COLUMN

枕なし睡眠が薄毛予防に?
枕と薄毛の関係とは

目覚まし時計の音で夢から覚めて気持ちのよい朝を迎えるはずが、枕の上に抜け毛がたくさんついているのを目にすると一気に気分は急降下してしまいますよね。
薄毛に悩む男性にとって、朝の枕は見て見ぬふりをしたいもの。
それなら一層のこと、枕なしで睡眠してみるというのはいかがでしょうか。
実は、体に合っていない枕を使っていると、薄毛の原因になることがあるといわれているのです。一見関係がないように思える「枕」と「薄毛」ですが、この2つには一体どんなつながりがあるのか、薄毛を防ぐ寝方と合わせてご紹介いたします。

枕が合っていないことが薄毛の原因になる!?

ぐっすりと心地よい睡眠をとるためには体に合った枕が必要ですが、自分にぴったりと合った枕を見つけるのは難しいものです。高さや硬さなどの条件を合わせて、寝ているときの姿勢が正しくなるようなものを選ばなければなりません。
枕が高かったり低かったりすると、寝ているときの姿勢が崩れて睡眠の質の低下を招きます。とくに枕が高い場合には注意が必要で、寝ているときに枕の高さによって首が曲がると頚椎を圧迫してしまい、血行不良が起きます。首回りに血行不良が起こると、頭皮に血液が行き届きづらくなり、髪にとって必要な栄養も十分に届かなくなるため薄毛の原因となってしまうのです。
また、枕の素材などにも注意が必要です。通気性が悪く、熱がこもってしまう枕を使用していると、頭皮から分泌される汗でベタつきやすくなって頭皮に雑菌が繁殖してしまいます。さらに、頭部に熱がこもってしまうと、その不快感から睡眠の質が下がることも。
薄毛を防ぐためには、やはり枕が重要なポイントになるのです。

薄毛を防ぐ「枕なし睡眠」とは?

枕によって血行不良や睡眠の質の低下などが引き起こり、これが薄毛の原因となっているのなら、思い切って枕なしの状態で寝たほうが薄毛予防につながるというのが「枕なし睡眠」です。これは、枕が高い方や合っていない方こそ試すべき睡眠法。しっかりと自分の体にフィットする枕を使用している方には当てはまらないため注意が必要です。
今、首に角度がついた状態で寝ているという方は、枕なしで寝ると首に角度がつかずに、真っ直ぐの状態で寝ることができるため、血行不良が改善されて頭皮への血流が促されます。また、体全体への負担も減るため首のコリや肩コリの解消も期待できます。 血行不良の改善は、薄毛対策に欠かせないポイントの1つ。朝の枕についた抜け毛をもう見たくないという方は、枕なし睡眠を一度試してみるのもおすすめです。

枕なし睡眠を行うときには、まずは1~2週間程度お試し期間を設けてみることが大切です。
これまでずっと枕ありの状態で寝ていた方にとって、いきなり枕なしで寝るとなると違和感を覚えやすいもの。そのために1~3日程度の短期間でやめてしまうと、枕なし睡眠が本当に体に合っているのかを判断することができません。
少なくとも1~2週間は枕なし睡眠で様子を見ることをおすすめします。

監修:大阪院 医師 安藤 善郎

この記事に関連するキーワード

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?わかりやすく一覧表にまとめました。

詳しく見る

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約

PAGE
TOP