全国共通フリーダイヤル 0120-8686-71 メール相談 カウンセリング予約
MENU

自毛植毛の失敗パターンとは?押さえておくべきポイントと予防策

自毛植毛は、薄毛治療の中でも治療効果が高く、一回の手術で半永久的な発毛を見込める治療法です。薬品(内服薬・外用薬)治療に比べ継続的に通院する必要がなく、長期的な負担を強いられることもないため、薄毛を根本的に解決したい方に推奨できる治療だと言えるでしょう。

しかし、せっかく施術をしたのに「髪の毛が充分に生えてこない」「生え際が不自然」「頭皮に目立つ傷跡が残ってしまった」など施術に失敗した症例も少なくありません。
自毛植毛の施術で失敗しないためのポイントを詳しくご説明します。

自毛植毛とは?

自身の毛根を使った施術法

自毛植毛とは、主にAGA(男性型脱毛症)の影響を受けづらい側頭部・後頭部の毛根を毛包ごと採取し、薄毛の気になる箇所に移植する方法です。手術費用は高いものの、確実な発毛効果と持続性があるため、薄毛を根本から解決したいと願う方々に根強い人気を誇る薄毛治療の一つです。

自毛植毛は大きく、FUSS法とFUE法の2種類に分かれます。

FUSS法

FUSS法は後頭部の頭皮をメスで薄く切り取り、毛髪をグラフト(株)に分けて移植する方法です。多くのグラフトを採取するため、広範囲の植毛に向いています。

FUSS法

FUE法

FUE法はパンチブレードで頭皮に極小の穴を開け、毛包を一つずつ採取した後、移植する方法です。
頭皮に傷跡が残りづらく、術後の後遺症になる心配もほとんどありません。また、身体にかかる負担が少ないことが特徴です。

FUE法

人工毛植毛との違い

植毛には、もう一つ「人工毛植毛」があります。
その名の通り、人工の毛髪(ナイロン・ポリエステルでできた合成繊維)を、薄毛の箇所に植え込む方法です。

術後すぐにフサフサになることができますが、人工物のため拒絶反応が起こりやすく、自身の毛髪が生えてきた時に見た目が不自然になってしまうデメリットもあります。

自毛植毛のメリットとデメリット

自毛植毛のメリットは、自毛をそのまま移植するため、拒否反応がほとんど起こらないことです。生え方や見た目にもほとんど違和感はありません。自然な仕上がりを求める方に向いている方法と言えます。

また、一度毛根が生着すれば半永久的に毛髪が生え続けます。メンテナンスの必要もなく、気になる薄毛のお悩みがたった1回の手術で解消できるのです。

デメリットとしては、自身の毛根を移植するため薄毛が進行しすぎた場合に、移植するために充分な数の毛根(グラフト)を採取できないと、施術を受けることができません。他にも、治療効果は持続するものの生着するまでに6ヵ月~1年という時間がかかるため、すぐに効果を実感できないこともデメリットの一つと言えるでしょう。

加えて、施術の術式やドクターの技術力によっては、頭皮に傷跡が残ってしまうこともあります。費用も内服薬や外用薬治療と比較すると高額なので、自毛植毛を検討の際は信頼できるドクターを探し、納得できるまでカウンセリングを受けることをお勧めします。

親和クリニックの施術方法

MIRAI(ミライ)法

親和クリニックでは、FUE法を更に進化させた「MIRAI法」でで施術を行っています。

料金の内訳

グラフト数×900円+[基本料金]200,000円

高密度の植毛で自然なボリューム感

MIRAI法で使用するパンチブレードは、口径が約0.6mmと極細です。
穴のサイズが非常に小さいため、従来の自毛植毛に比べ高密度なグラフトの移植を可能にしました。グラフト間がスカスカにならず、自然なボリュームを出すことができます。

自身の髪の毛が生え続ける

自毛植毛の施術で特に重要なのは、グラフトの採取から移植までのスピードです。
採取後は毛髪に栄養が届かないので、移植までに時間が経過しすぎると細胞組織にダメージが加わり、生着率が低下してしまいます。
毛髪をしっかり生着させるには、グラフトを傷つけることなくスピーディーに移植することが大切なのです。
MIRAI法では生着率をさらに高めるために、採取したグラフトを専用の保存液に浸し、移植されるまでのダメージを最小限に防ぎます。
その後、独自開発したインプランターの空気圧によってグラフトを傷めることなく移植するため、健康な状態を保ったまま植毛することが可能です。

頭頂部への大量植毛も可能

一般的に頭頂部への移植は大量のグラフトが必要です。頭頂部は髪の重なりがないためボリューム感が出づらく、自毛植毛を行うことが難しい部位とされています。
他院にてお断りされた方も親和クリニックでは、豊富な経験と技術を持つドクターが手術を行うため、頭頂部やつむじへの大量植毛も可能です。

