COLUMN

遅く始めるほど効果が薄い!?
意外と知らない薄毛治療のこと

薄毛治療は遅く始めるほど効果が薄くなる

実は多くの薄毛治療経験者が、早い内に薄毛治療を受けなかったことで後悔しています。

なぜかというと薄毛治療はだいぶ進行が進んでしまった後で開始しても、なかなかいい結果を生み出すことができないからです。

薄毛は本人でも気付かないくらいのスピードで少しずつ進行していきます。

中でもAGAは女性の脱毛症と比べて進行を止めるのが難しくなっているので、特に男性の皆さんは注意が必要です。

またAGAは遺伝的な要素が非常に強いため、家族や親戚に薄毛の人が多いという方も若い内から注意をしておいた方が良いでしょう。

髪の細胞の分裂回数は決まっている

人間の髪の毛は「毛母細胞」という毛乳頭周辺にある細胞組織が分裂することで作られています。

そして人間の細胞が分裂できる回数は一部を除いて40〜50回と決まっており、これは毛母細胞も同じです。

そのため毛母細胞は40〜50回に渡る細胞分裂を終えると、寿命を迎えて分裂を行わなくなるため、頭皮からは新しい頭髪が生えなくなってしまうのです。

この回数について少ないと感じるかもしれませんが、ヘアサイクルの周期はだいたい2年から6年くらいなので、正常な髪の方であればどんなに短くても毛母細胞が80年は持つということになります。

しかしAGAを発症している男性のヘアサイクルはひどい場合は半年という短い期間になってしまうため、その場合細胞分裂できる回数が40回だと仮定すると、わずか20年で寿命を迎えることになってしまうのです。

こういった理由から「毛母細胞の分裂できる残り回数が多い内に薄毛治療を始めた方が良い」とされているのです。

できるだけ早い薄毛治療を!

確かに薄毛治療はいつでも始めることができますが、いつでもできるからといって後回しにしていると後悔することになるかもしれません。

薄毛の治療には自分の毛髪を移植する「自毛植毛」が最も効果的です。

毛母細胞の分裂回数が多い内に自毛植毛による薄毛治療を受け、治療の効果を最大限に発揮できるようにしていきましょう。

監修:総院長 音田 正光

この記事に関連するキーワード

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?わかりやすく一覧表にまとめました。

詳しく見る

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

無料相談のご予約はこちら

PAGE
TOP