COLUMN

分け目が薄い?薄毛の7つの原因と分け目をふわりと回復する画期的な治療法も解説

分け目が薄い?薄毛の7つの原因と分け目をふわりと回復する画期的な治療法も解説

『分け目が薄くなる原因とは?』
『分け目の薄毛はどう治せばいいの?』

分け目が薄くなると、ヘアスタイルが決まりにくくなったり、生え際や頭頂部に周囲の視線を感じたりしてしまいます。分け目が薄いと鏡を見るたびに憂鬱な気分になり、毎日がストレスに変わってしまうことも。そのため、分け目の薄毛を改善したいとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、年間1500件以上の薄毛治療を行う親和クリニックが、分け目の薄毛の原因と対策について解説します。

この記事を読めば、分け目のボリュームを回復する画期的な治療法もわかります。

親和クリニックでは、分け目の薄毛でお悩みの方のために無料カウンセリングを実施しています。最適な治療プランを無料でご提案しておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。

分け目が薄くなる原因

分け目が薄くなる原因には、さまざまなものが考えられます。分け目の薄毛の主な原因は以下の7つです。

  • AGA(男性型脱毛症)
  • びまん性脱毛症
  • 牽引性脱毛症
  • 誤ったヘアケア
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • 紫外線

それぞれを解説します。

AGA治療をやめられない場合、費用はどのくらいかかるの?

分け目が薄くなる1つ目の原因は、AGA(男性型脱毛症)です。

日本人男性の薄毛の原因の9割以上はAGAであるため、分け目の薄毛が気になっている男性はAGAを発症している可能性が高いと考えられます。

AGAは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、頭皮に存在する酵素5αリダクターゼの影響を受けて、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化することで引き起こされる進行性の脱毛症です。DHTは毛根の組織にある男性ホルモンレセプターと結合し、発毛を抑制するTGF-β1という物資が生成されます。これにより、毛髪のライフサイクルが乱され、通常は2~6年ある毛髪の成長期が、数ヶ月~1年程度に短縮化されます。

TGF-βが活性化されるまでの流れ

成長期が短縮化された毛髪は、太く長い状態にまで成長できず、細く短い状態で抜け落ちていきます。AGAが進行すると、細く短い毛髪が増えていくため、髪全体にハリやコシがなくなり、頭皮が見えやすくなってしまいます。

抜け落ちた毛髪は再び生え変わることができますが、成長期が短縮化されているため、再び細く短い状態で抜け落ちます。毛根の細胞は無限に再生できないため、やがて寿命を迎えた毛根の細胞から死滅していきます。毛根の細胞が死滅した毛穴からは再び毛髪が伸びていくことはないため、徐々に薄毛の範囲が拡大していくことになります。

AGAの薄毛の特徴

分け目が薄い状態は、AGAが進行過程である可能性が高いです。抜け毛の中に細く短いミニチュアのような弱々しい髪が含まれていませんか?洗面所やお風呂場、枕元などの抜け毛の状態をチェックしてみましょう。

また、AGAは生え際や頭頂部から進行を始めるという特徴もあります。これは、5αリダクターゼⅡ型が、生え際や頭頂部に多く存在するためです。5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型がありますが、特にAGAに大きな影響を与える5αリダクターゼⅡ型は、生え際や頭頂部に多く存在する酵素です。そのため、AGAを発症すると5αリダクターゼⅡ型が多く存在する生え際や頭頂部から薄毛が進行を始めます。

剃り込み部分がM字に後退したり、つむじのあたりが薄くなっていたりする場合は、AGAを発症している可能性が高いです。分け目の薄毛が気になる場合は、おでこや剃り込み、つむじのあたりの頭皮の状態を確認してみましょう。生え際や頭頂部の頭皮が薄っすらと見えていて、産毛のような細く弱々しい毛髪が多い場合は、AGAである可能性が高いです。

AGAは進行性の脱毛症

AGAは進行性の脱毛症であり、完治させる治療法は存在しません。そのため、何もせずにそのままでいると、時間の経過とともに薄毛の範囲はどんどん拡大していきます。AGAは自然に治癒したり、途中で薄毛の進行が止まったりすることはなく、生え際や頭頂部を中心に頭皮が見えやすくなっていきます。

