COLUMN

パーマが薄毛の原因に!
パーマ後の髪を守る
対策法とは

髪のボリュームアップやイメージチェンジに、パーマヘアを経験したことがある人は少なくないはず。
しかし、パーマ剤は髪や頭皮に多大なダメージを与えてしまうことがあるため、薄毛の原因になることもあると言われています。
今回は、そんな「パーマと薄毛の関係」についてお話します。

パーマ剤が頭皮に与えるダメージとは?

人の頭皮は通常、肌の健康を保つため弱酸性に保たれていますが、パーマ剤には強力なアルカリ性を示します。
パーマ液には2つの薬剤があり、1つ目の薬剤は髪の毛の成分であるケラチンの中の「シスチン」というアミノ酸を分解する効果があります。
そして2つ目の薬剤は、分解されたシスチンを再び結びつける働きを持っています。
パーマができる仕組みというのは、こういった化学反応で髪の質を変えてしまうことなのです。
パーマ剤の成分はかなり刺激が強く、さらに頭皮にも浸透しやすいものなので、髪や頭皮にかなりのダメージを与えてしまうことも多いと言われています。

パーマと薄毛の関係性って?

一度のパーマなら、頭皮や薄毛に影響を及ぼすほどのダメージには繋がりにくいと言われていますが、ヘアスタイルを維持するためにパーマを繰り返している場合は別。
強い薬剤によって髪に必要な栄養が無くなってしまったり、度重なるダメージで頭皮が弱ってしまい、薄毛につながってしまうのです。
また皮膚の弱い人の場合、パーマをかけたあと頭皮に炎症が起きてしまう危険性も。
この炎症によって毛穴が塞がったり頭皮が傷ついたりすることで抜け毛が増えてしまうケースもあるので、注意が必要です。

パーマによるダメージへの対策とは?

パーマが髪や頭皮に悪影響を与えてしまうことは分かっていても、やはりオシャレを楽しみたいとパーマをかける方は少なくないと思います。
中には薄毛を隠すためにパーマをかけるという人もいますが、そのパーマが薄毛の原因になってしまう悪循環に陥ってしまうことも。
こういった状況を防ぐために、パーマ後の頭皮を上手にケアしていきましょう。

パーマ後には頭皮をいたわることが大切

パーマをかけて過敏な状態になった頭皮をすぐシャンプーで洗ってしまうと、頭皮から皮脂が奪われてカサカサの状態になってしまいます。
パーマ後の髪はぬるま湯のみで洗うか、指の腹で優しく丁寧に洗うなど、刺激を与えないようにするのがオススメ。
また、洗浄力の強いシャンプーではなく、アミノ酸系シャンプーなど優しい成分のものを使うのもヘアケアにつながります。
髪をクシでとかすときにも頭皮を傷めないようにいたわりながら優しく行ないましょう。
髪を乾かす際は充分に頭皮と距離をとって風を当て、熱でダメージを与えないようにしてくださいね。
生乾きはキューティクルが開き髪の栄養分が流れてしまう原因になるので、入浴後はすぐに髪を乾かしましょう。

パーマは強い薬剤を使用するため、その頻度が多ければ多いほど薄毛のリスクは高まってしまいます。
パーマをかけるときには頭皮のダメージを極力防ぐよう、意識してケアをしていきましょう。

監修:大阪院 医師 安藤 善郎

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?わかりやすく一覧表にまとめました。

詳しく見る

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約

PAGE
TOP