COLUMN

プロペシアに使われる成分「フィナステリド」とは?

最終更新日:

食事や生活習慣、ストレスや遺伝など様々な要因によって発生する薄毛。
薄毛に気がついたら、できるだけ早く治療を行うことが大切です。
近年では薄毛外来などの専門的な医療機関が増え、薬を使用した治療も一般的となってきました。
ここでは、代表的薄毛治療薬の「プロペシア」に含まれる成分「フィナステリド」に着目します。

薄毛治療に用いられる「フィナステリド」

フィナステリドとは、「プロペシア」という薬に入っている成分で、AGA(男性型脱毛症)の治療に有効です。
現在利用されている治療薬の中で、もっとも効果的といわれている成分です。
もともとは前立腺の病気を治療するために用いられていたのですが、抜け毛を改善し発毛を促進する効果があることがわかり、薄毛治療にも用いられるようになりました。
そして臨床実験の結果、9割の方に抜け毛抑制や発毛などの効果が見られたのです。

フィナステリドの作用

フィナステリドには「5αリダクターゼ」を抑制する働きがあります。
5αリダクターゼとは酵素のことで、この5αリダクターゼがテストステロンという男性ホルモンと結合します。
この二つが結合することで、抜け毛や薄毛を促進させるジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変換されてしまうのです。
フィナステリドが5αリダクターゼの働きを抑制することで、ジヒドロテストステロンに変換されるのを防ぎ、薄毛を改善することができるというわけです。

フィナステリドの副作用

AGAにもっとも効果的と言われるフィナステリドですが、副作用があるため服用には細心の注意が必要です。
フィナステリドの主な副作用は以下のものが挙げられます。

  • 性機能不全
  • 頭痛や腹痛
  • 皮膚病(発疹・痒みなど)
  • 肝機能障害

中でも不安視する方が多いのが性機能不全です。
しかし、有効成分が含まれない偽薬を使用した臨床実験でもこの副作用が見られたことから、実際には心因性の性機能不全を起こしていることが多いとも言われます。
ですのであまり敏感になる必要はないでしょう。

女性の服用はNG

フィナステリドは男性型脱毛症の治療に用いられている成分であり、女性が服用しても改善効果は見られません。
また妊娠中の女性の場合、胎児に悪影響を及ぼすことがあるため、錠剤に触れること自体禁止されています。
そのため男性が服用をする場合でも、同居女性が妊娠中の場合は取り扱いに細心の注意が必要です。

フィナステリドはどこで手に入る?

フィナステリドが配合されたプロペシアは、医師の処方箋がなければ買うことはできません。
医療機関への受診が必要ですが、プロペシアは保険が適用されない薬のため自費で購入しなければなりません。
海外で販売されているプロペシアを個人輸入する方法もありますが、中には偽薬を販売する悪徳業者も存在するため注意が必要です。

有効的な薄毛治療を行いたいというのであれば、フィナステリドでの治療がおすすめです。
しかし薬には副作用がつきものであり、保険適用外のため金銭的な負担も掛かります。
まずは専門機関を受診し、症状に合った治療法を紹介してもらいましょう。

副作用に不安がある方は、育毛剤やサプリメントから始めてみるのもおすすめです。

監修:名古屋院 院長 福島 俊彦

この記事に関連するキーワード

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?わかりやすく一覧表にまとめました。

詳しく見る

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約

PAGE
TOP