メール相談 カウンセリング予約
MENU

親和クリニックの自毛植毛治療

自毛植毛の基礎知識

自毛植毛とは?

自毛植毛とは毛髪を頭皮に移植する医療行為の一種です。人工の毛髪を移植する人工毛植毛とは異なり、自身の毛髪を利用して行う植毛のことを言います。

特徴としては、以下のようなものがございます。

  1. 拒絶反応や副作用がない
  2. AGAの影響を受けない毛髪を移植
  3. 植毛部分は一生涯に渡り生え変わり続ける
  4. 女性のストレス・ホルモンバランスによる薄毛にも効果的

こういった特徴から、薄毛治療において自毛植毛は高い効果が認められています。

それでは、AGAの影響を受けない毛髪とはどういったものなのでしょうか。まずはそもそもAGAになる原因について解説いたします。

体内の男性ホルモン「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という還元酵素と結びつきます。すると、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質が生成されます。このDHTが増えると、ヘアサイクルの成長期が短くなり、AGA(男性型脱毛症)につながります。

AGAの特徴として額の生え際や頭頂部などが薄くなるのは、DHTの影響を受けやすいためです。自毛植毛は、AGAの原因物質DHTの影響を受けにくい後頭部や側頭部の毛髪を移植して行います。

AGAやFAGA(女性の方の薄毛)の方でも生着すれば薄毛部分から再び毛髪が生えるようになります。ヘアサイクルが元に戻り、自然な仕上がりでヘアレンジもできるようになるのです。

自毛植毛と人工毛植毛の違い

自毛植毛は自身の毛髪を移植に利用するので、身体的な拒絶反応がありません。

熟練した医師であれば、移植した毛は高い生着率が見込めます。人工毛植毛は、ナイロンやポリエステルなどで毛髪に似た人工繊維を作り皮膚に移植するため、体が異物として拒絶反応を起こし、炎症や感染症を招く可能性があります。

手術直後から見た目は変わりますが、自身の毛髪がそれ以降生えてくるということはありません。抜け落ちた場合は再び移植する必要があり、そうなってしまった場合は定期的なメンテナンスが必要となるのでその分だけコストがかかってしまいます。身体的リスクが少なく、自身の毛が発毛するという理由から、植毛治療といえば自毛植毛が現在では主流となっています。

自毛植毛のメリットと注意点

自毛植毛のメリット

自毛植毛にはどのようなメリットがあるのでしょうか?ここからは施術を受ける前に知っておきたいメリットと注意点をご紹介します。

治療薬では改善できない場合にも効果的

投薬による治療の場合、毛母細胞自体が生きてなければ効果が望めず改善することが困難になります。ですが植毛ならそういった場合でも問題ありません。AGAの影響を受けない場所から毛根を移植するため、生着した毛は成長し続けることができます。つまり、治療薬では改善できなかった薄毛を根本的に解消できます。ミノキシジルなどのAGA治療薬で薄毛が改善しなかった場合でも、効果が見込めます。

拒絶反応が起こる可能性が低い

人工毛植毛とは違い、自分の毛髪を移植するため拒絶反応が起こりにくいというメリットがあります。術後に痛み・かゆみなどの皮膚トラブルが少ないため、身体的リスクが低く、女性の方でも治療を受けやすいことが特徴です。

日本皮膚科学会から認められている治療法

自毛植毛は男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインで勧められる治療法として評価されています。AGA治療に用いられるフィナステリドやミノキシジルとは違い、毛髪が生えなくなった場所にももう一度生やすことが可能になります。事故やけがなどにより毛根が消失した場所でも移植できます。

維持コストが少なくて済む

基本的には術後の通院は不要となり、通院費がかからずコストを少なく済ませることができます。AGA外来治療に用いられているフィナステリドや発毛剤などは、効果を維持するために使い続ける必要がありますので、維持コストがかかってしまいます。

薄毛治療には植毛をはじめ、投薬治療など様々なものがございます。治療別に今後10年間でかかる費用を比較いたしました。10年間という期間で見た場合、自毛植毛は一度にかかる費用は高額ですが、他の薄毛治療と比較しても決して高いものではございません。

療法 期間 費用
自毛植毛 1回の施術で完了 650,000円
(500株移植した場合)
内服薬 10年間飲み続ける 960,000円
育毛剤 10年間使い続ける 900,000円
かつら 10年間着用し続ける
(5回交換した場合)
5,200,000円
(かつら本体 800,000円)
(メンテナンス 10,000円/月)
発毛サロン 10年間通い続ける 15,656,400円

