COLUMN

生の卵でハゲる!?
アビジンと薄毛の関係は?

ワカメや昆布など、フサフサとした髪の毛を作ってくれると噂の食材はいくつかありますが、最近薄毛に悩む人の間で注目されているのが卵です。
卵は「完全栄養食」といわれるほど栄養価が高く、「タンパク質」「亜鉛」「セレニウム」「硫黄」などの、薄毛の改善や育毛効果のある栄養も豊富に含んでいます。
しかしこの卵が、じつは薄毛の原因にもなっているといわれているのです。卵は髪に良いのか? 悪いのか? その真相に迫ります。

卵の黄身に秘められた栄養素

特出すべきは卵の黄身に含まれるは水溶性のビタミン、ビオチンです。ビタミンB群の一種であるビオチンは髪の毛の成長を促し、頭皮全体を健康に保つ作用があります。卵を毎日の食卓に取り入れていれば、自然と抜け毛や白髪を減らす効果を期待できるのです。

しかし、このように薄毛の改善の強い味方になってくれる卵ですが、良いことばかりではありません。卵の食べ方によっては、卵に含まれるアビジンが薄毛の原因になってしまうかもしれないのです。

生卵の白身が含むアビジン

アビジンとは卵の白身に含まれているタンパク質です。アビジン自体が薄毛を引き起こす作用があるわけではありません。
アビジンが髪の毛にとって良くないとされる理由は、アビジンがビオチンと強く結びついて、ビオチンの働きを全く無効にしてしまうからです。

ビオチンは卵の黄身から摂取するだけでなく、私たちの腸内細菌でも作り出されて体中に供給されています。しかし、アビジンを過剰に摂取すると体中のビオチンが機能しなくなり、脱毛や白髪、さらには皮膚の湿疹や炎症などを引き起こしてしまうのです。

生食を避ければOK!!

髪の毛に良いビオチンも、悪いアビジンも同じ食材に含まれています。これでは「食べても食べても効果が無いじゃないか」と多くの方が感じると思います。
これを解決するには、食べ方を変えることが効果的です。生食を避けて、卵に火を通しましょう。
熱に強いビオチンに対して、アビジンは熱に弱いといった特徴があり、加熱されるとビオチンと結合することができなくなります。
卵かけごはんやすき焼きなどで生卵を食べる機会があると思います。どれも美味しい食べ方ではありますが、抜け毛や薄毛に悩んでいる時には避けるように心掛けましょう。

生活習慣にも注意して薄毛の改善を心掛けましょう

抜け毛や薄毛の改善のためには、髪の毛にとって良い食べ物を食べることは大切なことです。ただ、薄毛の原因は栄養の不足だけではありません。
薄毛の原因として考えられるものは、以下の通りです。

  • 加齢によるホルモンバランスの乱れ
  • ストレス
  • 生活リズムの乱れ
  • 睡眠不足
  • 間違ったヘアケア

いくら栄養を豊富にとっても、間違った生活習慣を続けて薄毛を進行させてしまってば何の意味もありません。
卵の食べ方などの栄養の補給方法とともに生活習慣も見直して、薄毛を改善させていきましょう。

監修:大阪院 医師 安藤 善郎

この記事に関連するキーワード

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?わかりやすく一覧表にまとめました。

詳しく見る

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

無料相談のご予約はこちら

PAGE
TOP