COLUMN

固形石鹸で洗髪してない?
今すぐやめるべき薄毛習慣

髪の毛が短い男性の中には、体を洗うのも顔を洗うのも頭を洗うのも、固形石鹸ひとつ!という人もいるのではないでしょうか。
しかし、実は固形石鹸を使った洗髪は薄毛に繋がると言われています。
一体なぜ固形石鹸が薄毛になるのか、その詳しい理由を見ていきましょう。

皮脂の落とし過ぎが育毛に悪影響

一般的には、固形石鹸はシャンプーに比べて洗浄力が高いと言われています。
汚れをしっかりと取り除いてくれるため、頭皮がすっきりとしたような感じを受けますが、実はそれは「洗いすぎ」です。
洗浄力が高いということは、皮脂をきれいに洗い流してくれるということ。しかし固形石鹸では、髪や頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまうのです。
皮脂が不足すると、頭皮は乾燥しがちになってしまいます。すると頭皮は、乾燥を補おうと今度は皮脂を過剰分泌してしまうため、すっきりするどころか逆にべたつきが気になってしまうように。皮脂の過剰分泌が毛穴詰まりの原因になり、髪の毛の成長不足や抜け毛に繋がってしまうのです。

髪の毛を痛ませる原因にも

固形石鹸のほとんどは「アルカリ性」で、肌と同じく「弱酸性」の髪の毛にはよくありません。
使い続ければどんどん髪の毛は傷んでいき、切れ毛や抜け毛の原因になってしまいます。さらに、キューティクルを傷つけて髪のパサつきやハリのなさまで招いてしまうため、見た目も悪くしてしまうことに。
髪を傷め続ければ細く弱々しい毛になってしまうため、薄毛の原因となります。

固形石鹸を使用する場合は……

薄毛が気になっていて、なおかつ固形石鹸を使っているという人は、今すぐ固形石鹸の使用をやめることをおすすめします。
「シャンプーよりは固形石鹸の方が合っている」という方は、以下のポイントを押さえた上で使用するようにしてください。

アミノ酸系の固形石鹸を選ぶ

シャンプー用の固形石鹸も多く販売されていますが、選ぶなら『アミノ酸系』のものがおすすめです。
洗浄力は弱めですが、皮脂を洗いすぎないので頭皮の状態を正常に保ってくれます。

すすぎは念入りに

固形石鹸は石けんかすが髪の毛や頭皮に残りやすいため、水道水のカルシウムなどと結びついて金属石鹸になってしまうことも。
時間をかけて、頭皮から髪の毛の先まで丁寧にすすぐようにしましょう。

弱酸性のリンスやトリートメントを使う

固形石鹸で洗髪をしたら、必ずリンスやトリートメントでキューティクルのケアをしてあげてください。弱酸性のリンスを使うことで、アルカリ性に傾いた髪を元の状態に戻すことができます。

いかがでしたか?
たとえシャンプー用の固形石鹸であっても、人によって合う合わないの差があります。
抜け毛やパサつきが気になったり、使用後の頭皮に違和感があったりする場合は固形石鹸の使用をやめ、肌や髪質に合ったシャンプーを使うようにしましょう。

監修:大阪院 医師 安藤 善郎

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?わかりやすく一覧表にまとめました。

詳しく見る

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

無料相談のご予約はこちら

PAGE
TOP