COLUMN

薄毛の原因にも?
髪と日光の関係

薄毛を気にして保湿やマッサージなどさまざまなケアを行っている人は多いと思います。

だけど、頭皮の紫外線対策を行っている人は少ないのではないでしょうか。

紫外線は薄毛の原因になると言われています。

薄毛の予防には、頭皮の紫外線対策も大切なのです。

紫外線が薄毛の原因に!?

日光と言えば紫外線が思い浮かびますね。

紫外線を浴びることで日焼けをすることも広く知られています。

頭皮も皮膚なので、もちろん日焼けをします。

頭皮が日焼けをすることで、頭皮の表面はもちろん毛乳頭細胞や毛母細胞などさまざまな細胞までも傷つけてしまうのです。

日焼けをした頭皮は炎症を起こしやすい状態になり、敏感になることも少なくありません。

バリア機能は低下し、健康な毛根を育てられなくなってしまいます。

こういった状態が続くことで毛髪の生育が悪くなり、薄毛につながると考えられています。

頭皮だけではなく、髪の毛も紫外線により健康な状態を保てなくなります。

キューティクルが破壊され、髪の毛に潤いがなくなってパサパサとした質感になってしまうのです。

頭髪の紫外線対策は?

では、どうやって頭皮の紫外線対策をすれば良いのでしょうか。

紫外線が強い時間帯の外出をできるだけ控えるのは良い対策になります。

でも、職業柄そういうわけにはいかないという人の方が多いかと思います。

日中、外に出るときは必ず通気性のいい帽子をかぶるようにしましょう。

黒いタオルなどを頭に巻くのも良いですね。

どうしても帽子などをかぶれないという場合は、髪用のスプレータイプの日焼け止めなどを利用することをおすすめします。

対策をせずに外出してしまったら?

ついうっかり対策せずに外出して頭皮に紫外線を浴びてしまうこともあると思います。

そんな時は保湿をしっかり行うことでアフターケアしましょう。

シャンプーは丁寧に行い、すすぎ残しがないようにしっかり流します。

トリートメントでキューティクルを補正します。

なるべく早く髪の毛を乾かしたら、頭皮用ローションなどで保湿しましょう。

髪と頭皮を紫外線から守るケアを取り入れることで、薄毛予防に役立ちます。

今まで気にしていなかったという方は、ぜひ意識してみてくださいね。

親和クリニック銀座院院長 安藤 善郎

監修医師
親和クリニック銀座院院長

安藤 善郎 YOSHIRO ANDO

外科医として30年近くの研鑽を積んだのち、植毛手術に携わる。

科学的根拠に基づく「傷を痛くなく、早く、きれいに治す湿潤療法」の実践、啓蒙活動を行っていた実績を活かし、十分なインフォームドコンセントのもとに患者さまの満足を第一にした自毛植毛手術を提供する。

親和クリニックの自毛植毛と
他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?基本的な違いをわかりやすく一覧表にまとめました。

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

信頼のカウンセリング

最善の医療で、 患者さまのお悩みにお応えします

髪のお悩みの中でも特に薄毛は、誰にも相談することができず、長年一人で悩まれている方が多い印象があります。
私たちはどんな方にも安心してご相談いただけるよう、話しやすい雰囲気を大切にし、患者様に最善の医療をご提供するため、専門知識、技術の研鑽に努め、本質的な問題解決に導く最大限のお手伝いを心がけています。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談ください。

お電話でのお問合せ

電話受付:9:30 - 19:00

新宿院直通  0120-2323-24
銀座院直通  0120-3888-77
名古屋院直通 0120-3737-57
大阪院直通  0120-1212-16
福岡院直通  0120-6767-69