届けられないというリスクも引き起こします。
体は臓器や脳などに優先して栄養分を送り届けるため、優先度の低い髪や頭皮には栄養が届きにくくなってしまうのです。
そのため、慢性的に煙草を吸っている人は頭皮環境や髪質がどんどんと悪化していき、薄毛に繋がってしまうことがあります。
また、タバコに含まれる有害物質には、体内のビタミンを破壊したり悪玉コレステロールを増加させたりという働きもあります。
この働きによって体内のバランスが崩れ、動脈硬化が起きたり倦怠感が続いたりというリスクにつながります。
すると血行不良が起きたり体に必要な栄養分が足りなくなったりするため、頭皮にハリが無くなり髪も細くなってしまいがちなのです。
育毛対策などを行っていても、喫煙を続けている限り薄毛のリスクはゼロにはならないと覚えておくといいでしょう。

突然の禁煙は逆に体や髪に悪い?

「タバコが体に悪いということは分かっていても、なかなか禁煙できない」という人は意外と多いもの。
タバコは髪にも重大な影響をおよぼすものですが、かといっていきなり禁煙をするのは難しいものですよね。
突然タバコをやめることがストレスにつながり、そのストレスが抜け毛や薄毛の原因になってしまうというケースもあるので注意しましょう。

タバコによる薄毛への対策とは?

将来の体と髪の健康のことを考え、無理のない範囲でタバコを減らしていきたいもの。
まずは本数を減らし、可能ならば数日間の禁煙をして体の中の有害物質を少しずつ減らしていきましょう。
煙草の銘柄を無添加のものに変えるとか、電子タバコを試してみるという方法も有効です。
さらに禁煙パイプや禁煙グッズを試してみたり、禁煙外来を受診してみたりするのもオススメ。
「禁煙を達成したら髪が抜けにくくなった」という人は多いものなので、ぜひできることから始めてみましょう。
どうしても自力での禁煙が難しい場合は、外来へ行くこともおすすめです。

体にさまざまな影響を及ぼしてしまうタバコは、できるだけ吸わないようにするのが理想的です。
将来の髪を守るという観点からも、少しずつ禁煙に向けて歩み始めてはいかがでしょうか?

監修:大阪院 医師 安藤 善郎

この記事に関連するキーワード

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?わかりやすく一覧表にまとめました。

詳しく見る

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

無料相談のご予約はこちら

PAGE
TOP