広範囲の植毛も1日で

植毛の手術と聞くと、経過を見るため数日間安静を強いられるイメージがありますが、
MIRAI法では広範囲の植毛も数時間で完了し、その日のうちに日常生活に復帰できます。大量の植毛が必要な頭頂部の場合でも、日帰り手術ができるため、遠方の方でもご安心いただけます。

術後の洗髪サービスを実施

親和クリニックでは手術翌日に、洗髪サービスを行っております。
こちらのサービスは最新の創傷治癒理論に基づいており、移植部分に目立つかさぶたの形成を予防することができます。
術後の洗髪に対する不安を解消するのと同時に、外見の違和感・不快感を軽減することができます。

NC-MIRAI(ナチュラルカバーリングミライ)法

MIRAI法はFUE法を発展させた画期的な自毛植毛ですが、グラフトの採取の際、後頭部を一部刈り上げる必要があります。
短髪の方だと刈り上げた跡が隠せないため、周囲に手術がバレてしまうリスクがMIRAI法の弱点でした。そこで弱点を解消するべく生まれたのがNC-MIRAI(ナチュラルカバーリングミライ)法です。

NC-MIRAI法は後頭部を全く刈り上げずにグラフトを採取し、薄毛の箇所に移植します。
周囲にバレにくく、術後にカバーシート(跡を隠すウィッグ)を付ける必要もありません。
忙しくて時間が取れない方でも、日常生活へすぐ復帰できます。

料金の内訳

グラフト数×2,000円+[基本料金]300,000円

United MIRAI(ユナイテッドミライ)法

前の章で紹介したNC-MIRAI法は後頭部を刈り上げないメリットがありますが、MIRAI法に比べて費用が高額なのが難点でした。

そこで誕生したのが、United MIRAI(ユナイテッドミライ)法です。
United MIRAI法は、MIRAI法とNC‐MIRAI法を組み合わせたオーダーメイド治療で、ドクターが毛髪・頭皮の状態を診察し2つの方法を使い分けます。
自毛で隠せる範囲だけMIRAI法で刈り上げ、残りの範囲はNC-MIRAI法で採取。
2つの方法をハイブリッドさせることで、術後の見た目がほとんど変わらない(=そのままでも気づかれにくい)ことに加え、NC-MIRAI法に比べ手術費用を抑えることにも成功しました。このUnited MIRAI法なら、身体的・金銭的負担を掛けずに理想のヘアスタイルを手に入れることができます。

料金の内訳

[MIRAI法]グラフト数×900円+[NC-MIRAI法]グラフト数×2,000円+[基本料金]250,000円

自毛植毛の失敗パターン

自毛植毛は何をもって「失敗」となるのか、気になる方もいらっしゃるでしょう。
ここでは自毛植毛における「失敗」とは何か、詳しくご説明します。

自毛植毛で失敗とされるパターンとは?

自毛植毛で失敗とされるパターンは主にこの3つです。

  • 髪の毛が生着しない
  • 傷跡が目立つ
  • 仕上がりに違和感がある

他にも「失敗」とは異なりますが、植毛の施術後に「ショックロス」と呼ばれる現象が起こることもあります。
ショックロスは自毛植毛の手術から約1~4ヶ月後に、植毛した箇所の周囲の毛髪が抜け落ちてしまう現象です。詳しい原因は未だ不明ですがあくまで一時的なもので、時間の経過により元の状態に戻ります。決して施術の失敗ではないのでご安心ください。

毛根が生着しない

移植した毛根は、すべて生着するとは限りません。
一般的な自毛植毛の場合、生着率は80~90%と言われており、最低でも10%のグラフトが生着せず抜け落ちてしまうと言われています。

極端な例では、生着率が10%だったという事例もございます。
このような例は大変なレアケースですが、生着率の高さは自毛植毛を受ける上で大変重要な基準なので、クリニック選びは入念に行う必要があります。

傷跡が目立つ

これはメスを使ったFUSS法で顕著な例です。

FUSS法では、後頭部に横長にメスで切り取った跡が残りやすく、頭皮のデコボコした感触やツッパリ感に悩まされるおそれもあります。

仕上がりに違和感がある

髪の毛の生え方は、人によって異なります。患者さまの要望や、ヘアスタイルに見合った自毛植毛を行わなければ、意味がありません。

生え際や頭頂部・つむじなど、毛穴の向き・部位によって相応しい毛量・生え方には個人差がありますので、移植する箇所に見合ったグラフトを選定する必要があります。

また、”生え際はフサフサなのに頭頂部はスカスカ”というように、部位によって生着率に差があっては仕上がりも不自然になってしまいます。
難度の高い頭頂部やつむじにも、ムラなく植毛できるクリニック・ドクター選びが重要です。

自毛植毛のリスクや副作用

自毛植毛の施術には、リスクや副作用があります。

自毛植毛で失敗とされるパターンとは?

