COLUMN

AGAを発症したら終わり?AGAの原因や見分け方、最新の薄毛治療法も解説

AGAを発症したら終わり?AGAの原因や見分け方、最新の薄毛治療法も解説

『AGAを発症したら終わりなの?』
『薄毛を治す方法はないの?』

AGAを発症したら終わりなのでしょうか?実は、現在はAGAを効果的に改善する治療法が確立されています。そのため、AGAになったからといって諦める必要はありません。とはいえ、日に日に増えていく抜け毛に不安を抱え、どうすれば良いかわからずにお困りの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、年間1,500件以上の薄毛治療を行う親和クリニックが、AGAを発症したら終わりと言われている理由やAGAの原因、見分け方を解説します。

この記事を読めば、薄毛のお悩みを根本から解決する最新の治療法もわかります。

親和クリニックでは、薄毛でお悩みの方のために無料カウンセリングを実施しています。最適な治療プランを無料でご提案しておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。

AGAを発症したら終わり?5つの理由

世間ではまだまだ、AGAを発症したら終わりだという認識が一般的です。AGAを発症したら終わりと言われている主な理由は以下の5つと考えられます。

  • AGAは進行性の脱毛症だから
  • AGAは完治しないから
  • 治療にはお金がかかり続けるから
  • 毎日の対策が非常に面倒だから
  • 薄毛だと女性にアプローチしにくいから

それぞれを解説します。

AGAは進行性の脱毛症だから

AGAを発症したら終わりと言われる1つ目の理由は、AGAは進行性の脱毛症だからです。

AGAは、加齢や遺伝、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなどの影響を受けながら、時間の経過とともに薄毛が進行していきます。進行性の脱毛症であるため、何も対策をしなければ薄毛の範囲はどんどん拡大していきます。

AGAは自然に治癒したり、薄毛の進行が途中で止まったりすることはありません。そのため、一般的には『AGAを発症したら終わり』と言われているようです。

しかし、実際は早期治療によってAGAは効果的な改善が期待できます。薬によってAGAの進行を抑えつつ発毛を促したり、AGAになりにくい自分の毛髪を薄毛の部分に移植したりすることができるからです。AGAは治療が可能であり、薄毛は治すことができます。AGAを発症しても、決して終わりということではありません。

『もう年だから・・・』、『遺伝だから・・・』と諦めずに、薄毛でお悩みの方は親和クリニックまでご相談ください。

AGAは完治しないから

AGAを発症したら終わりと言われる2つ目の理由は、AGAは完治しないからです。

AGAは現代の医学で完治させることはできません。加齢や遺伝の影響を完全に排除できないからです。完治できない脱毛症であるため、一般的には『AGAを発症したら終わり』と言われてしまうのかもしれません。

確かに、AGAは完治できません。しかし、AGAは治療によって進行を遅らせることができます。また、AGAになりにくい後頭部や側頭部の毛髪を薄毛の部分に移植する自毛植毛なら、生着した毛髪が半永久的に生え変わり続けるため、薄毛のお悩みを根本から解決できます。

親和クリニックが提供する最新式の自毛植毛なら、移植した毛髪の多くがその場に生着するため、1回の治療で完了できます。自分の毛髪を使うため、自然な風合いで薄毛を改善できるので、かつらやウィッグのように周囲に違和感を与える心配もありません。

AGAを完治できる治療法はありませんが、薄毛は早期治療で改善が可能です。完治しないからといって諦めることなく、まずは親和クリニックの無料カウンセリングにご来院ください。薄毛のお悩みを解決する最適な治療プランを無料でご提案いたします。

治療にはお金がかかり続けるから

AGAを発症したら終わりと言われる3つ目の理由は、治療にはお金がかかり続けるからです。

AGAは完治しない脱毛症であるため、一般的な治療法である薬物治療はお金がかかり続けてしまいます。例えば、30代後半からAGA治療を始めたとして、50代後半まで治療を続けた場合の治療期間は約20年です。内服薬と外用薬をあわせて月1万5千円の治療費だった場合、20年間のトータルコストは360万円にもなります。

薬物治療
月1万5千円の治療を30代後半から
50代後半まで続けた場合
1万5千円×12か月×20年=
360万円

治療期間が長くなれば、トータルコストはさらに高くなってしまいます。治療を続ければ続けるほどお金がかかり続けてしまうため、一般的には『AGAを発症したら終わり』と言われてしまうのでしょう。

