COLUMN

年齢によって男性の薄毛要因は異なる!
原因によって対策を変えよう

薄毛にお悩みの男性の中には、さまざまな対策方法を実践している方がいることでしょう。
しかし、なかなか思うような結果が出ない場合、対策方法が間違っている恐れがあります。
ここでは、薄毛の原因が年齢によって違いがあることを見ていきながら、原因に合わせた対策方法をご紹介します。

10代~20代の男性の薄毛の原因と対策方法

10代~20代は、男性ホルモンの分泌が活発な時期です。
男性ホルモンのひとつテストステロンは、体毛や髭などを濃くする働きを持っています。
しかし、体内の酵素5αリダクターゼと結びつくと、ジヒドロテストステロンに変換されて薄毛の原因となってしまうのです。
このような薄毛の症状は、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれています。
ただ、10代~20代の男性のように若い年代で生じる男性型脱毛症(AGA)は、若年性脱毛症とも呼ばれており、その年代に合わせた男性型脱毛症(AGA)の治療方法があります。

一般的に20代の男性が男性型脱毛症(AGA)を発症する確率は少ないといわれていますが、遺伝的な要素などの個人差があるため絶対に発症しないとはいえません。
薄毛が気になる場合には、クリニックに相談した上で適切な治療をする必要があります。

30代~40代の男性の薄毛の原因と対策方法

30代~40代の男性は働き盛りであることから、責任のある仕事を任され、強いストレスを感じることも少なくありません。このようなストレスは、体全体の血行不良の原因となり頭皮の血行を阻害してしまうため、薄毛を引き起こす場合があります。

ストレスが原因であれば、リラックスできる時間を持つようにして、睡眠を多くとると良いでしょう。
また、ストレスが原因でなければ、男性型脱毛症(AGA)が原因となっている可能性があります。
30代~40代の男性に生じる男性型脱毛症(AGA)は、壮年性脱毛症とも呼ばれており、若年性脱毛症とは治療法が異なる場合があります。
クリニックを通して薄毛の原因を知ることで、適切な治療をスタートさせることができますよ。

50代~60代の男性の薄毛の原因と対策方法

50代~60代の男性は、少しずつ老化の影響を受けはじめる年代です。
髪は毛周期によって古い髪から新しい髪に生え変わりますが、加齢によって毛周期のサイクルが乱れてしまったり、毛根の働きが衰え始めるようになります。
すると、本来ならまだ成長過程であるはずの髪が抜けてしまうこともあり、薄毛の原因となることがあります。
加齢が原因となっている薄毛であれば、頭皮の環境を整える対策が必要です。
毎日使用するシャンプーは、できるだけ頭皮に優しいものを選ぶようにしたり、頭皮が必要とする栄養をとるようにしたりしましょう。
また、育毛剤などによって、頭皮の環境をサポートするのも良いでしょう。

もしくは男性型脱毛症(AGA)が原因となって薄毛になるケースもあります。
そのため、クリニックを通して薄毛の原因を診断する必要があります。

理想的な頭皮と髪の状態を目指すためには、原因に合わせた適切なケアをすることが大切です。
年代によって薄毛の原因に違いがあるため、まずは医師に相談するなどして、薄毛の原因を知るようにしましょう。

監修:大阪院 医師 安藤 善郎

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?わかりやすく一覧表にまとめました。

詳しく見る

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

無料相談のご予約はこちら

PAGE
TOP