COLUMN

煙草をやめたら髪の毛が生えてくる?
禁煙と抜け毛の関係

薄毛や抜け毛は、男性にとって大きな悩みの一つですよね。そういったお悩みをお持ちの方のなかで喫煙の習慣がある方へ一つご案内があります。禁煙すれば、抜け毛を改善することができるかもしれません。禁煙と抜け毛の関係について、ご紹介していきます。

禁煙すると抜け毛が改善される5つの理由

頭皮の血液の流れがスムーズになる

髪は頭皮の毛細血管から栄養を吸収しています。
ところが、タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させるため、血液を流れづらくさせます。すると、髪が上手く栄養を吸収できなくなります。禁煙することで、頭皮の血液の流れがスムーズになって、頭皮全体に栄養が行き届くようになります。

頭皮を乾燥させない

喫煙の影響で、肌の水分は失われていきます。すると、肌の一部である頭皮の水分も減り、カサカサと乾燥してしまいます。髪が抜けやすくなるので、薄毛が進行してしまいます。禁煙することで、頭皮に適度な水分が与えられて、髪が抜けにくくなります。

男性ホルモンの増加を防ぐ

禁煙することで、男性ホルモンが過剰に増えることが防げます。喫煙の影響で男性ホルモンが増加するといった研究結果が、アメリカのハーバード大学から発表されています。 男性ホルモンの一部は、別名で脱毛ホルモンと呼ばれることがあるほど、抜け毛を増やします。

アミノ酸を増加させる

喫煙は、髪の生成に必要なアミノ酸が含まれる抗酸化物質を減少させて、抜け毛の原因となる活性酸素を増加させます。活性化酸素は頭皮の皮脂を過剰に増やし、それが原因で毛根に皮脂がたまり、髪が弱ってしまいます。禁煙により、活性化酸素を減少させ本来のアミノ酸の量が体内に送り込むことで、頭皮の油分をコントロールすることができます。

ビタミンEを増加させる

ビタミンEには血液の流れを促進させる働きがあります。そのため、髪に成長に必要な酸素や栄養を届ける役割をしています。ところが、ニコチンによってビタミンEが破壊されると、髪に必要な栄養が届かなくなり抜け毛の原因となります。禁煙でビタミンEが本来必要な量まで増えれば、必要な栄養素をいつでもスムーズに髪に届けることができます。

抜け毛の原因は、喫煙以外にも、主な原因として遺伝・生活習慣の乱れ・大量の飲酒・ストレスなどが挙げられます。抜け毛を防ぐには、偏った食生活や睡眠不足を解消したり、お酒をあまり飲みすぎないことも大切です。また、あまりストレスを溜め過ぎず、スポーツやカラオケ、趣味などで適度に発散させてください。忙しい毎日で、なかなか規則正しい生活はむずかしいですが、抜け毛を防ぐためにも日々の生活の見直しを心がけてください。

監修:大阪院 医師 安藤 善郎

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?わかりやすく一覧表にまとめました。

詳しく見る

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約

PAGE
TOP