しかし、AGAの治療法は薬物治療だけではありません。AGAになりにくい自分の毛髪を薄毛の部分に移植する自毛植毛なら、1回の治療で完了でき、その後は通院やメンテナンスが必要ありません。生着した毛髪は半永久的に生え変わり続けるため、薄毛になる前のストレスフリーな毎日を取り戻せます。

親和クリニックが提供する最新式の自毛植毛なら、500株(約1,250本)の移植で71万5千円~、1,000株(2,500本)の移植で121万円~となっております。

自毛植毛
500株(1,250本)を移植した場合
71.5万円

お得なモニター料金や低利率の医療ローンを活用すれば、一括支払いの負担も大幅に軽減できます。AGA治療の費用でお悩みの方は、親和クリニックの無料カウンセリングにてご相談ください。

毎日の対策が非常に面倒だから

AGAを発症したら終わりと言われる4つ目の理由は、毎日の対策が非常に面倒だからです。

一般的なAGA治療法である薬物治療では、内服薬を1日1回、外用薬を1日2回、毎日欠かさずに継続する必要があります。AGAは風邪のように数日間で治るものではないため、薄毛を改善したいと思う限りは薬物の長期継続が必要です。

毎日の手間暇はもちろん、定期的な診察も必要であるため、治療途中で挫折してしまう方もいらっしゃいます。薬物治療の効果は積み上がらないため、治療をやめてしまえばAGAが再び進行を始めてしまいます。

以上のような理由から、薬物治療による長期継続的な努力は難しいと感じる方が多いです。

一方、自毛植毛なら、日々の継続的な努力は必要ありません。移植した毛髪の多くはその場に生着し、その後は半永久的に生え変わり続けるからです。定期的な通院やメンテナンスも不要なため、長期継続的な努力が難しいと感じる方にも自毛植毛はおすすめの治療法となります。

薄毛だと女性にアプローチしにくいから

AGAを発症したら終わりと言われる5つ目の理由は、薄毛だと女性にアプローチしにくいからです。

薄毛だから女性に好かれないということはありませんが、薄毛になってしまうと積極的に女性にアプローチすることが難しいと感じてしまう方もいらっしゃいます。女性と話している最中に生え際や頭頂部に視線を感じてしまうと、堂々と振舞えなくなってしまうかもしれません。

AGAは薄毛になってしまうだけでなく、行動が委縮してしまったり、自信を喪失してしまったりするというデメリットがあります。そのため、AGAを発症したら終わりといわれてしまうのかもしれません。

しかし、AGAは治療で改善が可能です。薄毛を治したいとお考えであれば、諦めることなく親和クリニックまでご相談ください。お一人では解決できないお悩みも、親和クリニックの医師とご相談いただければ根本的な解決策がきっと見出せます。

AGAでお悩みの方は、年間1500件以上の薄毛治療を行う親和クリニックに相談してみませんか?無料カウンセリングでは、最適な治療プランを無料でご提案しております。どうぞお気軽にご来院ください。

AGA発症を見逃さないための3つのサイン

AGA発症には特徴的なサインがあります。AGAの発症が気になる方、AGAによる薄毛の進行が心配な方は、以下の3つのサインを見逃さず、早めの治療開始をご検討ください。

  • 抜け毛の中に細く短いものが多く含まれる
  • 前頭部や頭頂部の髪のボリュームが減っている
  • 1日の抜け毛が100本を軽く超えている

それぞれを解説します。

抜け毛の中に細く短いものが多く含まれる

AGA発症を見逃さないための1つ目のサインは、抜け毛の中に細く短いものが多く含まれることです。

洗面所の床やヘアブラシの抜け毛の状態をチェックしてみましょう。まるでミニチュアのような細く短い抜け毛が多い場合は、AGAを発症している可能性があります。これは十分な成長ができないまま毛髪が抜け落ちているサインです。

AGAは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、頭皮に存在する酵素5αリダクターゼの影響を受けて、DHT(ジヒドロテストステロン)という強力な男性ホルモンに変換されることで引き起こされます。DHTは毛根の細胞の中にある男性ホルモンレセプターと結合し、発毛を抑制するTGF-β1という成分を産生し、毛髪のライフサイクルを短縮化させます。

