COLUMN

日本人は要注意、塩分の摂りすぎは薄毛の原因になる?

最終更新日:

薄毛の改善方法に自毛植毛手術があります。
薄毛の原因としては、遺伝・ストレス・生活習慣など様々なものが示唆されていますが、”塩分”というのも薄毛の原因に挙がるものの1つです。

なぜ、塩分が薄毛を促すのか、そのメカニズムについてご紹介していきます。

血行の悪化

適量の塩分は必要ですが、過度に摂取すると身体の血行を悪化させてしまう事があります。塩分は過度に摂取すると、血管が縮まり動脈硬化を誘発するためです。
髪の毛というのは血液中に含まれる栄養素をもとに成長していきますが、血行が悪化すると栄養素が上手く髪の毛(毛根)まで運ばれなくなり、髪の毛の成長を妨げてしまいます。
これが、塩分による薄毛の原因の一つとなってきます。

CGRPが減る

続いて、少し小難しい話となりますが「CGRP」という物質が減る事も、塩分による薄毛の原因の一つです。
塩分を過度に摂取するとCGRPが減ります。このCGRPは「IGF-1」という別の物質の生成する役割をもっており、CGRPが減れば、IGF-1もおのずと減っていきます。 IGF-1は髪の毛のヘアサイクルを補正する働きをするため、IGF-1が減ってしまうとヘアサイクルが乱れ、上手く髪の毛が伸びずに薄毛となってしまう事があります。

塩分を摂りすぎないためには

では塩分による薄毛を防止するにはどうしたら良いのか。
これは、単純に塩分を摂り過ぎない様にすることが対策になっていきますが、日本食には塩分がいたる所に含まれていますので、塩分を意図的に減らすのはなかなか難しいです。
では、どうすればよいのか。方法としては以下のものが挙げられます。

  • カリウムと水を取る
    カリウムと水を摂取することで、体内の塩分を分解できます。
    カリウムは野菜や果物に多く含まれていますが、なかなか摂取しにくい方はカリウムのサプリメントを利用してみるのも手です。
  • 運動をする
    ジョキングなどの運動をすると、汗と一緒に塩分が放出されます。
    塩分を摂りすぎた時は、定期的に運動を交えるのが効果的です。
  • 塩分濃度の高い食品は避ける
    味噌汁・ラーメン・ポテトチップスなど塩分濃度の高い食品は、ある程度減らしていく事が大切です。もしくは塩の代わりに酢やこしょうなどで味付けするのも手です。

以上の様な方法を取れば、食事自体は大きく変えないまま塩分を減らすことができます。

この様に塩分は余りに過度に摂り過ぎると、薄毛を誘発してしまう事があります。
塩っぽいものばかり食べており、塩分が気になる方は、少し塩分との付き合い方を見直してみた方がよいかもしれませんね。

監修:大阪院 医師 安藤 善郎

この記事に関連するキーワード

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?わかりやすく一覧表にまとめました。

詳しく見る

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約

PAGE
TOP