※自毛植毛は1回限りの施術で特別なメンテナンスは不要です。移植した毛髪は長期的に生え続け、伸び続けます。

※内服薬については医学的に効果が認められるものであるかが重要です。また、効果が表れるまで時間がかかり、継続して服用していく必要があります。薄毛の進行を抑制することは可能ですが、失われた毛髪の再生は難しいことと、男性機能の減退などの副作用が働く場合があり、女性の服用には制限もございます。

※育毛剤としては「ミノキシジル」のみ医学的に発毛効果が認められています。個人差はありますが、細くなった毛髪を太くするだけで、本数が増えるわけではありません。

※かつらであることが周囲にバレる不安が常にあるでしょうし、本体価格が高額なうえに、傷んだら作り直しする必要もあり、莫大なメンテナンス費用がかかります。

※発毛サロンは心理的な満足度が高いと思いますが、その治療に医学的根拠はなく、効果については個人差があります。また、自宅でのケアにも費用がかかります。

自毛植毛の注意点

当院の自毛植毛は世界でも最先端の治療法で、密度の高い自然な仕上がりが可能です。より効果的に治療を施すため、あらかじめお伝えしておきたい注意点がございますので、そちらを理解したうえで施術を受けていただくことをお勧めいたします。

治療方法によってはドナー部を刈り上げる場合がある

自毛植毛の手術方法は、最小の毛包を組織単位で移植する際に、ドナーを正確に採取するために後頭部や側頭部を一時的に刈り上げる場合があります。この処置のため余分な皮膚を取らずに施術を進めることができ、なおかつ高密度で大量移植が可能になります。髪が伸びて普段の髪形に戻るまでに時間がかかるので、刈り上げた部分が気になる場合は、カバーシートで隠すことができます。カバーシートを使わない場合は、当院で短髪に切り揃えることも可能です。術後すぐのご帰宅時は、ニット帽をご用意しておりますので施術箇所が目立つ心配はございません。

一度に移植できる範囲について

自毛による自然な仕上がりが可能になる自毛植毛ですが、移植にふさわしい良い株(毛髪の単位)を選んで採取いたしますので、広範囲に移植するなどのケースによっては一度で移植できない可能性があります。2回以上にわたって施術する場合、術後はしばらく時間を空ける必要があり、満足のいく結果になるまで時間がかかることがございます。施術回数が増えると費用も大きくなってしまいますので、施術範囲とスケジュールについては当院の無料カウンセリングでご相談が可能です。

自毛植毛は自己負担になる

自毛植毛は美容整形や歯の矯正と同じ扱いとなり自由診療になるため、医療保険が適用されません。クリニックごとに料金が異なるのは、基準となる保険点数がないためです。クリニックによってはメディカルローンを利用できるところがあるので、必要に応じて利用すると良いでしょう。当院でもメディカルローンをご用意しており、他院と比べても利率は低く優良なメディカルローンとなっておりますので、ぜひご検討ください。

薄毛の進行度と自毛植毛の方法

薄毛の進行度合いがわかる「ハミルトン・ノーウッド分類」ハミルトン・ノーウッド分類とは、薄毛の進行度を計る基準になる分類方法になります。AGAの症例をアメリカのハミルトン医師が作ったパターン別に分け、ノーウッド医師がその後改定した分類法です。全部で9つに分かれており、欧米でも現在広く用いられています。

ハミルトン・ノーウッド分類

Ⅰ型:生え際がわずかに後退
Ⅱ型:剃り込み部分がさらに後退
Ⅱ Vertex型:剃り込み部分の後退に加えて、頭頂部が薄くなる
Ⅲ型:前頭部がはっきりとしたM字になり、全体的な毛量が減る
Ⅲ Vertex型:Ⅲ型に加えて、頭頂部がO字に薄くなる
Ⅳ型:M字がさらに後退し、頭頂部がO字に薄くなる
Ⅴ型:頭頂部と頭頂部の脱毛がつながりそうになる
Ⅵ型:薄毛が前頭部から頭頂部までつながり、U字になる
Ⅶ型:Ⅵ型よりも薄毛が進行し、側頭部も薄くなる

「自分がAGAかどうかはっきり判断できない」といった方もおられると思います。そんな方のために、AGAの自己診断基準というものがあります。

画像にある「角額」の先端が「頭頂部」前方2cmを超えて後退しているかどうかが診断基準となります。2cmを超えて後退していればAGAであり、2cmを超えていなければAGAではないということになります。