TGF-βが活性化されるまでの流れ

通常、2~6年もある毛髪の成長期は、AGAになると数ヶ月~1年程度に短縮化されます。成長期が短縮化された毛髪は太く長い状態にまで成長することができず、細く短い状態で抜け落ちてしまいます。

AGAのヘアサイクル

もともと毛髪は脱毛と再生を繰り返しているため、抜け毛自体は異常なことではありません。しかし、細く短いミニチュアのようなものが抜け毛の中に多く含まれる場合は、異常な脱毛を起こしている可能性が高いのです。

毛髪の細胞は再生して再び生え変わりますが、成長期が短縮化されているため、すぐにまた抜け落ちてしまいます。短期間で脱毛と再生を繰り返した毛髪の細胞はやがて死滅し、薄毛の範囲がどんどん拡大していくことになります。

十分な成長期を迎えられず、細く短い状態で抜け落ちる毛髪は異常な抜け毛のサインです。AGA発症が疑われるため、薄毛を改善したい場合は早めにクリニック治療に切り替えることをおすすめします。

前頭部や頭頂部の髪のボリュームが減っている

AGA発症を見逃さないための2つ目のサインは、前頭部や頭頂部の髪のボリュームが減っていることです。

テストステロンをDHTに変換するきっかけを作っている5αリダクターゼには、Ⅰ型とⅡ型があります。AGAに特に影響の大きい5αリダクターゼⅡ型は、前頭部や頭頂部に多く存在する酵素です。そのため、5αリダクターゼⅡ型の影響を受けてAGAを発症すると、生え際やつむじのあたりから薄毛の進行が始まるという特徴があります。

年配の薄毛の男性の多くは、後頭部や側頭部の毛髪は残っているのに、前頭部や頭頂部の毛髪は抜けてしまっています。これがAGAの特徴なのです。

AGAを発症すると、前髪のボリュームが減って髪型が決まりにくくなったり、頭頂部のふんわりした髪のボリュームが減ってペタンとした髪型になったりしていきます。AGAによって毛髪の成長期が短縮化され、太く長い状態の髪が減りハリやコシが失われていくからです。

前頭部や頭頂部の髪のボリュームが減っている場合、手触りも弱々しくなり、だんだん頭皮も透けて見えていきます。前頭部や頭頂部の髪のボリュームが減っている場合は、AGAを発症している可能性が高いです。

しかし、早めにクリニック治療に切り替えれば、薄毛は効果的な改善が可能となっています。薄毛を改善したい場合は、早めに親和クリニックまでご相談ください。

1日の抜け毛が100本を軽く超えている

AGA発症を見逃さないための3つ目のサインは、1日の抜け毛が100本を軽く超えていることです。

もともと毛髪は脱毛と再生を繰り返していますので、1日に50~100本程度の抜け毛は正常な範囲といえます。しかし、1日の抜け毛が100本を軽く超えている場合は、異常な抜け毛が起きている状態です。

十分に成長した毛髪は退行期を迎えて脱毛していきます。一旦休止期に入った毛髪は、再び成長期に入って新しい髪が生え変わって伸びていきます。そのため、抜け毛自体は異常なことではありません。

しかし、AGAになると毛髪の成長期が短縮化され、徐々に抜け毛が増えていきます。洗面所やお風呂場、枕元などに落ちている抜け毛の数を数えて、ざっと100本以上あるようでしたら1日の抜け毛の本数はもっと多いと考えられます。1日に100本以上の抜け毛があるなら、すでにAGAが進行を始めている可能性が高いです。

AGAは進行性の脱毛症であるため、自然に治癒したり、途中で薄毛の進行が止まったりすることはありません。何も対策を講じなければ、時間の経過とともに毛根の細胞は死滅していき、徐々に薄毛の範囲は拡大していきます。

しかし、AGAは発症したら終わりではありません。AGAはクリニック治療によって効果的な改善が期待できるからです。

次に、クリニックで受けられるAGA治療について解説していきます。

AGAを発症しても終わりではない!AGAを改善する3つの治療法

AGAを発症しても終わりではありません。AGAは治療法が確立されていますので、早めに治療を開始すれば薄毛を改善することができます。AGAの主な治療法は以下の3つです。