AGAが進行すると、分け目のヘアスタイルも維持しにくくなります。髪が細くなり、密度も薄くなっていくため、ハリやコシが失われて髪型が崩れやすくなるからです。分け目のボリュームが減ってしまったり、頭皮が見えやすくなったりしている場合は、AGAが進行している可能性が考えられます。

AGAは早期治療で改善できる

ただし、AGAを発症したとしても諦める必要はありません。薄毛を改善する治療法が確立されているからです。薬によってAGAの進行を抑えつつ発毛を促す治療法や、AGAになりにくい自分の毛髪を移植することで分け目をふわりと回復させる自毛植毛という治療法があります。

早めに治療を始めれば、より効果的な改善が期待できますので、薄毛を治したい方は親和クリニックまでご相談ください。

びまん性脱毛症

分け目が薄くなる2つ目の原因は、びまん性脱毛症です。

びまん性脱毛症は、女性に多く見られる脱毛症で、原因は女性ホルモンの減少によると考えられています。びまんとは、全体に広がりはびこるという意味です。

女性ホルモンは、女性らしい艶やかで密度のある長く美しい毛髪の育成に欠かせません。女性ホルモンの分泌が活発であるほど、髪は健康的な輝きに満ちた状態になります。ハリやコシも強く、分け目はふんわりとしたボリューム感に溢れています。

しかし、女性ホルモンは20代をピークに年々減少していきます。加齢や出産、更年期、閉経などを経て、女性の髪の太さは70代で1/4にまで低下していくことがわかっています。

歳を重ねるにつれて1/4の細さに
出典:社団法人日本毛髪科学協会『皮膚と美容』
vol.40No.22008毛髪の太さの経年変化

女性ホルモンが減少すると、髪が全体的に細くなったり、もろく切れやすくなったりします。分け目を中心に髪のボリュームが減少し、ぺたんとした弱々しい状態になっていきます。頭皮が目立ちやすくなり、ヘアスタイルもキープしづらくなってしまいます。

加齢や女性ホルモンの減少を食い止めることはできませんが、クリニック治療であれば薄毛を改善することは可能です。髪の成長に必要な栄養を薬で補給したり、自分の元気な毛髪を分け目の部分に移植したりすることができるからです。

びまん性脱毛症でお悩みの方は、お早めに親和クリニックまでご相談ください。びまん性脱毛症は時間の経過とともに徐々に進行していきますので、早めの治療開始がおすすめです。

牽引性脱毛症

分け目が薄くなる3つ目の原因は、牽引性脱毛症です。

牽引性脱毛症は、長期間にわたって髪を引っ張り過ぎることで頭皮や毛根がダメージを受け、薄毛が徐々に進行していく脱毛症です。ポニーテールやおだんご、ヘアゴムで強く縛るなどのヘアスタイルは、頭皮や毛根に強い負荷がかかり続ける場合があります。分け目を同じ位置に固定していたり、きついカチューシャや帽子などで頭を圧迫することも、牽引性脱毛症を引き起こす可能性がありますので注意が必要です。

牽引性脱毛症が疑われる場合は、ヘアスタイルや分け目の位置を変え、頭皮や毛根に負担がかからないように工夫してみましょう。ナチュラルな髪型に変えることで、分け目の薄毛が改善する場合があります。

ただし、長期間にわたる牽引によって、すでに毛根の細胞が死滅している場合、薄毛が改善できない可能性もあります。この場合、薄毛を改善するには自毛植毛が唯一の治療法となります。自毛植毛による改善にご興味のある方は、最新式の自毛植毛ができる親和クリニックまでご相談ください。

誤ったヘアケア

分け目が薄くなる4つ目の原因は、誤ったヘアケアです。

誤ったヘアケアによって頭皮や毛根がダメージを受け、分け目が薄毛になる場合もあります。誤ったヘアケアとは、以下のようなケアとなります。

  • 1日に何度も洗髪をする
  • 洗髪の際に爪を立てたり、ごしごしと強く擦ったりする
  • シャンプーやリンスをすすぎ残す
  • ドライヤーを使わずに自然乾燥する
  • 過度にヘアカラーやパーマを繰り返す

