全国共通フリーダイヤル 0120-8686-71 メール相談 カウンセリング予約
MENU

植毛・自毛植毛のメリット・デメリット

薄毛に悩んでいる方は男女問わず年々増加しています。男性の場合、国内では3人に1人が薄毛に悩んでいると言われています。
その影響で、インターネット上でも薄毛治療に関する情報が多数存在し、どの情報を信じれば良いのか迷う方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

薄毛治療において主に挙げられるのが、育毛シャンプーや内服・外用薬での治療、そして植毛です。育毛シャンプーや内服・外用薬治療などは自宅でできるため、気軽に始められる上に費用の負担も少なく済みますが、改善効果が現れにくい方が多いのも事実です。

「効果を実感したい」
「薄毛の原因を根本から治療したい」

と思っている方に注目されるようになったのが、植毛による薄毛治療です。

治療薬による薄毛治療や育毛シャンプーによる自宅ケアと比べ、薄毛の症状改善効果が高いことが人気の秘密です。

以下では、植毛・自毛植毛のメリットとデメリットについてご紹介します。
植毛に興味がある方は、ぜひご参考にしてください。

植毛・自毛植毛とは?

それでは最初に、植毛・自毛植毛とは何なのか、および薄毛になる原因について見ていきましょう。

植毛とは、頭皮に毛髪を植え込む薄毛治療の方法で、外科手術の一種となります。植毛には大きく分けて、人工毛植毛と自毛植毛の2つがあります。

人工毛植毛とは、合成繊維などの人工物で作った偽の毛髪を頭皮に植え込む手術です。1980年代までは盛んに行われていましたが、身体にさまざまなトラブルが起こることがあり、アメリカではすでに法律で禁止されています。

それに対して自毛植毛とは、後頭部や側頭部などに残っている自分の毛髪を気になる薄毛の部分に移植する手術です。人工毛植毛の合成繊維とは異なりご自身の毛髪であるメリットがあります。

  • 移植後の拒絶反応が起こりにくい
  • 自然な仕上がりが期待できる
  • メンテナンスの必要がない
  • 髪を再び成長させることができる

薄毛になる原因

成人男性に多く見られる薄毛の症状である「男性型脱毛症(AGA)」は、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」が原因物質だといわれています。男性ホルモン「テストステロン」と酵素「5αリダクターゼ」が結合されることにより生成されるDHTは、毛乳頭に作用することによりヘアサイクルを撹乱し、脱毛を促します。ただし、AGAによる薄毛はおもに前頭部や頭頂部で発生し、後頭部や側頭部はあまり脱毛することはありません。自毛植毛によって移植された毛髪が再び成長するのは、後頭部や側頭部の毛髪がAGAの影響を受けにくいことが理由です。

自毛植毛のメリットとデメリット

植毛には人工毛植毛と自毛植毛の2種類があります。
最も大きな違いは、人工毛植毛は作られた髪を移植するのに対し、自毛植毛は患者さま自身の髪を移植するという点にあります。
自毛植毛は費用が高いというイメージから、治療に踏み切れない方も多いようですが、患者さま自身の髪を使用することで、移植後に拒絶反応を起こす心配がない上、定期的なメンテナンスも不要なので、総合的に見ると1回で得られる治療効果に対してコストが低いともいえます。
以下では自毛植毛のメリットとデメリットについて、詳しくご説明いたしますので、まずは自毛植毛とはどのような治療法なのかを知り、患者さまに合った治療法を判断するためにお役立てください。

自毛植毛のメリット

移植後の拒絶反応が起こりにくい

患者さまご自身の髪を移植するため、術後も炎症などの拒絶反応が起こる心配はありません。
治療後のダウンタイムがほとんどないので、治療後も通常どおり生活することができます。