  • 内服薬治療
  • 外用薬治療
  • 自毛植毛

それぞれを解説します。

内服薬治療

1つ目のAGA治療法は、内服薬治療です。

AGAの内服薬には、フィナステリドとデュタステリドがあります。いずれも5αリダクターゼに作用し、テストステロンがDHTに変換されるのを阻害する作用を持つため、AGAの進行を抑える働きがあります。

フィナステリド 5αリダクターゼⅡ型に作用し、AGAの進行を抑える
デュタステリド 5αリダクターゼⅠ型とⅡ型の両方に作用し、AGAの進行を強力に抑える

フィナステリドは、5αリダクターゼⅡ型に作用し、AGAの進行を抑えます。生え際や頭頂部の毛髪のライフサイクルを正常化し、抜け毛を防ぐとともに太く長い毛髪への成長を促進します。

デュタステリドは、5αリダクターゼⅠ型とⅡ型の両方に作用し、AGAの進行をより強力に抑えることができます。AGAの進行が早い場合や薄毛の範囲が拡大している場合には、デュタステリドが用いられます。

いずれの内服薬も、日本皮膚科学会のガイドラインでA(行うよう強く勧める)と評価されていて、AGAに対する高い効果と安全性が認められています。ただし、即効性はありませんので、最低でも半年以上の服用が必要となります。また、AGAを完治させる効果はないため、薄毛を改善したいと思う限り、長期継続的な服用も必要です。

フィナステリド・デュタステリドともに比較的安全性の高い治療薬ですが、まれに肝機能障害や性欲減退、抑うつ症状などの副作用を起こすリスクがあるため、必ず医師の処方のもと正しく服用することが大切です。また、すでに毛根の細胞が死滅している場合は効果を発揮できないため、早めに治療を開始することをおすすめします。

外用薬治療

2つ目のAGA治療法は、外用薬治療です。

AGAの外用薬には、ミノキシジルがあります。ミノキシジルを頭皮に塗布することで、毛根の細胞に栄養や酸素を供給する毛細血管が拡張され、発毛を促すことができます。

ミノキシジルはもともと高血圧症の薬として開発されましたが、副作用として多毛が見られたため、発毛剤としての転用が行われるようになりました。ミノキシジルの効果によって血流が改善された毛髪は、太く長い状態に成長しやすくなったり、毛根の細胞が活性化したりして、薄毛が改善されていきます。日本皮膚科学会のガイドラインでは、ミノキシジルの効果をA(行うよう強く勧める)と評価されています。

ただし、ミノキシジルには即効性がないため、効果を実感するには最低でも半年以上の継続的な使用が必要となります。また、まれに発疹やかぶれ、かゆみなどの副作用を起こすリスクがあるため、医師や薬剤師の指導のもと正しく使用することが大切です。

なお、ミノキシジルにはAGAの進行を抑える効果はないため、一般的なAGA治療では内服薬と併用する場合が多いです。内服薬でAGAの進行を抑えつつ、外用薬で発毛を促すことで、より効果的な薄毛改善が可能となります。

自毛植毛

3つ目のAGA治療法は、自毛植毛です。

自毛植毛とは、AGAになりにくい後頭部や側頭部の毛髪を薄毛の部分に移植する外科手術です。移植した毛髪の多くはその場に生着し、その後は生え変わり続けることができます。日本皮膚科学会のガイドラインでは、自毛植毛をB(行うよう勧める)と評価していて、薄毛改善の効果が認められています。

薄毛になった部分に自分の生きた毛髪を回復させることができるので、自毛植毛は薄毛のお悩みを根本から解決できる画期的な治療法です。

AGAを発症して生え際やつむじのあたりが薄毛になっても、後頭部や側頭部の毛髪は薄毛になりにくいという傾向があります。AGAに大きな影響を与える5αリダクターゼⅡ型は、後頭部や側頭部にはほとんど存在しないためです。

AGAになりにくい後頭部や側頭部の毛髪を、生え際やつむじの周辺に移植すれば、AGAの影響を受けない毛髪を増やすことができます。移植した毛髪は自分のものなので、周囲の毛髪と違和感なく馴染み、自然な風合いで薄毛を改善することができます。

