メール相談 カウンセリング予約
MENU

自毛植毛の株数(グラフト数)とは?理想の髪型に必要な株数の決め方

植毛クリニックの公式ホームページや自毛植毛の解説サイトでは、「株」「グラフト」といったワードが登場します。
主に「生え際には~~株(グラフト)の植毛が必要」というように、植毛に必要な毛髪を数える時に使われますが、なぜこのような数え方をするのか、疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。

ここではそのような疑問にお答えするため、「株」「グラフト」の意味とその使われ方、植毛に必要な「株」「グラフト」の数・費用の目安について、詳しくご説明します。

自毛植毛における「株」とは

株=移植する毛包の単位

「株」または「グラフト」とは、移植する"毛包"を数える単位のことです。
毛包とは毛根を包む組織のことで、一つの毛根につき約1~4本の毛髪が生えています。つまり、1株(グラフト)あたり1~4本の毛髪が生えていると考えていただいて構いません。

自毛植毛は通常、毛包ごと移植するため、単位には”毛髪”を数える「本」ではなく、”毛包”を数える「株」「グラフト」を使用することが一般的です。
そして自毛植毛を行うクリニックでは「1株(グラフト)〇〇円~」というように、株数(グラフト数)ごとに料金を定めていることがほとんどです。
料金当たりの毛髪の本数は掲載されていないことが多いためやや分かりづらいですが、本数はおおよそ「移植株数(グラフト数)×2~2.5本」なので、料金当たりの本数を算出したい時はこちらの式を参考にすると良いでしょう。

移植株数の目安

では、自毛植毛にはどれくらいの株数が必要なのでしょうか?
移植に必要な株数は部位によって異なり、生え際の浅めのM字部分の修正であれば約400~600株(グラフト)、生え際~前頭部~頭頂部にかけての全体的な修正は約2000~3000株(グラフト)の植毛が必要だとされています。しかし、各々の施術内容によって移植する株数は変動するので、この数字はあくまで目安です。

また、自毛植毛は「株数は多ければ多いほど良い」という認識は誤りです。
移植株数が多くなると、毛包間の距離が近くなるため密度も高くなります。高密度に移植すればそれだけ地肌が見えにくくなり増毛感はアップします。しかし密度だけにこだわらず、限られたドナー数なりのバランスよい配置、デザインをすることが何よりも大切です。
大量移植・高密度移植にこだわりすぎると、それだけ多くのドナーを消費し、費用も高額となりますし、さらに過剰な高密度移植は仕上がりの不自然さや、一つ一つの毛包に充分な栄養が行き渡らず、かえって毛髪の生着率を下げてしまうリスクにもつながります。
移植株数の目安や・密度(1平方センチメートルあたりの株数)は患者様の症状や各クリニックの術式によって異なる場合があるため、各クリニックの公式サイトで見比べてみると良いでしょう。

自毛植毛の移植株数を決める前の確認事項

このように、自毛植毛に必要な移植株数はおおよその目安を立てることができます。
しかし、実際に移植株数を決めるには様々な要素を考慮しなければなりません。そこで、移植株数を決める前に必要な確認事項についてご説明します。

施術範囲・部位を考える

まず、自分が植毛したい範囲・部位を決めましょう。
生え際・頭頂部のように限定的であれば、株数はおおむね1000株(グラフト)以下に抑えられますが、前頭部~頭頂部のように広範囲だと2000株(グラフト)以上の移植を行うケースもあるため、必要な移植株数は各人によって大きな差が生まれます。

もちろん、施術範囲が広いと必要な移植株数が増えるので、より多くのドナー(移植株)を確保しなければなりません。また、薄毛の進行度によってはドナーを充分確保できないこともあるため、自毛植毛が実際に可能なのかも検討が必要です。