自然な仕上がりが期待できる

親和クリニックのNC-MIRAI法は、刈り上げない術式で自毛植毛を行うことができます。
そのため、周囲に施術を受けたことを知られることなく過ごすことができます。
また、当院には経験豊富なスタッフが施術を行いますので、患者さまの理想に近い自然な仕上がりにすることが可能です。

メンテナンスの必要がない

使用を止めると症状が進行してしまう内服・外用薬での治療やメンテナンスが不可欠なカツラ・ウィッグと異なり、自毛植毛は移植後のメンテナンスがありません。
一度にかかる費用は、内服・外用薬やカツラ・ウィッグと比べ高額であるように思えますが、継続する必要がないのでトータル的な費用を鑑みると、症状によってはお得である場合があります。
また、親和クリニックではメディカルローンやモニター制度をご用意しておりますので、お支払い方法を工夫して無理なく治療を受けることができます。

髪を再び成長させることができる

自毛植毛の最大のメリットであるともいえますが、術後は髪の毛の自然な生え変わりを取り戻すことができます。
移植して生着した髪の毛は抜け落ちた後も再び生えてきます。
また、移植は、薄毛の影響を受けにくい後頭部と側頭部の髪の毛をドナーとすることが多いので、治療後AGAなどの脱毛症の影響で再び抜け落ちる心配もありません。

自毛植毛は、薄毛の症状を根本から改善することができる治療法であるといえるでしょう。

自毛植毛のデメリット

一度の費用が、他の治療法に比べると高め

自毛植毛は、自由診療になりますので、治療費を高いと感じる方もいらっしゃるかと思います。
しかし、親和クリニックでは、メディカルローンによって一度にかかる費用を減らすことができます。また、モニター制度を申し込むことで、治療費そのものの負担を減らすことも可能です。
10%オフ、20%オフ、30%オフ、50%オフと優待価格が異なる4つのプランをご用意しておりますので、上手く活用しながら無理のない範囲で治療を受けることができます。

術式によっては後頭部を刈り上げる必要がある

親和クリニックのMIRAI法は、メスを使わず、一度に4,000株と高密度の移植が可能な術式ですが、後頭部を刈り上げる必要があります。
そのため、一定期間カバーシートをつけたり、帽子を被ったりする必要があります。
しかし、MIRAI法から進化したNC-MIRAI法なら、刈り上げる必要もなく施術を受けることができ、また日帰り手術も可能ですので、忙しい方や人前に出る機会の多い方におすすめです。
さらに、MIRAI法とNC-MIRAI法を組み合わせて行うUnited MIRAI法であれば、症状の進行度合や予算に合わせて術式を組み合わせることができますので、効果面でも費用面でもご満足いただけるかと思います。

自毛植毛を選ぶときのポイント

信頼できるクリニックを探す

自毛植毛を行なっているクリニックは多数あり、自分の髪の毛を薄毛の箇所に移動させ定着させる点は同じですが、その方法はクリニックよって様々です。カウセリング時にどういう術式なのか、そしてなぜそのような方法を採用されているのかについて理解を深めることが重要です。わからないことは遠慮せずに質問し、その質問に対して真摯に対応しないクリニックには、ご自身の大切な毛髪を託すべきではありません。

自毛植毛は薄毛のお悩みに最も効果的な治療方法ではありますが、技術力によって大きな差が生まれます。また、決して安価な治療ではないため、信頼できるクリニックを見極めることがとても重要です。

無料カウンセリングを有効に活用しましょう

植毛・自毛植毛のメリットとデメリットについてご説明してきましたが、理解を深めていただけましたでしょうか?
脱毛症は、進行性の症状であり、自然治癒することはほとんどありません。
早期に治療をすることで、高い効果が期待でき、コストを最小限に抑えることができます。
薄毛が気になり始めた方も、長年お悩みになっている方もまずはお近くのクリニックで診察を受けることをおすすめします。

親和クリニックでは無料カウンセリングを行っております。お気軽にご相談ください。

この記事に関連するキーワード

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約