2cmという数値に関しては3cmといわれるケースもありますので、自分自身で判断するのは難しい時もあります。そういった場合は、当院をはじめ薄毛治療専門のクリニックにご相談されることをお勧めします

進化した親和クリニックの自毛植毛

親和クリニックには、現在主流となっているメスを使わず頭皮を切らない植毛技術のFUE法を、さらに進化させたMIRAI法がございます。切らないので傷跡が目立たないうえに痛みも少なく、日帰りで植毛手術が受けられるという、最先端の移植施術方法です。

MIRAI(ミライ)法

MIRAI法の8つの特徴
  1. 切らないため、術後の痛みが少ない
  2. 毛包組織単位で移植するため、余分な皮膚を取らずに済む
  3. 高密度・大量移植が可能である
  4. 良質の株を選択的に採取できる
  5. 株の切断率が低く、生着率が高い
  6. 施術は短時間で、日帰りでできる
  7. 繰り返し複数回の施術ができる
  8. 現在最先端の手術法である
植毛グラフト数と費用の目安

MIRAI法の植毛にかかる費用には、移植する株(グラフト)数の料金に加え、基本料金がかかります。

料金の内訳

グラフト数×900円+[基本料金]200,000円

1グラフトあたり900円の料金になりますので、施術内容によってトータルでの金額は異なります。

浅めのM字修正 560,000円~


必要グラフト数:およそ400~600グラフト
費用:560,000~740,000円

やや深いM字・前頭部修正 920,000円~

必要グラフト数 およそ800~1,200グラフト
費用:920,000~1,280,000円

頭頂部・つむじの修正 650,000円~

必要グラフト数:およそ500~1,000グラフト
費用:650,000~1,100,000円

前頭部・頭頂部の修正 1,100,000円~

必要グラフト数:およそ1,000~1,500グラフト
費用:1,100,000~1,550,000円

全体的な修正 2,000,000円~

必要グラフト数:およそ2,000~3,000グラフト
費用:2,000,000~2,900,000円

NC-MIRAI(ナチュラルカバーリングミライ)法

NC-MIRAI法の7つの特徴
  1. 刈り上げないから、人目についてもバレにくい
  2. カバーシートがいらず、術後の生活がより快適に
  3. 高密度の植毛で自然なボリューム感
  4. ご自身の毛髪が生え変わり続ける
  5. 頭頂部への大量植毛も可能
  6. 大量な植毛でも日帰り可能
  7. 専任の美容師・看護師による洗髪サービス
植毛グラフト数と費用の目安

NC-MIRAI法の植毛にかかる費用には、移植する株(グラフト)数の料金に加え、基本料金がかかります。

料金の内訳

グラフト数×2,000円+[基本料金]300,000円

1グラフトあたり2,000円の料金になりますので、施術内容によってトータルでの金額は異なります。

浅めのM字修正 1,100,000円~

必要グラフト数:およそ400~600グラフト
費用:1,100,000~1,500,000円

やや深いM字・前頭部修正 1,900,000円~

必要グラフト数:およそ800~1,200グラフト
費用:1,900,000~2,700,000円

頭頂部・つむじの修正 1,300,000円〜

必要グラフト数:およそ500~1,000グラフト
費用:1,300,000~2,300,000円

前頭部・頭頂部の修正 2,300,000円〜

必要グラフト数:およそ1,000~1,500グラフト
費用:2,300,000~3,300,000円

全体的な修正 4,300,000円〜

必要グラフト数:およそ2,000~3,000グラフト
費用:4,300,000~6,300,000円

United MIRAI(ユナイテッド ミライ)法

United MIRAI法の7つの特徴
  1. ・刈り上げ部分をご自身の毛髪で隠せる
  2. ・バレにくい植毛とコストダウンを両立
  3. ・高密度の植毛で自然なボリューム感
  4. ・ご自身の毛髪が生え変わり続ける
  5. ・頭頂部への大量植毛も可能
  6. ・大量な植毛でも日帰り可能
  7. ・専任の美容師・スタッフによる洗髪サービス

植毛グラフト数と費用の目安

United MIRAI法は患者さまに合わせ、MIRAI法とNC-MIRAI法を組み合わせて施術を行います。United MIRAI法の植毛にかかる費用には、MIRAI法とNC-MIRAI法それぞれの移植する株(グラフト)数の料金に加え、基本料金がかかります。

料金の内訳

[MIRAI法]グラフト数×900円+[NC-MIRAI法]グラフト数×2,000円+[基本料金]250,000円

MIRAI法は1グラフトあたり900円、NC-MIRAI法は2,000円の料金になりますので、施術内容によってトータルでの金額は異なります。

例1. 【10cm以上の比較的長いヘアスタイル】1,480,000円
必要グラフト数 1,000グラフト(MIRAI法 7:NC-MIRAI法 3)