施術費の限度を決める

植毛する範囲が広く移植に必要な株数(グラフト数)が多くなれば、それに応じて施術費用も高額になります。予算の上限、植毛する範囲・部位や自分自身が最低限実現したい仕上がり具合など、バランスを考えて移植する株数(グラフト数)を決めましょう。

例えば、親和クリニックの自毛植毛(MIRAI法)の費用の目安は以下の通りです。

浅めのM字修正
グラフト数の目安 400~600グラフト
移植毛髪本数 1,000~1,500本
施術費用 56万円~74万円
頭頂部・つむじの修正
グラフト数の目安 500~1,000グラフト
移植毛髪本数 1,250~2,500本
施術費用 65万円~110万円
全体的な修正
グラフト数の目安 2,000~3,000グラフト
移植毛髪本数 5,000~7,500本
施術費用 200万円~290万円

自毛植毛は一度の手術で効果が半永久的に続く薄毛治療ですが、数十万~数百万の施術費を要する治療です。こちらの料金表を見て必要な株数・費用をじっくりご検討ください。

ドナー部位の状況を確認する

自毛植毛で使われるドナー(移植株)は、AGA(男性型脱毛症)の影響を受けにくい側頭部・後頭部から採取します。

しかし薄毛が進行しすぎていると、必要な数のドナーが採取できない場合もあります。気になる薄毛の進行度は、「ハミルトン・ノーウッド分類」と呼ばれる方法により、自己判断ができます。

ハミルトン・ノーウッド分類

ハミルトン・ノーウッド分類とは、AGA(男性型脱毛症)の進行パターンを9種類に分類する方法です。AGAの症例をJ・B・ハミルトン医師が分類し、O・T・ノーウッド医師が改定したため、このように呼ばれています。
欧米でも広く使われている方法であり、薄毛の進行度の判断に非常に有用な分類法です。

具体的には、こめかみの剃りこみ部分である「角額」が、頭頂と耳の穴を結んだ「頭頂線」の前方2㎝を超えて後退している場合、AGAと判断できます。

自毛植毛の移植株数の決め方

植毛したい部位・範囲、予算を決めた後は、実際の移植株数を決めていきましょう。
この時点でおおよその移植株数は算出できますが、実際の移植株数は一体どのように決めればよいのでしょうか。

クリニックに相談する

自毛植毛に必要な株数は、自分である程度の目安を立てることも可能ですが、やはり最終的な判断は、クリニックで専門の医師と充分に相談を重ねた上、算出してもらうのが良いでしょう。

多くのクリニックでは無料でカウンセリングを実施しており、専門のドクター・カウンセラーと植毛の目的や希望の仕上がり・予算についてじっくり話し合うことが可能です。失敗しないためにも、的確なアドバイスを受けられる実績・経験豊富なクリニックを選びましょう。

親和クリニックでは年中無休で無料カウンセリングを行っており、植毛治療の経験豊富なドクターや看護師のほか、自らも植毛経験のあるカウンセラーが患者様の疑問にお答えします。ぜひお気軽にお問い合わせください。

症例を参考に概算を出す

また、植毛を行うクリニックのほとんどは公式サイトに症例を掲載しています。
写真とともに費用・株数(グラフト数)も併記されていることが多いので、自分の薄毛の症状に近い症例を参考にして必要な株数(グラフト数)を想定する、という方法もあります。

ただし、これはあくまで概算なので、より正確に株数を算出したい場合は、クリニックで専門のドクターと相談することをお勧めします。

株数・費用はクリニックでじっくり相談を!

自毛植毛でよく使われる「株」「グラフト」は移植に必要な”毛包”を数える単位のことを示し、自毛植毛に必要な株数・費用は、各人の薄毛の進行度により大きく変わります。
納得の行く治療を受けるためにも、手術を受ける際は仕上がりや費用について、事前にクリニックで相談することをお勧めします。

親和クリニックでは、ドクター・看護師・カウンセラーによる3者体制で無料カウンセリングを行っています。自毛植毛について疑問・不安のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約