・自毛植毛の施術は、患者さまのご要望をカウンセリングしてから行いますが、効果の感じ方には個人差があります。

・自毛植毛の施術後に、植毛部分の既存の毛髪が抜け落ちる「ショックロス」が起こることがあります。ただし、ショックロスで抜け落ちた髪は、半年から1年ほどで再び生え揃います。

・自毛植毛は外科的治療であるために、毛髪の採取部あるいは移植部に皮膚の赤みや感覚の鈍麻が起こることがあります。ただし、これらは通常は半年~1年で改善します。

自毛植毛の施術後の経過

自毛植毛は、施術後は以下のような経過をたどります。

施術当日~翌日

施術当日は、執刀医と施術前に1時間程度の診察・最終カウンセリングを行い、施術に入ります。施術後は、そのままお帰りいただけます。施術の翌日に、親和クリニックへご来院いただき消毒・洗髪を行います。 親和クリニックの施術による移植毛の安定感が強いために行うことが可能となる、従来の植毛では考えられなかった手術翌日の洗髪により、術後の創傷部位を清潔に保ち、回復を早めます。

施術後1週間~2週間

施術後1週間ほどで、傷跡はほぼ回復し、運動や入浴、飲酒なども可能となります。施術後2週間が経つと、頭部に衝撃が加わるサッカーなどの激しいスポーツやサウナなど、日常生活で行うほぼすべてのことが解禁となります。

施術後1カ月~3カ月

施術後1ヶ月~3ヶ月のあいだに、移植毛が一時的に抜け落ちます。90%ほどの移植毛が抜け落ちますが、この脱毛はあくまで一時的なものですので心配はいりません。 個人差はありますが、3ヵ月経過した頃から発毛が始まります。

施術後6カ月~12カ月

施術後6ヶ月~12ヶ月で、一時的に抜け落ちた移植毛が再び発毛をはじめます。12ヶ月が経つと、移植した毛髪は密度、太さ、および長さとも十分に成長し、「完成形」と呼べる状態に達するでしょう。

自毛植毛での失敗を防ぐためのポイント

このように、自毛植毛の失敗のパターンは多種多様です。
植毛に失敗して後悔しないために、手術を受ける前段階でやっておくべきことは何なのでしょうか。

クリニックのHPや書籍などで事前に調べておく

まず、自毛植毛について、手術を受ける前に入念に下調べしておくことが必要です。

前述したように、自毛植毛の術式は大きく2つあります。
FUSS法はメスで頭皮を切り取るので跡が残りやすいですが、広範囲の植毛に向いています。一方でFUE法は、パンチブレードでグラフトを1本ずつ採取するので傷跡は残りづらいですが、採取に時間を要するため手術時間は長い傾向にあります。

この2つの方法の違いを認識することが、失敗しないための第一歩です。
各クリニックのHPや書籍などに詳しく書かれているので、じっくり読むことをお勧めします。
(※まとめサイトは情報が不正確なことが多いのでお勧めできません)

そして、手術費用も術式やクリニックによって異なります。
各クリニックの料金表を見て、自身が納得できるまで検討することが重要です。

信頼のおけるクリニックを選ぶ

自毛植毛を行っているクリニックは全国各地にあります。
特に都心部には様々なクリニックが集中しているため"植毛激戦区"と言えるでしょう。
その中でどのクリニックを選べば良いか、悩むところだと思います。

後悔しないクリニック選びのために重要なポイントは、主に以下の5つです。

  • 施術内容
  • 費用
  • 今までの実績
  • カウンセリングの細やかさ
  • アフターフォロー

例えば親和クリニックでは、洗髪サービスなどアフターフォローにも力を入れております。
術後の不安、見た目の違和感・不快感を解消することで、日常生活にすぐ復帰できるよう可能な限りのフォローを常に心掛けています。

施術前にカウンセリングを受ける

カウンセリング

自毛植毛についてどれだけ入念に下調べしていても、失敗のリスクや費用を考えると、なかなか独断では決められないのではないでしょうか。

不安を完全に解消するためにも、最終的には植毛を行っているクリニックでドクターと直接相談することをお勧めします。
多くのクリニックで無料相談を受け付けており、自身の薄毛の症状・体質に合った植毛の方法や、術後の傷跡や生着率の問題・体への負担など施術に伴うリスクなど、自毛植毛に関する疑問・不安をこの機会に解消しましょう。

後悔しない自毛植毛に必要なことは

自毛植毛の失敗には、様々なパターンがあるため注意が必要ですが、自分に合った手術方法・クリニックを選ぶことで失敗のリスクを軽減できることも事実です。
よって自毛植毛を検討の際は、自分が納得できるまで事前の下調べやクリニックでの無料カウンセリングに時間を割くことが重要だと言えます。
親和クリニックではドクター・看護師・カウンセラーの3者体制による無料カウンセリングを受け付けています。ぜひ一度ご相談ください。

COUNSELING 信頼のカウンセリング

ドクター、専門カウンセラーによる無料カウンセリング

私たちは、患者さまのお悩みやご要望を深く理解することから始めます。
その為に当院の無料カウンセリングでは、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的にカウンセリングを行い、患者さまのご不安やお悩みを解決に導きます。
どんな些細なことでも結構ですので、私たち専門スタッフにご相談いただければと思います。

カウンセリング予約