誤ったヘアケアを繰り返すと、頭皮が悪化して炎症や乾燥を起こしやすくなります。頭皮環境が悪化すると、皮脂が過剰に分泌されて毛穴がつまりやすくなり、抜け毛が増える原因になります。頭皮はとてもデリケートなものなので、強い刺激や摩擦を与えないことが大切です。

洗髪の際は泡でやさしくマッサージをして、シャンプーやリンスが残らないようにしっかりとすすぎ洗いをしましょう。清潔なタオルで水分を吸収させたら、自然乾燥させずにドライヤーで乾かしましょう。ドライヤーを使う際は、分け目の頭皮が火傷しないよう20センチ以上離してください。頭皮の乾燥やかゆみが気になる場合は、保湿効果のある育毛剤を使うとよいでしょう。ヘアカラーやパーマは短期間に何度も行わないこともおすすめします。

生活習慣の乱れ

分け目が薄くなる5つ目の原因は、生活習慣の乱れです。

生活習慣とは、食事、睡眠、運動といった基本的な活動のことです。栄養バランスが偏った食事や寝不足、睡眠不足が常態化してしまうと、髪の健康や成長が阻害されたり、頭皮環境が悪化したりして薄毛や抜け毛の原因になります。以下を参考にしていただき、生活習慣の改善に取り組んでいきましょう。

栄養バランスの良い食事

毛髪の健康や成長は、食事による栄養で支えられています。毛髪の主成分はケラチンというタンパク質の一種であるため、タンパク質を多く含む食品とタンパク質の合成に必要なビタミンやミネラルを多く含む食品を積極的に食べることが大切です。

タンパク質 肉、魚、卵、大豆、チーズ、牛乳など
ビタミン 野菜、果物、レバー、ウナギなど
ミネラル 海藻、貝、ナッツ、玄米、納豆など

外食やインスタント食品、甘いジュースやお菓子などは、糖質や脂質が多くなりがちで、頭皮環境を悪化させる原因になります。なるべく自炊を心がけて、栄養バランスの整った食事を摂りましょう。自炊が難しい場合でも、サラダやトッピング、小鉢などを追加して、野菜や果物を積極的に食べることをおすすめします。

十分な睡眠時間の確保

寝不足は、自律神経の働きを乱し、ストレスの蓄積や血流の悪化、成長ホルモンの分泌低下などを引き起こし、毛髪の健康や成長に非常にネガティブな影響を及ぼします。心身の健康にも多大な影響があるため、どんなに忙しくても寝不足にならないように注意しましょう。

1日7時間以上の睡眠時間を確保し、ストレスや疲れをしっかりとリフレッシュしましょう。寝る時間と起きる時間を決め、生活のリズムを徐々に整えていくことが大切です。夜はぬるめのお湯にゆったりと入浴し、寝る前は読書やストレッチをしてゆったりと過ごすと眠りやすくなります。朝起きたら窓を開け、朝日をしっかりと浴びると体内時計がリセットされ、夜も入眠しやすくなります。

寝不足気味の時は、昼休みや休憩時間に10分程度の仮眠を取ることもおすすめです。毛髪の健康と成長を促進するために、睡眠時間は削らないようにしましょう。

適度な運動の習慣化

運動不足は血流の悪化やホルモンバランスの乱れ、ストレスの蓄積などの原因になり、薄毛や抜け毛を引き起こします。1日30分程度の有酸素運動を習慣化し、運動不足を解消していきましょう。

ウォーキングやジョギング、体操などの手軽で継続しやすい運動がおすすめです。運動する時間が取れない場合は、通勤や買い物の際に1駅歩いたり、なるべく階段を使ったりして移動すると運動量を増やせます。

運動不足にならないように注意し、分け目の薄毛を改善していきましょう。

ストレス

分け目が薄くなる6つ目の原因は、ストレスです。

慢性的なストレスを受けた身体は、自律神経のバランスを崩しやすくなり、血流の悪化やホルモンバランスの乱れ、睡眠不足などを引き起こし、薄毛や抜け毛の原因になっていきます。皮脂の過剰分泌や成長ホルモンの分泌低下の原因にもなり、頭皮環境も悪化しやすくなります。

分け目の薄毛を改善するには、ストレスを発散することが大切です。ストレスを発散するためには、趣味や運動に没頭できる予定を日々のスケジュールに組み込むことをおすすめします。音楽鑑賞やカラオケ、散歩、ゲーム、料理、ショッピングなど、自分が好きだと思える時間をしっかりと確保してストレスを上手に発散していきましょう。