しかも、自毛植毛なら1回の治療で完了でき、日々の手間暇や定期的な通院は必要ありません。洗髪や散髪も今まで通りに行え、パーマやヘアカラーも楽しめます。汗や水に濡れても焦ることはなくなりますので、旅行やスポーツも快適です。かつらやウィッグのように周囲に違和感を与えたり、髪型が崩れたりする心配もありません。

AGAは発症しても終わりではありません。自毛植毛なら、AGAによる薄毛を効果的に改善し、ストレスフリーな毎日を取り戻せるからです。また、薬物治療が効果を発揮できない生まれつきの薄毛や毛根が死滅した部分であっても、自毛植毛なら発毛させることが可能です。

ただし、自毛植毛も早めに治療を始めることをおすすめします。残存する毛髪が多く、薄毛の範囲が狭いほど、手術に必要な時間や費用を節約できるからです。

親和クリニックの最新式の自毛植毛なら、メスを使わずに移植を行いますので、傷や痛みが残りにくく、ダウンタイムもほとんどありません。国内最小級のパンチブレードを使って移植を行うため、日帰りで手術は完了します。術後の回復が早いため、翌日にはクリニックで洗髪も可能です。

親和クリニックでは、AGAでお悩みの方のために無料カウンセリングを実施しています。熟練の医師が薄毛の症状を正確に見極め、最適な治療プランを無料でご提案いたします。薄毛を効果的に改善したいとお考えの方は、年間1500件以上の薄毛治療を行う親和クリニックまでご相談ください。

AGAのよくある質問

AGA治療に関するよくある質問をまとめました。

Q

AGAを発症したら終わりですか?

A

AGAは治療法が確立されているため、治療が早ければ薄毛を改善することが可能です。AGAでお悩みの方は、まずは親和クリニックの無料カウンセリングへご来院ください。

Q

AGA治療は一生続きますか?

A

薄毛が気にならない年齢や気持ちになれば、AGA治療を継続する必要はありません。ただし、若者がAGAを発症した場合は、治療期間が長期に及ぶこともあります。

治療を長期で継続することが難しいと感じる方は、1回の治療で完了できる自毛植毛をご検討ください。

Q

AGAは完治しないのですか?

A

AGAが完治することはありません。現代の医学では、加齢や遺伝の影響を完全に排除することができないからです。

しかし、AGAによる薄毛は治療で改善できます。薬物治療によってAGAの進行を抑えつつ発毛を促したり、AGAになりにくい毛髪を移植したりすることができるからです。

AGAを発症したからといって決して終わりではありません。薄毛を改善したいとお考えの方は、諦めずに親和クリニックまでご相談ください。

まとめ AGAを発症したら親和クリニックまでご相談を

今回は、AGAを発症したら終わりといわれる5つの理由とAGAの治療法について解説しました。

AGAは発症したら終わりだと一般的には考えられがちです。しかし、AGAの治療法は確立されているため、AGAを発症しても決して終わりではありません。薬物治療ではAGAの進行を抑えつつ発毛を促すことができます。また、AGAになりにくい自分の毛髪を移植する自毛植毛なら、薄毛のお悩みを根本から解決できます。

ただし、AGAは進行性の脱毛症であるため、治療開始は早いほど効果的です。薄毛を改善したいとお考えの患者さまは、お早めに親和クリニックまでご相談ください。

親和クリニックでは、薄毛でお悩みの方のために無料カウンセリングを実施しています。最適な治療プランを無料でご提案しておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。

親和クリニックの自毛植毛と
他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?基本的な違いをわかりやすく一覧表にまとめました。

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

信頼のカウンセリング

最善の医療で、 患者さまのお悩みにお応えします

髪のお悩みの中でも特に薄毛は、誰にも相談することができず、長年一人で悩まれている方が多い印象があります。
私たちはどんな方にも安心してご相談いただけるよう、話しやすい雰囲気を大切にし、患者様に最善の医療をご提供するため、専門知識、技術の研鑽に努め、本質的な問題解決に導く最大限のお手伝いを心がけています。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談ください。

お電話でのお問合せ

電話受付:9:30 - 19:00

新宿院直通  0120-2323-24
銀座院直通  0120-3888-77
名古屋院直通 0120-3737-57
大阪院直通  0120-1212-16
福岡院直通  0120-6767-69