COLUMN

使い方を確認!
「薄毛の人は
トリートメント禁止!」は本当?

薄毛や抜け毛に関する情報を調べていると、一度は必ず目にするのが「薄毛に悩んでいる人はトリートメントを使わないほうが良い」という内容。
リンスやコンディショナー、トリートメントといったヘアケア用品は、美しい髪を保つための重要なアイテムです。しかし、一体なぜそんなトリートメントが薄毛に良くないとされているのでしょうか?
今回は、トリートメントが与える効能と、頭皮に悪影響を与えない正しい使い方についてご紹介します。

トリートメントの効果と薄毛への影響

トリートメントを頭皮に揉み込む

髪の内側に浸透するとともに、外側をしっかりとコーティングすることで潤いを閉じ込めるトリートメント。その効果は、あくまでもダメージを受けた髪の毛をケアするためのものです。頭皮にトリートメントを揉み込んでしまえば、毛穴を塞いで髪の成長を妨げてしまいます。

丁寧に洗い流していない

トリートメントを使う方の中には、「完全に洗い流すと効果が消えてしまうような気がするから」と、完全に洗い流していない方も少なくありません。 しかし、髪や頭皮にトリートメントが残っていれば、雑菌の繁殖や毛穴の詰まりの原因となってしまいます。

正しいトリートメントの使い方は?

使い方によっては抜け毛や薄毛の原因になってしまうとはいえ、ツヤとコシのある若々しい髪を保つためにはトリートメントが欠かせないもの。
トリートメントの正しい使い方を確認して、上手に良い効果だけを引き出すことが大切です。
1番のポイントは、適量を毛先中心につけていくこと。髪の毛の中でも特にダメージを受けやすい部分は毛先です。自分の毛量や髪の長さに合わせてトリートメントの量を調整し、毛先に揉み込むようにしてつけていきましょう。髪に残った水気を利用し、トリートメントを薄く伸ばすイメージで行うと良いですよ。

いかがでしたか?
さまざまな噂が飛び交うトリートメントと薄毛の関係についてご紹介いたしました。
トリートメントもシャンプーと同じく、日々のヘアケアに欠かせない重要なアイテムです。髪のダメージを補修し、健康な髪の毛を育てるために、正しい方法でトリートメントを行ってくださいね。

監修:大阪院 医師 安藤 善郎

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?わかりやすく一覧表にまとめました。

詳しく見る

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約

PAGE
TOP