MIRAI法 700グラフト×900円=630,000円
NC-MIRAI法 300グラフト×2,000円=600,000円
基本料金 250,000円

例2.【8cm程度のヘアスタイル】1,700,000円
必要グラフト数 1,000グラフト(MIRAI法 5:NC-MIRAI法 5)

MIRAI法 500グラフト×900円=450,000円
NC-MIRAI法 500グラフト×2,000円=1,000,000円
基本料金 250,000円

例3.【6cm程度のヘアスタイル】1,920,000円
必要グラフト数 1,000グラフト(MIRAI法 3:NC-MIRAI法 7)

MIRAI法 300グラフト×900円=270,000円
NC-MIRAI法 700グラフト×2,000円=1,400,000円
基本料金 250,000円

モニター料金 最大50%オフ

現在、親和クリニックではMIRAI法のモニターを募集しております。モニターに登録していただいた方は、施術料金を最大50%割引とさせていただいております。

親和クリニックでは学術学会資料や院内資料での症例用データとしての使用および、HP(ホームページ)やパンフレット等への掲載の為、また施術の流れや体験談を紹介し、薄毛治療で迷われている方へご安心いただきたいという想いから、当クリニックのモニターとなっていただける方を募集しています。条件によって10%から最大50%までの割引を行っております。詳細はお問い合わせください。

親和クリニックの自毛植毛の流れ

初診の流れ

(1)受付

当院は完全予約制となっており、受付から施術・ご帰宅まで他の患者さまと顔を合わせることなく診察を受けることができます。受付が済みましたら専門ドクターによる診察のための問診票をご記入いただきます。

(2)診察

専門ドクターが、問診票と視診によって現状の症状を診察し、症状に合わせた治療内容やそのリスク・効果などについて、具体的な流れを分かりやすくご説明いたします。

(3)カウンセリング

専門カウンセラーが治療の流れと費用・支払い方法などについて詳しくご説明いたします。患者さまのご都合に合わせ治療スケジュールなども組んでまいりますので、ご遠慮なくご相談ください。

(4)血液検査

患者さまの健康状態を把握し、安全に治療を行うことは何よりも大切なことになります。検査結果については、分かり次第ご連絡させていただきます。

施術当日の流れ

(1)受付・診察

ご予約当日は受付をすませた後、担当医師による術前診察がございます。治療内容やグラフト数・デザインなど、詳細について最終確認をいたします。

(2)会計

患者さまのご都合に合わせて現金、各種クレジットカード、メディカルローンでの分割お支払いなどお支払い方法をお選びいただけます。各種クレジットすべて利用可能です。

(3)施術

術前処置

まずは術前処置として、麻酔や後頭部の刈り上げを行います。※刈り上げない自毛植毛「NC-MIRAI法」の場合は麻酔の処置のみとなります。

移植株の採取

その後マイクロパンチブレードという管状の医療機器を使って移植株の毛根(毛包単位)を直接採取します。後頭部の皮膚を切除・縫合することなく、採取した後も目立ちません。

移植ホールの作成

採取したあとは、0.6mmの極細径マイクロパンチブレードで移植ホールを作成していきます。ちなみにロボットによる植毛ARTASのパンチは径1.2mmなので、比較すると細さがお分かりいただけると思います。髪の毛の流れや仕上がりをイメージしながら、高密度な移植でボリュームを出せるようにします。

採取した毛髪の移植

採取したドナー(毛包)が傷つかず生着するように、空気圧を利用して短時間で移植していきます。

術後の処置

術後はガーゼで保護し包帯でしっかりと固定します。ニット帽をご用意しておりますので、お帰りの際、包帯を気にせずにお帰りいただけます。術後の洗髪に関しての不安を解消するため、親和クリニックでは手術翌日に、専任スタッフによる洗髪サービスをご用意しております。また、アフターサービスとしてカウンセリングを随時行う患者さまサポート相談室も設置しております。

自毛植毛を受ける際のポイント

疑問点は事前に医師に相談する

初めて自毛植毛治療を受ける方にとっては、不安なことが多いと思います。当院ではまずはカウンセリングなどで相談や説明を受けていただいたうえで、血液検査やメディカルチェックなどを行い、手術を行うことができるかどうかを事前に判断してから手術を行います。痛みはあるのか、傷跡は残るかなど、聞きたいことがあれば担当医に聞くことができます。ドクターや専門カウンセラーが豊富な経験をもとに患者さまの不安を取り除きますので、安心して治療に臨めます。

