COLUMN

体質よりも影響が!?
生活習慣が
薄毛にもたらす影響

薄毛になるのは体質が理由と言う説がある一方で、生活習慣が原因となる場合も指摘されています。これはストレスを原因とした脱毛症などが存在するからで、それ以外にもさまざまな面で研究がされているからです。

薄毛の原因は男性ホルモンの働きにある

男性型脱毛症の原因は男性ホルモンの活動であり、抜け毛を加速する酵素の存在も大きく関わっています。これは遺伝や体質が大きく関わっている問題でもありますが、一方で同じような特性を持ちながら薄毛が進んでいない人も存在します。
これは生活習慣が体質を作る面や、規則正しい生活がホルモンバランスを整え、薄毛を防ぐ状況を作り出すこともあり得るからです。
また、薄毛の原因がストレスである場合があり、ストレスから遠ざかることで改善することもあるからです。体質だけでは薄毛の説明ができないことも多いのです。
身体の健康を維持する面でも有効なことが多いため、生活習慣の見直しは非常に重要なのです。

髪が生える原料の確保も重要

生活習慣の中には食生活も含まれており、髪の材料となる成分の補充も重要になってきます。亜鉛などのミネラルが不足すると髪の毛や爪が正常に生まれず、薄毛の原因となってしまうことがあるのです。
偏った食生活は薄毛を進行させる可能性があるだけでなく、血圧を上げることや中性脂肪を増やすなどさまざまな面で影響を及ぼす可能性があります。特に若い頃の感覚で食事をしていると、脂肪分や炭水化物が多くなり、肥満の元となってしまうことがあります。血中の中性脂肪値が上がる原因となるだけでなく、頭に十分な栄養が届かない原因となることもあるのです。 血糖値の上昇や動脈硬化の引き金となることもあるため、しっかりと見直すことが大切です。

ストレスを避けて十分な睡眠時間を

薄毛の進行を止めたいのであればストレスは可能な限り避ける必要があります。これはホルモンバランスが乱れる原因になるからで、睡眠が浅くなるなど、健康全般にも与える影響が大きいからです。
また、十分な睡眠時間が確保できなければ髪を育てるための細胞が活発に活動せず、薄毛が進行することもあり得ます。強く太い毛を育てるためにもしっかり眠ることが重要なのです。

薄毛には体質だけでなく、生活習慣も関わっています。
これは生活習慣が体質に影響を及ぼしているため、生活の偏りがより薄毛を進行させる原因になることがあるからです。
ストレスを避けることやしっかり眠ること、食生活の見直しは特に重要で、薄毛の原因を疑うなら、生活習慣の改善を行ってから体質に目を向けた方が合理的と言えるでしょう。

監修:大阪院 医師 安藤 善郎

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?わかりやすく一覧表にまとめました。

詳しく見る

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

無料相談のご予約はこちら

PAGE
TOP