COLUMN

そのやり方間違ってない?
正しいシャンプーで薄毛予防

薄毛が気になると、洗髪のやり方についても気になってくるものですよね。

どんなやり方が正しいのか、いまいちわからないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は薄毛予防に役立つ正しいシャンプーのやり方をご紹介します。

髪の毛を濡らす前に

まずはブラッシングです。

髪の毛を濡らす前に行うことで、髪の毛についたほこりやごみを取り除きます。

皮脂などの汚れを浮かせ、落ちやすくする効果も期待できます。

髪の毛が濡れた状態でブラッシングをすると、髪の毛が傷んでしまうので気をつけましょう。

シャンプー前の予洗いがポイント

髪や頭皮の汚れは、ぬるま湯で流すだけで7割以上落ちてしまいます。

予洗いをすることで、ある程度の汚れを落としシャンプーをなじみやすくすることができるのです。

髪の毛の汚れをしっかりと落としたら、頭皮もマッサージをするようにしっかりと流しておきましょう。

シャンプーは泡だててから

手に取ったシャンプーをそのまま髪の毛に乗せているという人も少なくありません。

しかしこの行為は頭皮にかなりの負担となっています。

必ず手でしっかりと泡だててから髪の毛に乗せるようにしましょう。

髪の毛だけでなく、頭皮も生え際からこめかみ、頭のてっぺんや耳の後ろまで丁寧に洗います。

このとき爪は絶対に立てず、指の腹で優しく洗うことが大切です。

すすぎは丁寧に

頭全体を洗ったら、シャンプーが残らないように丁寧に流します。

すすぎ残しがあると、シャンプーの成分が毛穴に入り込み、毛穴を詰まらせる原因になることもあります。血行不良や皮脂の過剰分泌の原因にもなるので、すすぎは予洗い以上に念入りに行うのがポイントです。

トリートメントもしっかりと

髪の毛を健康に保つにはトリートメントも大切です。

毛先を中心にトリートメントをつけたら、全体になじませます。

こちらもすすぎはしっかりと行いましょう。

なるべく早く乾かす

お風呂からあがったら、しっかりタオルドライをしてなるべく早くドライヤーをかけます。

自然乾燥だと髪の毛の水分まで一緒に蒸発してしまい、パサつきが気になりやすくなります。

髪の毛が短い人も、サッとドライヤーを当てるようにしましょう。

頭から10cmから15cmほど離れたところから当て、髪の毛が熱くなりすぎないようにすることもポイントです。

最後に冷風を当ててクールダウンさせましょう。

監修:大阪院 医師 安藤 善郎

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?わかりやすく一覧表にまとめました。

詳しく見る

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約

PAGE
TOP