ストレスは毛髪だけでなく、心身の健康にも多大な影響を及ぼします。分け目の薄毛を少しでも改善できるよう、積極的にストレス発散に取り組みましょう。

紫外線

分け目が薄くなる7つ目の原因は、紫外線です。

分け目は頭皮に日差しが当たりやすく、紫外線対策も疎かになりがちなため注意が必要です。紫外線を浴びた肌は乾燥しやすくなり、炎症を起こしやすくなって頭皮環境が悪化する原因になります。頭皮環境の悪化は薄毛や抜け毛の原因になるため、紫外線対策をしっかりと行うことが大切です。

頭皮を紫外線から守るためには、帽子や日傘の利用が効果的。なるべく日陰を選んで歩く、日焼け止め効果のあるヘアスプレーを使用することもおすすめです。

紫外線は頭皮だけでなく、毛髪にもダメージを与えて髪をもろくします。また、紫外線は曇りの日や冬の晴れた日にも降り注いでいるため要注意。頭皮や毛髪を守るために、紫外線対策は年間を通じてしっかりと行っていきましょう。

薄毛の原因は非常に複雑であり、複数の原因がからみ合うこともあるため、セルフケアでの改善を難しくさせている場合も多いです。そのため、分け目の薄毛を効果的に改善したい場合は、早めにクリニック治療に切り替えることをおすすめします。

分け目の薄毛の原因を知り、効果的な治療を行いたい方は、親和クリニックの無料カウンセリングをご利用ください。分け目の薄毛を改善する最適な治療プランを無料でご提案いたします。

分け目の薄毛を改善する3つの治療法

分け目の薄毛を改善するには、早めにクリニック治療を開始することがおすすめです。医療機関であれば、薄毛の原因を正確に見極め、適切な治療を行えるからです。

分け目の薄毛を改善する主な治療法には以下の3つがあります。

  • 内服薬治療
  • 外用薬治療
  • 自毛植毛

それぞれを解説します。

内服薬治療

分け目の薄毛を改善する1つ目の治療法は、内服薬治療です。

男性向けの内服薬には、フィナステリドとデュタステリドがあります。フィナステリドは5αリダクターゼⅡ型に、デュタステリドは5αリダクターゼⅠ型とⅡ型の両方に作用することで、AGAの進行を抑えることができます。

女性向けの内服薬には、パントガールがあります。ビタミンB1やケラチン、L-シスチンなどの毛髪の成長に必要な栄養素を補うことで、薄毛を効果的に改善できます。

いずれも比較的安全性の高い薬剤ですが、まれに副作用を起こすリスクがあるため、必ず医師の処方を受けることが大切です。また、いずれも即効性はなく、薄毛を改善したいと思う限りは長期的な服用が必要となるため、治療途中で挫折しないことが求められます。

外用薬治療

分け目の薄毛を改善する2つ目の治療法は、外用薬治療です。

男女ともに効果が期待できる外用薬にミノキシジルがあります。ミノキシジルはもともと高血圧症の薬でしたが、副作用として多毛が見られたため発毛剤として転用されました。ミノキシジルを頭皮に塗布することで、毛細血管が拡張され、毛根に供給される栄養や酸素の量を増大し、発毛を促すことができます。

ミノキシジルも安全性の高い薬剤ですが、まれに発疹やかぶれ、かゆみなどの副作用を起こすリスクがあるため、医師や薬剤師の指導のもと正しく使用することが大切です。また、ミノキシジルも即効性がないため、長期継続的な使用が前提となります。

自毛植毛

分け目の薄毛を改善する3つ目の治療法は、自毛植毛です。

自毛植毛は、自分の元気な毛髪を薄毛の部分に移植する外科手術です。毛根の細胞ごと採取して移植しますので、移植した毛髪の多くはその場に生着し、その後は生え変わり続けることができます。自毛植毛なら、ふわりとした分け目のボリュームを回復することも可能です。

移植する毛髪は自分のものなので、拒絶反応などの副作用の心配はほとんどなく、自然な風合いで薄毛を改善できます。かつらやウィッグのように周囲に違和感を与える心配はなく、汗や水に濡れても焦ることもありません。周囲の毛髪と同じように伸び続けますので、洗髪や散髪も今まで通りに行え、ヘアカラーやパーマも楽しめます。