毛髪が生えそろうまでは時間がかかることを理解する

植毛をしたあと、髪が生えてくることを実感できるまでどれくらいの期間を要するのでしょうか?施術の後、移植した場所の周囲の髪が一時的に抜け落ちるショックロスという状態になることがあります。ですが心配はいりません。毛包さえ生きていれば、数か月後にはまた髪が成長期に入り、新たな髪を作ってくれます。

自毛植毛は毛根を移植するため、新たな髪が生えるまでに時間がかかる場合があるのですが、親和クリニックでは、患部に髪が生えそろうまで約半年~1年の期間を想定しています。それでも不安という方は、術後の経過を写真で残しておくと、万が一髪の毛の成長が遅い場合に医師に相談できます。

麻酔薬にアレルギーがある人は医師に報告する

移植手術では痛みを抑えるために局所麻酔を使用します。患者さまの中には、麻酔に使用される成分でアレルギー反応を起こす方もいらっしゃいます。クリニックによって使用する麻酔が異なる場合があるため、使う麻酔をあらかじめ聞いておくと安心です。多くのクリニックでは、アレルギーや感染症の有無を確認するために、血液検査を行っています。

自毛植毛を早く定着させるために意識すること

頭皮を清潔に保つ

移植した毛髪が自分の毛として定着して新たに発毛を始めるためには、頭皮のコンディションを整えて清潔に保つことが重要です。頭皮のコンディションは定着率に大きな影響を及ぼします。術後は欠かさずシャンプーをしたり、保湿をしたりして、頭皮の環境を整えましょう。ただし、術後間もなくはシャンプーを控えるようにお願いしております。術後数日間は弱めのシャワーや霧吹きで濡らす程度に留めましょう。シャンプーするときは、こすらず優しく洗うようにしてください。

頭皮のかさぶたをはがさない

自毛植毛後は、移植部分にかさぶたができることがあります。移植ホールを作成したため少量の血がにじみ、かさぶたとなってしまうのですが、気になるからと言って無理にかさぶたをはがしてしまうと、頭皮にダメージを与え、移植した毛髪が抜け落ちてしまう可能性があります。かさぶたが自然に取れるまでは我慢し、毛髪が定着するのを待ちましょう。かゆみがひどい場合は医師に相談するなどしてください。

施術後数日は激しい運動を控える

術後の頭皮は出血がかたまり、かさぶたがかたまっている状態になっていると思いますが、運動をすると血管が膨張し、血流が増え、患部から出血したり、傷口が開いたりするおそれがあります。ですので、術後数日間は激しい運動を控えることがお勧めです。施術後に運動をする予定がある人は、医師に相談し判断を仰ぎましょう。

薄毛に効く自毛植毛とは?

薄毛を根本から解決できる治療

自毛植毛はご自身の太くしっかりとした毛髪を選んで移植するという、文字通り薄毛を根本から解決できる方法です。施術後の特別なメンテナンスも必要なく、ご自身の毛髪が一生涯にわたり生え変わり続けます。

当院では最先端の自毛植毛「MIRAI法」と「NC-MIRAI法」に加え、「刈り上げたくないけど、費用は抑えたい」というご要望にお応えし、これら2つの術式を融合することでコストを最小限化することができる「United MIRAI(ユナイテッド ミライ)法」もございます。こちらは患者さまの毛髪・頭皮の状態に合わせた最適な治療法をオーダーメイドで組み合わせます。

親和クリニックでは薄毛治療・自毛植毛を専門とする熟練したドクターが15名以上在籍しています。これまで培われた数多くの症例を基に医学的根拠のある最新の薄毛治療を提供しています。

施術では、独自開発した0.6mmの極細径マイクロパンチブレードを用い、痛みや腫れを最小限に抑えつつ、高密度に移植することで自然なヘアースタイルを取り戻します。また、チーム医療により品質を損なうことなく従来の半分以下の施術時間を実現。身体的な負担を抑えつつ、毛髪を刈り上げることなく、日帰りで大量植毛を可能にしています。

当院ではドクターと専門カウンセラーによるカウンセリングは無料で行っております。薄毛やAGAでお悩みの方には、当院の無料カウンセリングをお勧めしています。

親和クリニック福岡 院長 阪野 一世

阪野 一世

親和クリニック福岡院 院長

阪野 一世 ISSEI SAKANO

日本形成外科学会 専門医 厚生労働省 認定臨床研修指導医
平成29年 福岡院院長就任

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約