COLUMN

お風呂上がりの間違ったタオルドライが薄毛に繋がるって本当?

最終更新日:

みなさんは、髪を洗ったあとの濡れた髪をどうやって乾かしていますか?
ドライヤーで乾かす前に、タオルでしっかりと水気を吸い取るタオルドライを行いますよね。
しかしこのタオルドライ、間違った方法で続けていると、薄毛や抜け毛の進行に繋がってしまうため注意が必要です。
髪と頭皮の健康を保つ正しいタオルドライの方法をご紹介します。

髪はしっかりと乾かすのが基本!

面倒だからといって、お風呂上がりの濡れた髪を乾かさずに放置してしまうのは絶対にNG! 髪が濡れたままだと、頭皮が冷えて血行が悪くなってしまいます。
頭皮の血行が悪化すれば充分な栄養が運ばれなくなり、髪と頭皮は不健康な状態に。頭皮にカビや雑菌が繁殖しやすくなるため、かゆみやフケ、悪臭に繋がる可能性も少なくありません。
また、濡れた髪はキューティクルが開いた無防備な状態です。濡れたまま放置しておくことで、ダメージを受けやすくなってしまいます。
お風呂上がりは髪をしっかりと乾かし、頭皮を健康に保つことが大切なのです。

乱暴なタオルドライは禁物

濡れた髪を乾かすためには、タオルで丁寧に水分を取ってあげることが重要になります。
タオルドライによってドライヤーをかける時間を短縮し、熱によるダメージから髪を守ってあげるのです。
しかし、力をいれてゴシゴシと拭いてしまうと、髪に摩擦ダメージを与えてしまうことに。強く拭くことで頭皮を引っ張る力も働くため、本来抜けるはずでなかった髪まで抜けてしまうかもしれません。
また、タオル越しに爪を立てるようにして拭いてしまうのも危険です。細かい傷がつくことによって頭皮が荒れて、抜け毛や薄毛を進行させてしまいます。

正しいタオルドライの方法とは?

では、頭皮のダメージを防ぐためには、一体どのようにタオルドライを行えば良いのでしょうか?
重要なのは、タオルの吸水性と柔らかさです。
水分を吸収しやすいタオルを用意し、優しくポンポンと押さえるようにして頭皮の水分を吸収していきましょう。 続いてタオルで毛先を包み込み、摩擦が起こらないように気をつけながら、軽く叩くようにしてタオルに水分を吸収させます。
ここまでの流れをできるだけスピーディーに行ったら、仕上げにドライヤーをかけて完了です。

>いかがでしたか?
髪や頭皮に蓄積されたダメージは、薄毛・抜け毛をどんどん進行させてしまいます。
頭皮の健康を保ち、髪を労わるためにも、正しいタオルドライの方法を覚えて髪を乾かす際のダメージを最小限に留めましょう。

監修:大阪院 医師 安藤 善郎

この記事に関連するキーワード

親和クリニックの自毛植毛と他の自毛植毛との違い

親和クリニックの自毛植毛手術「MIRAI法」「NC-MIRAI法」と、従来の「FUE法」、メスを使う「FUT法」、「ロボットによる植毛」との違いとは?わかりやすく一覧表にまとめました。

詳しく見る

こちらのページを見た方におすすめのコンテンツ

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約

PAGE
TOP