また、自毛植毛の大きなメリットが、1回の治療で完了できることです。移植した毛髪は生え変わり続けるので、薬を飲み続けたり、定期的に通院したりする必要がありません。薄毛になる前のストレスフリーな状態に近づくことができるので、薄毛のお悩みは根本的に解決されます。

親和クリニックが提供する最新式の自毛植毛なら、メスを使わずに移植を行いますので、傷や痛みが残りにくく、ダウンタイムもほとんどありません。日帰りで手術は完了でき、翌日にはクリニックで洗髪ができるほど回復が早いのもメリットです。

ただし、自毛植毛も治療が早いほど効果的です。薄毛の範囲が狭いほど、残存する毛髪の量が多いほど、薄毛改善の効果は高く、手術に必要な時間やお金も節約できるからです。

親和クリニックでは、分け目の薄毛でお悩みの方のために無料カウンセリングを実施しています。男性の患者さまはもちろん、最近では女性の患者さまも多くご来院されていますので、どうぞ安心してお悩みをご相談ください。

薄毛のよくある質問

分け目の薄毛に関するよくある質問をまとめました。

Q

分け目が薄くなる原因は何ですか?

A

分け目の薄毛の原因は、AGA(男性型脱毛症)やびまん性脱毛症、牽引性脱毛症、誤ったヘアケア、生活習慣の乱れ、ストレス、紫外線などが考えられます。薄毛の原因は複雑なため、効果的な薄毛改善をご希望の場合は、年間1500件以上の薄毛治療を行う親和クリニックまでご相談ください。

Q

分け目の薄毛は治せますか?

A

薄毛はクリニック治療で効果的な改善が期待できます。薬によって薄毛の進行を抑えたり、発毛を促したりすることができます。

また、自分の元気な毛髪を薄毛の部分に移植する自毛植毛なら、薄毛のお悩みを根本から解決できます。自毛植毛なら毎日の手間暇もなく、自然な風合いで薄毛を改善できますので、薬による長期継続的な治療が難しいと感じる方におすすめの治療法です。

Q

同じ分け目を続けると薄毛になりますか?

A

分け目をいつも同じ位置にしていると、頭皮や毛髪がダメージを受けてしまい、薄毛や抜け毛の原因になる場合があります。ポニーテールやおだんご、ヘアゴムなどで髪を引っ張り過ぎることも薄毛の原因になる場合がありますのでご注意ください。

分け目の位置は固定せず、ナチュラルなヘアスタイルを楽しんでいただくと、薄毛予防にも効果的です。

まとめ 分け目の薄毛でお悩みなら親和クリニックへご相談を

今回は、分け目の薄毛の原因と治療法について解説しました。

分け目の薄毛の原因は複雑であり、セルフケアでの改善は難しい場合があります。薄毛は時間とともに進行していきますので、治療を始めたい場合はお早めに親和クリニックまでご相談ください。

親和クリニックは、年間1500件以上の薄毛治療の実績があるため、分け目の薄毛も効果的な改善が期待できます。自毛植毛なら、自然な風合いで分け目の薄毛を改善でき、日々の手間暇も必要ないため、薄毛になる前のストレスフリーな状態に近づけます。

親和クリニックでは、分け目の薄毛でお悩みの方のために無料カウンセリングを実施しています。最適な治療プランを無料でご提案しておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。

親和クリニックの自毛植毛と
他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?基本的な違いをわかりやすく一覧表にまとめました。

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

信頼のカウンセリング

最善の医療で、 患者さまのお悩みにお応えします

髪のお悩みの中でも特に薄毛は、誰にも相談することができず、長年一人で悩まれている方が多い印象があります。
私たちはどんな方にも安心してご相談いただけるよう、話しやすい雰囲気を大切にし、患者様に最善の医療をご提供するため、専門知識、技術の研鑽に努め、本質的な問題解決に導く最大限のお手伝いを心がけています。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談ください。

お電話でのお問合せ

電話受付:9:30 - 19:00

新宿院直通  0120-2323-24
銀座院直通  0120-3888-77
名古屋院直通 0120-3737-57
大阪院直通  0120-1212-16
福岡院直通  0120-6767-69